健康増進法に基づき、市区町村で実施しているがん検診(胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、子宮頸=けいがん)だが、なかには効果が期待できない検査があるようだ。



 検査でがんが見つかって治療し、運良く回復する人がいる一方で、検査や治療で被る“不幸”もあるという。「過剰な医療」によって、かえって健康を損なうケースだ。

 岡田正彦・新潟大学名誉教授がその弊害を語る。

「米国の場合、死亡原因の1位は心臓病、2位はがん、3位は呼吸器疾患です。ところが、本当はそうではなく、オーバー・ダイアグノーシス(過剰な診断)が原因だとする統計学者の論文が出ているのです」

 がん検診が、まさにそのリスクがあるという。

「がんと診断されれば、不必要な薬の投与や不必要な治療によって、かえって命を縮めてしまう恐れがあるのです」

 放射線被曝(ひばく)もその一つだ。肺がんや胃がんの検診では、X線を使うため、被曝は避けられない。

 岡田氏が解説する。

「肺がん検診は、胸部X線による被曝線量0.05〜0.1ミリシーベルト(mSv)で、体の正面から撮影するため、胃など他の臓器にも放射線がかかってしまいます」

 特に、バリウムを飲む胃部X線は被曝量が多くなるという。

「胃は複雑な形をしているので、さまざまな方向から撮影します。被曝量は胸部の6〜1千倍になります。高い量の放射線が胃だけでなく、咽頭(いんとう)や喉頭(こうとう)、食道、肺などがんになりやすい部位にも当たるのです。X線検査などが原因で後になって発生するがんを2次がんといいます。少なくとも胃部X線は廃止するべきです」

 医療被曝の懸念はこれまでも指摘されてきたが、それでも実施するのは、がん発見のメリットのほうが上回ると考えられてきたからだ。岡田氏はこう言う。

「がん細胞と正常細胞は素人にも見分けられます。けれども、見つかった時点で助からないがん、放っておいても大きくならないがん、自然に消えていくがんがあり、見つかったがんがその後どんな運命をたどるのか、現代の医学ではその違いを見分ける方法はないのです」

 たまたま進行がんを摘出できて病気を克服する人がいるのも事実だが、大きくならないがんを外科手術で取って抗がん剤治療などを受ければ、体に大きな負担がかかる。

 人間の体の中では、1日に数千個のがんが発生しているが、免疫細胞ががん細胞を攻撃して死滅させている。

 精神科医で内科医でもある和田秀樹・国際医療福祉大学大学院教授もこう言う。

「どのがんについても、治療したグループと放置したグループを長期間追跡した大規模比較試験はほとんど行われていないため、がん検診で死亡率を下げるというエビデンスはありません。50歳を過ぎると、がんにかかりやすくなるので、40代からがん検診をどうするか考えておいたほうがいいでしょう」

 和田氏によると、前立腺がんや甲状腺がんなどが進行の遅い典型的ながんだという。

「高齢者医療をしていると、亡くなってから初めて見つかるがんはいっぱいあるのです。がんイコール取るものというのも決めつけだと思います」

 特に高齢者の場合、胃がんで胃を全摘出したり3分の1を摘出したりすれば、体の栄養状態が悪くなる。一気に老け込んでしまう人も少なくなく、残りの人生のQOL(クオリティー・オブ・ライフ)も下がることがある。

 女性のがん検診について見ていきたい。

 乳がん検診は40歳以上の女性が対象で、2年に1度の受診が推奨されている。これまで、海外で多くの比較試験が行われたり論文が出されたりしているが、有効性を示したものはないという。グループ分けした後に検診群から乳がんの疑いがある人を除外したり、二つのグループで平均年齢が明らかに違っていたりしたからだ。このため、岡田氏は「乳がん検診の正当性を示した論文は一つもない」と言い切る。

 子宮頸がんは、主に性交渉によるHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染が原因で引き起こされる。ほとんどは免疫力で自然消滅するが、一部が残ってがん化することがある。岡田氏がこう語る。

「子宮頸がん検診も有効性が認められたものはありませんが、HPVワクチンは将来のがん発生を予防できるので、10代のうちに接種しておいたほうがいい」

 以前と比べ、さまざまな治療方法も確立している。すべて“早期発見”と決めつける前に、役立つ検査かどうかも考えたい。(本誌・亀井洋志)

※週刊朝日  2020年11月20日号より抜粋