『大学ランキング2021』(朝日新聞出版)では、さまざまな指標を用いて大学を評価している。女子大に焦点をあてて、その現状を探ってみた。



 日本最大の女子大は、兵庫県の武庫川女子大と言っていいだろう。学部数、学生数、校舎面積でトップを誇る。同校の起源は1939(昭和14)年設立の武庫川高等女学校にさかのぼる。49年に武庫川学院女子大として開学し、58年に現校名に改称した。昨年、開学80年を迎えている(前身を含めて)。

 2010年代から拡大路線をとり、11年健康・スポーツ科学部、15年看護学部、19年教育学部、20年経営学部、建築学部、食物栄養科学部を設置し、現在は10学部17学科となった。

 武庫川女子大は、女子大において中学・高校教員採用者数、管理栄養士試験と社会福祉士試験の合格者数、都道府県・市区町村職員採用者数、社長出身大学のランキングではいずれも上位5校に入っており、さまざまな分野に多くの人材を送り出してきた。

 女子大の特筆すべき特徴、得意分野について、ランキング1位校から見てみよう。

<入試・教育・研究>
(1)一般入試志願者=日本女子大 1万3612人
(2)外国人留学生(学部)=女子美術大 280人
(3)海外への留学生派遣=安田女子大 167人
(4)外国人教員(常勤)=昭和女子大 19人
(5)科研費(教員1人あたり)=お茶の水女子大 131万6748円

<進路など>
(6)幼稚園教員=聖徳大 107人
(7)小学校教員=京都女子大、武庫川女子大 104人
(8)中学・高校教員=京都女子大、東京女子体育大 50人
(9)警察官=日本女子体育大 11人
(10)キャビンアテンダント=同志社女子大、日本女子大 21人
(11)社長の出身=東京女子医科大 317人

<国家試験合格者数>
(12)看護師=安田女子大 125人
(13)管理栄養士=女子栄養大 234人
(14)精神保健福祉士=西南女学院大 32人
(15)社会福祉士=神戸女子大 54人
(16)理学療法士=甲南女子大 62人

(データは2019年度、(3)(11)は18年度。「外国人留学生」は正規留学生で聴講生、研究生、交換留学生は含まない。「留学生派遣」は留学先で16単位以上取得し日本の大学の卒業要件として認められた学生。「幼稚園教員」「小学校教員」「中学・高校教員」は臨時的任用を含む)

 昨今、女子大はビジネス教育に力を入れている。

 昭和女子大は、2013年グローバルビジネス学部をつくった。20年には共立女子大がビジネス学部を設置し、「ビジネスを身近に体験できる東京・丸の内、大手町を徒歩圏とする都心のキャンパスを舞台に、あらゆるフィールドでリーダーシップを発揮できる女性の育成」を掲げている。同年、武庫川女子大も前述のように経営学部をスタートさせた。21年には園田学園女子大が経営学部を設置する予定で、「AIやロボットがこれまでの仕事を担い、働き方改革で女性の活躍するチャンスが増える時代。すべての女性が、もっと自由に、きらきらと、輝ける未来であってほしい」と訴える(引用は各大学ウェブサイトから)。

 一方、文学部系の旗色が悪くなっている。19年、聖心女子大は文学部を現代教養学部に改称した。正田美智子(上皇后)、緒方貞子、須賀敦子などが輩出した文学部という名前が消えたことに、さびしさを覚える大学関係者は少なくない。

 2020年現在、女子大は全国に76校ある。

 校名に「女子」「女」がつかない大学は、愛国学園大、桜花学園大、京都華頂大、金城学院大、尚絅大、聖徳大、千里金蘭大、津田塾大、東京家政大、東京家政学院大。19年、広島文教女子大は共学となり、広島文教大に校名を変更した。女子大でもっとも新しい大学は、20年開学の名古屋柳城女子大である。

【文中敬称略】(文/教育ジャーナリスト・小林哲夫)