秋の健康診断で人間ドックやがん検診を受ける人もいるだろう。そこで、数値が高い、がんが見つかった、となればすぐに治療したいと思うところ。だが、検査には有効性に疑問があるものや、かえって“害”になりかねないものもあるという。本誌が取材した医師たちのアドバイスを参考にしてもらいたい。



*  *  *
 まずは、生活習慣病に関連するところから。

 大半の人が気にする数値。「高いと危険」と考えがちだが、実は日本で定められている値は欧米などとは基準が違う。過度に下げることで別の病気を引き起こす危険もあるという。

 血圧は「正常値」の範囲が厳しすぎるという指摘がある。日本高血圧学会は昨年、正常血圧の範囲を引き下げた。74歳以下で収縮期130mmHg/拡張期80mmHg未満(75歳以上は140/90未満)を降圧目標としている。実に、日本の成人の約4千万人が高血圧の対象者となる。

 大櫛陽一・東海大学名誉教授がこう指摘する。

「例えば、英国の治療開始基準は、最高血圧が160以上で心筋の肥大など臓器障害のある人、です。日本のように正常値を下げれば当然、治療対象者は増えてしまいます。年を取ると血管が硬くなり、加齢とともに血圧が高くなるのは自然なことなのです」

 かつて、日本人の年齢別血圧は「最高血圧=年齢+90」までが正常とされていた。大櫛氏が全国70万人の健診結果をもとに、健康な人の最高血圧の上限を計算した結果、75歳以上は男女ともに165くらいで一致する。

 高血圧学会も2000年のガイドラインでは、「60代140」「70代150」「80代160」などと、年齢ごとに正常値を設定していた。ところが、現在の基準では80代は血圧を20も下げなくてはならなくなった。大櫛氏が続ける。

「降圧剤を飲んで血圧を20以上も下げると、10程度に下げたケースと比較して、死亡率が1.5倍になるという製薬会社のデータがあります。薬で無理やり血流を抑えるので、脳梗塞(こうそく)が増えるのです」

 血圧が上がって一番心配なのは脳内出血だが、1960年ごろからその数は一貫して減っている。栄養状態がよくなり、血管が丈夫になったことが考えられる。もちろん血圧が高すぎる人は治療が必要だが、薬によって脳梗塞が増えているのであれば本末転倒だ。

 コレステロールの項目も、数値が高いと心筋梗塞になるリスクが高まるとして、正常値が厳しく設けられている。だが、大櫛氏が説明する。

「現在では、血中コレステロール値が高いと動脈硬化を起こすという説は否定されています。むしろ、高めの人のほうが長生きすることがわかっています。米国政府は15年に卵などのコレステロール摂取制限を撤廃しています」

 健診の死角となるのは、血圧やコレステロールなどが正常値ならば安心してしまうことだ。

 精神科医で内科医でもある和田秀樹・国際医療福祉大学大学院教授が語る。

「血液検査が正常でも動脈硬化を起こす人はいます。心筋梗塞が心配ならば、5年に1度くらい心臓ドックを受けて、冠動脈の狭窄(きょうさく)が起きていないか調べるほうが合理的です。そもそも日本は先進国の中で心筋梗塞が最も少ないのです。血圧やコレステロール値にナーバスになりすぎです。正常値信仰はそろそろやめるべきです」

“悪玉”とされるLDLコレステロールは、神経伝達物質のセロトニンを脳に運ぶ働きに関与するなど、精神医学から見れば“善玉”なのだという。

 次に血糖値。肥満などが原因の2型糖尿病は放置していると、腎症や心筋梗塞、脳卒中、網膜症などの合併症を引き起こす。

 前出の大櫛氏は、健診の中では、血糖値は最も重要な検査項目だという。

「糖尿病が怖いのは、インスリンが減っていくと元に戻せないことです。糖質過剰食が主な原因ですから、米やパンなど炭水化物(糖質)を制限するしかありません。高血糖状態を早く見つければ、1日3食のうち夕食だけ炭水化物を抜くとか、軽い制限で済みます」

 糖質制限でも血糖値が下がらなければ、インスリンを注射するなどの治療が必要になってくる。血糖値の正常値はHb(ヘモグロビン)A1cが4〜5.5%だが、前出の和田氏は治療による下げすぎを懸念する。

「HbA1cは8.0くらいあるほうが死亡率は低いという新しいデータがあります。ですから、一気に正常値まで下げるような治療は避けるべきです」

 高血糖よりも低血糖のほうが死に至ることがあり、危険だという。

「低血糖は脳にダメージを与え、意識障害を起こすので、交通事故や入浴中の事故にも遭いやすくなります。血糖値や血圧はバイタリティーにも関わり、高齢者ではむしろ数値が高めの人のほうが元気なのです」

 和田氏が勤務していた病院は、高齢者医療を中心に行っている。亡くなった患者約260例を病理解剖したところ、生前、糖尿病だった人がアルツハイマー型の認知症になったのはわずか8%。糖尿病ではなかった人は28%に上った。

 この場合、高齢者ということもあり、糖尿病の治療は積極的には行わなかった。そこで、和田氏が提唱しているのが「自己決定医療の勧め」だ。

「医者が患者さんに対し、フェアに説明する必要がありますが、少し寿命が短くなっても頭がシャキッとしたまま生きるか、頭がぼんやりしながら長生きするか、という選択があってもいいと思うのです」

(本誌・亀井洋志)

※週刊朝日  2020年11月20日号より抜粋