「読点」の使い方に迷ったことはないだろうか。読みやすく伝わりやすい文章を書く際に、「読点」は隠れた主役ともなる。



 長年、朝日新聞の校閲記者として活躍してきた前田安正氏が、読み手に伝わる文章を書くためのノウハウをまとめた『きっちり! 恥ずかしくない! 文章が書ける』(朝日文庫)から、一部を抜粋・改編してお届けする。

*  *  *
 文章を書く際に、あまり意識されないのが「句読点」です。「。」が句点、「、」が読点です。句点は文の終わりに打つので、比較的問題はないように思います。ところが、読点の打ち方はさまざまで、これといった決まりがありません。

 著者も小学生のころ、読点は主語の後に打つ、接続詞の後に打つ、息継ぎのところで打つなどと、習った記憶があります。しかしそれらは、多分に感覚的です。感覚的であることを全て否定するつもりもありませんが、もう少し納得のいく説明ができないものか、と思うのです。

 そこで、文の要素を意識しながら読点の打ち方の一端を紹介したいと思います。

■読点の直前のことばを強調する

【1】僕は公園でジョギングをした。

 この短文にあえて読点を打つ必要はないかもしれません。しかし、次のように読点を打つと意味合いが少し変化します。

【1−1】僕は、公園でジョギングをした。
【1−2】僕は公園で、ジョギングをした。

 こうすると、【1−1】は「誰がジョギングをしたのか=僕」、【1−2】は「どこでジョギングをしたのか=公園」という具合に、読点の直前のことばが強調されます。

■文の要素の区切りを明確にする

【1】を基に、要素を少しずつふやしていきます。

【2】僕は朝早く起きて公園でジョギングをした。

【1】の文に、「朝早く起きて」という要素が加わりました。要素が二つ以上並んだときには、要素の区切りに読点を打ちます。

【2−1】僕は朝早く起きて、公園でジョギングをした。
【2−2】僕は朝早く起きて公園で、ジョギングをした。

【2−1】は「朝早くおきて」という要素と「公園でジョギングをした」という要素に分けて、読点を打ちました。

【2−2】のように「公園で」という場所を強調することも可能です。しかしこの場合、前半部分が重い印象となります。

【3】僕は朝早く起きて友達と公園でジョギングをした。

 さらに「友達と」という要素が加わりました。この場合は、「友達と」は「ジョギングをした」にかかるので、

【3−1】僕は朝早く起きて、友達と公園でジョギングをした。

 という具合に、二つの要素に分けて読点を打ちます。

■要素の区切り方で、ことばの意味が変化する

 要素の区切りで、ことばの意味が変化する場合もあります。

【4】僕は朝早く起きて友達と公園でジョギングをして汗を流した。

 これは「朝早く起きて」「友達と公園でジョギングをして」「汗を流した」の三つ要素に分けることができます。読点の位置を変えて違いを見てみます。

【4−1】僕は朝早く起きて、友達と公園でジョギングをして、汗を流した。
【4−2】僕は朝早く起きて、友達と公園でジョギングをして汗を流した。

【4−1】のように「汗を流した」の前に読点を打つと、「ジョギングをして」との間に若干の間が生じるため「汗を流した」が「シャワーで汗を落とした」という意味に解釈できます。【4−2】のように「汗を流した」の前に読点を打たないと、「ジョギングをして」との結びつきが強くなるため、「汗を流した」は「汗をかいた」という意味になります。

 読点の位置によって「汗を流した」の意味が、「汗を落とした」「汗をかいた」の二通りに分かれることになるのです。

 さらに要素を加えます。

【5】僕は朝早く起きて友達と公園でジョギングをして汗を流した後会社に行った。

「朝早く起きて」「友達と公園でジョギングをして」「汗を流した後」「会社に行った」という四つの要素として考えます。

【5−1】僕は朝早く起きて、友達と公園でジョギングをして、汗を流した後会社に行った。
【5−2】僕は朝早く起きて、友達と公園でジョギングをして汗を流した後、会社に行った。

【5−1】の場合、「汗を流した後」が「ジョギングをして」と読点でと分離され、「会社に行った」という要素と結び付いています。そのため「ジョギングをした後に、シャワーを浴びて汗を流した」と読むことができます。【5−2】は「汗を流した後」が「ジョギングをして」と結び付いているので、「ジョギングをしてひと汗かいた後」、「会社に行った」という具合に読むことができるのです。

 文の要素を加えながら、五つの例における読点の役割を見てみました。要素をどう捉え、どこに読点を打つのかによって、文意が変化することがおわかりになったかと思います。読点は、感覚的なものではなく、文の要素を明確に伝えるためのファンクションなのです。

前田安正(まえだ・やすまさ)
未來交創株式会社代表取締役/文筆家
朝日新聞元校閲センター長/用語幹事
早稲田大学卒業、事業構想大学院大学修了
「漢字んな話」「ことばのたまゆら」「あのとき」など、十数年にわたり朝日新聞に漢字や日本語に関するコラム、エッセイを連載。
「文章の書き方」など、企業・自治体の広報研修に多数出講。テレビ・ラジオなどにも数多く出演している。

<著書>
9万部超の『マジ文章書けないんだけど』(大和書房)を始め、『漢字んな話』(三省堂)、『間違えやすい日本語』『しっかり!まとまった!文章を書く』(すばる舎)、『3行しか書けない人のための文章教室』『ヤバいほど日本語知らないんだけど』(朝日新聞出版)、『使える!用字用語辞典』(共著・三省堂)など多数