会社、スーパー、飲食店、スポーツジム……。新型コロナ感染拡大対策として、体温を測定する機会がかつてないほど増えた。だが、体温を知る意義は感染対策だけではない。体温リズムを知り、それを活用することで、一日が大きく変わるのだ。AERA 2020年11月23日号は「体温マネジメント」を特集した。



*  *  *
 朝7時に起床。少しぼんやりしたらYouTubeの動画を見ながらラジオ体操。それから歯磨き、体重測定、朝ご飯。神奈川県に住む会社員の女性(45)のモーニングルーティンだ。そして今年6月、「ラジオ体操」のあとに「体温測定」が加わった。コロナ禍の今、自分の健康状態をきちんと把握しておきたいと思ったからだ。

 朝だけでなく、昼や夕方に測ることもある。測った数値はスマホのアプリに記録すると、折れ線グラフで体温の推移を教えてくれる。最近、自分の平熱が低いことが気になり始めた。

「一日のなかでも時間帯によって違っていて、朝から昼過ぎぐらいまでは35.5度くらい。夕方は少し上がって35.7度から35.9度。36度を超えることはめったにありません。寒い時期に活動的になれないのは、体温が低いせいなのかと」

 一方で、大阪府に住む会社員の女性(45)は、「平熱が高いのが悩み」だという。朝は36.7度くらい。夕方から夜にかけて37度を超え、37.5度に届くこともある。体調はすこぶるよく、風邪をひいているわけではない。

「会社や近所のスーパーには非接触型の体温計があって、37.5度以上だと警告音が鳴って呼び止められてしまうんです。会社の場合、いまや警備の人にも覚えられてしまい、『また鳴ってるね』と言って通してくれるんですが……」

 コロナ禍で自宅や外出先で体温を測る機会が増えた。アエラが11月上旬にウェブで実施したアンケートでは、「以前は気になる時しか体温を測らなかったが、今は毎日測定している」(59歳・女性・大学職員)など、体温を気にする人が多くいた。一方で、「体温の変動が大きく、自分の『平熱』がよくわからない」(49歳・男性・会社員)という声もあった。

 そこで、まず押さえておきたいのは、「体温」の定義だ。早稲田大学人間科学部の永島計(けい)教授(体温・体液生理学)はこう解説する。

「人間にとって一番大切なのは、脳や心臓、肝臓や腎臓などが存在する中心の温度。これを『深部体温(コア温)』といい、健康な人であれば37度前後に保たれています。それに対し、皮膚温(シェル温)は30〜35度で、外気温に影響されます。我々研究者が『体温』というときには、深部体温を指します」

 額や手首、わきの下の温度はあくまでも皮膚温。だが、わきの下に体温計をしっかりはさみこむことによって、深部体温の指標となる。ただし、数秒で測れる電子体温計などでは、どうしても誤差が出てしまう。

 深部体温は脳の視床下部にある体温調整中枢によって一定に保たれている。寒さを感じると体表から熱が放出されないよう、血管を収縮させて血液量を減らしたり、筋肉を収縮させて震えを起こしたりして熱を作り出す。反対に、暑さを感じると血管を拡張させて血液の流れをよくしたり、汗を出したりして熱を放出する。また、風邪などウイルスに感染した際には、深部体温を上げて免疫機構を活性化しようとする。

 体温の調整機能がうまく働かず、深部体温が一定温度以上や以下になると命にかかわる。35度以下になるのが低体温症、40度以上になるのが熱中症だ。

「いわゆる『平熱』には個人差がありますが、健康な状態であれば、平熱が高い人も低い人も、深部体温自体はそれほど大きくは変わりません」

 永島教授によると、平熱の個人差は代謝の違いだと考えられるという。まずは冒頭の女性が言っていた「測る時間帯によって体温が違う」という話から説明していこう。

 人間の深部体温は外気温に左右されないよう、一定レベルに保たれているが、日常生活でまったく変動しないわけではない。運動や入浴などの身体活動の他、一日の時間帯のなかでも1〜1.5度の幅で変動する。このわずかな変動が集中力や体の動かしやすさ、眠気などに大きな影響を及ぼしていることがわかっている。東京足立病院院長の内山真医師はこう話す。

「人間は昼間体温が高くなり、夜は下がるようにできている。脳や内臓、筋肉の動きなど、体のなかの反応はすべて酵素反応です。パンを発酵させるとき、温度が低いと発酵が進まず、高いほうが進みますよね。人間の酵素は38〜39度ぐらいでもっともよく働くように設定されています。体を動かすときには体温が高いほうが活発に動ける。反対に、休息するときには低いほうがいいんです」

 深部体温は、24時間周期で変動している。入眠する頃からゆるやかに下がり続け、真夜中から早朝に底を打ち、そのあとは起床に向かって上がり始め、夕方にピークを迎える。体を動かさず横になっていたとしても、24時間のリズムは残るという。この「体温のメリハリ」が、一日のパフォーマンスや睡眠の質を大きく左右する。

 たとえば正常な排卵のある女性の基礎体温は低温期と高温期に分かれるが、早朝に測る基礎体温は就寝中の体温をあらわす。つまり、高温期は就寝中に体温が下がり切らないのだ。高温期には月経前症候群などの不調が起きやすい。また、うつ病の人の多くが睡眠障害を抱えているが、うつ病になると夜間の深部体温が全体的に高く、昼間と夜間の体温差、つまり体温のメリハリが少なくなることがわかっている。

「深部体温が下がらなければ、体が本当の意味での休息モードに入れません」(内山医師)

 体温のリズムを整えるにはどうしたらよいか。脳や睡眠について多数の著書がある作業療法士の菅原洋平さんはこう話す。

「体温は上げるべき時間帯にしっかり上げれば、あとは自然に下がります。下げることは考えず、上げることだけ考えれば大丈夫。そしてもっとも体温を上げるべき時間帯は、夕方です」(編集部・小長光哲郎、ライター・熊谷わこ)

※AERA 2020年11月23日号より抜粋