食べ物のおいしい季節は、何かと健康が気がかり。新型コロナウイルスの感染拡大で例年とは事情が異なるものの、この機に歩いてみようとする人もいるかもしれない。男性なら時速7キロ、女性なら時速6キロを目安にした「ファストウォーキング」。つまり“はや歩き”は足への負担も少なく、ランニングと同程度の効果が得られる「究極の歩き方」として、専門家も勧めている。



 こうした「究極の歩き方」に向けて重要になるのは、足の状態に合ったシューズ選びだ。

 東京・銀座にあるアシックスの専門店「ASICS Runwalk GINZA(アシックスランウォークギンザ)」を訪ねた。

 店に備えられた3次元足形計測機は、レーザー光線を当てて足の長さや足囲、かかと幅(かかとを後ろから見たときの横幅)など、あらゆる角度から足を測る。その結果を踏まえ、専門スタッフがそれぞれに合ったシューズを提案してくれるサービスだ。入店から計測、結果説明までは30〜40分ほどで、予約は不要。

 記者(30代女性)も実際に計測してもらった。店頭で用意された靴下に履き替え、立った状態のまま計測機に片足ずつ足を入れる。静かに待つこと約10分、両足の詳細なデータがプリントアウトされてきた。

 結果を見て驚いた。足のサイズはこれまで30年間、左右ともに「24.5センチ」と思い込んでいたが、「足長」(一番長い指先からかかとまで)の数字を見ると、右足が24.03センチ、左足が23.87センチ。かかと幅は右足が61.8ミリ、左足が63.8ミリで、こちらも左右で異なっていることを知った。

 これまでの靴選びがいかに“感覚頼り”だったかを思い知らされた。

「3次元計測を行うことで、足の長さや幅を正確に把握できます。単に数字だけでなく、お客様ご自身の歩き方に関してもヒアリングをしたうえで、その方に合った靴や中敷き選びができるようになるのはメリットです」(同社広報室長の大橋寿康さん)

 ちなみに、同社独自の3次元足形計測サービスは今年10月、「顧客との価値協創実現」という点が評価され、日本生産性本部サービス産業生産性協議会から日本サービス大賞優秀賞を受賞した。

 もっともアシックスは、長距離のウォーキングや散歩に適した運動靴タイプだけでなく、革素材を使ってスニーカーのような履き心地を実現したビジネス向けシューズも取り扱う。見た目はビジネスだが、ランニングシューズのノウハウが詰まっており、仕事で外回りの多い営業職に評判という。

「とくにコロナ禍では、リモートワークで運動の頻度が減り、出勤や帰宅時の時間を活用して歩かれているお客様が増えています」(同社銀座店の専門スタッフ)

 ビジネス向けシューズでも、前述した歩き方を意識することで、ウォーキングシューズと同程度の運動効果を見込むことができるという。

「靴選びを誤ることによってタコや、足の親指が小指側に変形し『くの字』になる『外反母趾(がいはんぼし)』、爪が肉を巻き込む『陥入爪(かんにゅうそう)』など、多くのトラブルが引き起こされているのが現状です」

 日本整形靴技術協会の会長を務める栗林薫さんは、こう指摘する。協会は靴店や装具士、理学療法士など、足の健康にかかわる人たちで構成する。栗林さんの本業は靴店で、足のトラブルに応じてオーダーメイドで中敷きをつくったり、靴を直したりしている。

 長年の経験から、足のトラブルは間違った「靴選び」「履き方」によってもたらされると実感するようになった。そこで、正しい靴選びのポイントを整理してもらった。

(1)機能的に正しいこと(2)自分の足に合ったサイズの靴を履くこと(3)正しい履き方をすること──の3点が大事だという。

 例えば、(1)と(2)がきちんとできていても、(3)ができていなければ効果は得られない。「選び方」と「履き方」はセットで考える必要がある。

 まず、“いい靴”の条件とは、機能的に正しいものでなければならない。「かかとがしっかりしていること」「足先から3分の1程度が曲がること」「簡単にはねじれないこと」が重要だ。雑巾を絞るように、靴全体をねじってみて、曲がるようなら“NG”だというのだ。

 次に、足に合ったサイズの靴選び。「日頃履いている足のサイズを正しく知らない人が多い。まずは自分の足の長さを正しく知るところから始めましょう」と栗林さんも改めて強調する。記者自身もアシックスの計測結果で痛感したばかりだが、同社のような計測サービスがない場合でも、自分で採寸することができる。

「最も簡単なのは、ウォーキングシューズの中敷きを取り出すやり方です。立ったままの状態で、足の周りをぐるっと鉛筆もしくはボールペンで囲み、指の一番突き出た部分からかかとまでの長さを測ってみてください。それが自分の本当の足のサイズです」(栗林さん)

 そして購入時、足先に余裕があるものを選ぶことを勧めている。

「専門用語では『捨て寸』と言いますが、つま先までに1センチのゆとりがあることが大切。ランニングの場合はもう少し小さな靴を選びますが、ウォーキングの場合、靴の中で指が全部動く状態にしておくことがとても大事です」(同)

 正しい履き方として、何より意識してほしいのは「ひもを締め直す」ことだと強調した。あまりに当然のことだが、ひもを結んだまま脱いだり履いたりする人が意外と多いのだという。

 このため、ひもはいったんほどいてから履く。足のかかとに靴をぴったりと合わせた後、ひもを締め直し、最後に履き口もしっかりと締める。

「小学生によく教える話ですが、大の大人でもできていないことが多いです。なかにはファスナー付きの靴を使われる方もいますが、そのような場合もファスナーだけに頼らず、ひもを締める習慣をつけていただきたい」(同)

 行楽シーズンを迎え、例年であればウォーキングのイベントなども各地で開かれたはずだが、新型コロナの影響で中止が相次いだ。

 千葉県内で活動するNPO法人「千葉県ウオーキング協会」でも、3月以降はイベントの中止を余儀なくされた。新型コロナに気をつけながら、会員限定で一部のイベントを再開している。

「(ひもで締めるなどの調整がいらない)スリッポンなど、楽な靴でウォーキングイベントに臨む人も多いですが、その状態で長い距離を歩くと外反母趾などができやすくなる。必ずひも付きの靴を選んでほしい」

 同協会でウォーキングや靴選びの相談に応じる近藤博子さんは呼びかける。新型コロナで無理ができない面もあるため、「買い物時にリュックを持って、空いた両手を大きく振るというところから始めるのでもいい。まずは日常の中に『歩く』という動作を取り入れてみてほしい」とも話した。今日の帰り道から試してはいかがだろう。

(本誌・松岡瑛理)

※週刊朝日  2020年11月20日号より抜粋