今年の新語・流行語大賞にノミネートされた韓流ドラマ「愛の不時着」。ハマった人は多いようですが、京都大学医学部特定准教授の大塚篤司医師もその一人。ただし、職業柄、なんでも患者さんへの説明に使えないかと考えてしまうそうです。ドラマを見て、思いついた医学情報を語ります。

*   *  *
 4月の緊急事態宣言からしばらくしてネットフリックスを契約しました。お目当てはドラマ「愛の不時着」。

「はじめの4話を我慢すると面白くなる」というネットのアドバイスを信じ、眠い目をこすりながら最終話までやっと完走。10話くらいのときに「いったい自分はいつハマるのだろう?」と自問したのですが、最終話(全16話)まで見終わったうえにこうやってコラムにも書くようになった私はすっかり「愛の不時着」にハマってしまった人間なんだろうと思いました。

 ドラマを見ていない人のために、ネタバレしないよう簡単に内容を紹介します。

 主人公は韓国の財閥令嬢であるソン・イェジン演じるユン・セリ。彼女は経営する会社の新商品テストのために自らパラグライダーに乗ります。ところがセリのパラグライダーは竜巻にまき込まれ、不時着した先は北朝鮮と隣接した非武装地帯。北朝鮮側で見張りをしていたヒョンビン演じるリ・ジョンヒョク大尉と出会い、禁断の恋が始まるというお話です。

 ドラマの見どころはたくさんあるのですが、私はユン・セリがリ・ジョンヒョクに「もう一生会えないの?」と号泣するシーンが大好きで、すっかりソン・イェジンのファンになってしまいました。

 さて、ここまでは韓流ドラマにハマった中年医師の話なのですが、私は職業柄、なんでも患者さんの説明に使えないかと考えてしまいます。

 こじつけのようですが、「愛の不時着」の韓国と北朝鮮の人の往来の厳密さは「免疫」に似ています。

 ユン・セリのように、たとえ事故であったとしてもパラシュートで不時着という形で韓国から北朝鮮に侵入すれば当然敵とみなされ命を狙われます。しかし、きちんと手続きを取り出入国すれば北朝鮮といえども友好的に迎えられます。

 この部分が人の免疫システムにそっくりなのです。

 人間の体も正規のルートで体内に入ってくるものは、体内の免疫も友好的に迎えます。正規のルートとは口から入ってくることです。口から入ってくるものは、ほとんどの場合食べ物であり、栄養となるものです。だから受け入れなくてはいけない。反対に、これらをすべて敵と認識してしまうと人間は生きていけません。つまり、経口で摂取したものに免疫は寛容です。これを経口免疫寛容と呼びます。

 では、「愛の不時着」のような違法な侵入とは人の体ではどんな場合でしょうか? 口以外のところから体内に侵入する経路は、面積の大きさを考えると皮膚です。皮膚は角層や表皮など厚いバリアーで覆われていますが、このバリアーを突破して侵入してくる寄生虫や傷口から中に入ろうとする細菌・ウイルスなどは明らかに敵です。こういった敵に対しては免疫で排除しなければいけません。このように、皮膚から入ってきたものを敵として覚えることを経皮感作といいます。

 口から入ってきたものは安全で排除せず、皮膚から侵入してきたものは敵として覚える。経口免疫寛容と経皮感作が人間の体には備わっている。これを二重抗原暴露説といいます。

 皮膚から侵入してくるものは寄生虫や細菌・ウイルスだけではありません。例えば、カニが大好物の人が素手でカニの殻をむき続け、運悪く殻が皮膚に刺さってしまったとします。ここで体の免疫がカニの成分を敵だと覚えてしまうと、その人はカニに対する免疫反応が起きる体となってしまいます。このようにカニに対して免疫が敵と認識してしまうと、次にカニを食べたとき免疫は排除しようと働きます。その結果、吐いたり下痢をしたり、皮膚から入ってきたときのようにかゆくなるなどしてアレルギー反応が起きるわけです。

 このような経皮感作という免疫システムが知られていない時代は、カニ好きの人が突然アレルギーを発症してしまうメカニズムを「コップにたまった水があふれ出した」ものとして捉えていました。つい最近まで世間では「好物でも食べ過ぎたらアレルギーになるよ」と言われていたのは、コップの水があふれ出してしまった状態がアレルギーと考えられていたからです。本当は食べる過程で経皮感作が起きてしまうことが問題なのです。

 人間の免疫システムは本当に巧妙にできています。そして厳密です。大好物がアレルギーとならないように経皮感作は十分に気をつけたほうがいいです。そして、これから「愛の不時着」を見る人は寝不足にご注意ください。はじめの4話を我慢するとハマります。