バイデン当選が確実になった2020年アメリカ大統領選。トランプは未だいくつかの州に再集計を要求しており、12月8日までは調査が続けられるとのことです。結果がひっくり返る確率は限りなく低そうですが、今も逐一チェックしているかたが多いのでは。私も一アメリカ在住者として、選挙権はありませんが固唾を呑んで行方を見守っているところです。


 
 11月3日火曜の選挙日、私の娘が通う学校は投票所であるという理由で休みになりました。学校からは「市民の自由、権利、責任について子どもと語らう絶好の機会です。ぜひ選挙の過程にできるだけ子どもを参加させてください」とメールが来ました。我が家の4歳と1歳に伝わるかどうかはわかりませんでしたが、我が家唯一の有権者である夫を投票所へ送っていくときに、「ダディはこれからアメリカのリーダーを決めに行くんだよ」と話しました。投票所には長蛇の列ができており(3時間半待ち!)、子どもや赤ちゃんを連れている人も見かけました。

 子どもに親の背中を見せるだけではなく、子育て層の声を届かせるためにも、選挙は重大な意味を持っています。子どもをもつ親としてどう選挙に臨んだか、複数の友人に話を聞いてみました。

 4歳の男の子を持つ民主党支持の友人は、こう語りました。

「4年前のあの日、トランプ当確のニュースを聞きながら涙が頬を伝って止まらなかった。当時私の息子はまだ生後7カ月だったけれど、いつか彼に『あなたの大統領は優しさも威厳も何一つ持ち合わせていない人間なのよ』って教えなきゃいけない日が来ると考えたら、想像するだけで恐ろしくなったの。息子には新時代を生きる健やかな男らしさを持ってほしいと常々思っているけれど、トランプときたら、男らしさの中でも最も邪悪で毒性のある部分を煮詰めたような存在なんだもの。この4年間は、彼の言動に辟易し、アメリカ市民として恥じ入るストレスフルな毎日だった。でも、やっと世界に誇れる次期大統領が選ばれたの。バイデンだってもちろん完璧ではないでしょうけど、誠実さと思いやりを持った、子どもが憧れることのできる人物。息子に胸を張ってバイデン当確を知らせることができて、本当にうれしかった」

 かたや、共和党支持の友人の意見は次のようなものでした。彼女は前回はヒラリーに投票しましたが、今回はトランプ支持に転向。7歳と5歳の子どもがいます。

「トランプは今でも嫌いだけど、コロナ対策を見て意見が変わったの。パンデミックの最中、リベラル派はすました顔で『親はリモートワーク、子どもはバーチャル授業で乗り切ろう』って言ってたけれど、うちみたいにパソコンが1台しかない庶民の家ではほぼ不可能。子どもの発達にとっても対面授業のほうがいいに決まってる。そうやって子育て世代が苦戦している間、ビジネスは再開し、BLMのデモで大人数が集まった。でもメディアをはじめ誰も『自宅待機』と言わない──矛盾していると思ったの。一方トランプは、当初からビジネスも学校も同じように開けと主張していたし、1人1000ドルの給付金もすぐに支給されたし。一貫性があるし、庶民の実情をより知っているのは彼の方だと思ったの。コロナで世間の支持率は下がっていたけれど、未曽有の事態が起きた際に現政権の支持率が下がるのは過去にもよくあることでしょう」

 ほかにも親ならではの意見として、民主党支持者からは「子どもがこれから暮らす地球のことを考えると、パリ協定復帰など環境対策に力を入れるバイデン一択」「バイデン支持というより、これ以上子どもにトランプの醜悪さを見せたくない。トランプがいなくなれば子育てはもっと平和で楽しくなる」、共和党支持者からは「トランプが進めた減税などの経済対策で、子育て家庭としての暮らしが楽になった」「トランプ支持というより、民主党が推し進める移民受け入れなどはいずれアメリカという国を滅ぼすだろうから、そんな未来を子どもに与えたくない」といった声がありました。

 アメリカ人が普段からこのように政治談議をしているかというと、答えはイエスでありノーでもあります。お互いの支持政党がわかっている場合は安心して話を進め、わからない場合、あるいは支持政党が違っている場合は極力政治の話には触れないように努めます。

 私が現在住んでいるのは共和党優位のアラバマ州。人々は自宅の前に立てるヤードサインや旗、車に貼るステッカーなどで支持政党をアピールするのですが、町ではトランプ−ペンスの文字を多く目にします。政治の話をするときは、トランプ支持者という前提です。対して4年前に住んでいたワシントン州シアトルは、民主党優位の地。2016年の選挙戦中はほとんどヒラリー−ケインの文字しか見ず、ヒラリー支持者である前提で話をしました。

 2020年アラバマ州の一般得票率はトランプ約62%、バイデン約37%。2016年キング群(シアトルのある群)の一般得票率はヒラリー約69%、トランプ約21%。つまり全員が全員優位の政党を支持しているわけではありません。考えてみれば当然ですが。しかし劣位の支持層は口をつぐんでしまうので、表向きには「アラバマにはトランプ支持者しかおらず、シアトルにはヒラリー支持者しかいない」ように見えます。

 劣位の支持層が口をつぐんでしまうのは、政治的主張の相違が、もはや世界観や人間性の相違と捉えられる空気があるからです。民主党支持者と共和党支持者で、見ている現実がまったく違う。民主党勢は共和党勢を「教養のないレイシスト」だと、共和党勢は民主党勢を「高慢ちきな嘘つき」だと思っている。2016年以前からあったこの分断は、ここ数年で確実に深まりました。

 今も思い出すのは、2016年の選挙期間中のことです。ヒラリー支持の親戚ケリー、そして彼女の両親と食卓を囲んだのですが、ケリーが熱心にヒラリーのすばらしさを語る傍らで、彼女の親は「やれやれ、困ったもんだ。うちは代々共和党支持なんだがね」と苦笑いしていました。2020年の今、ケリーは「いくら説得しても親の目を覚ますことはできなかった」とため息をつき、彼女の親は「政治に話が及ぶとケリーは感情的になるから、話すのはやめた」と肩を落とします。親子や兄弟、恋人や夫婦で政治的主張が異なることはままありますが、その場合「大切な人と言い合いをしても疲弊するだけなので、政治の話は避けましょう」と、『I Love You, But I Hate Your Politics』の著者で心理セラピストのジーン・セイファーは勧めています。でも、お互い口を閉ざしたままで、この分断は埋まるのでしょうか。これからの新しい年は、今までとやり方を変えなければいけないのではないか。子どもたちにも、分断ではなく温かい理解ある世界を見せなくてはなりません。

※AERAオンライン限定記事

◯大井美紗子
おおい・みさこ/アメリカ在住ライター。1986年長野県生まれ。海外書き人クラブ会員。大阪大学文学部卒業後、出版社で育児書の編集者を務める。渡米を機に独立し、日経DUALやサライ.jp、ジュニアエラなどでアメリカの生活文化に関する記事を執筆している。2016年に第1子を日本で、19年に第2子をアメリカで出産。ツイッター:@misakohi