コロナ禍で海外インターンの中止が相次ぐなか、ここでもオンライン化が始まっている。 自分がどこにいてもグローバルに働くスキルが求められている。AERA 2020年11月23日号から。



*  *  *
「今年度は、ベトナム、マレーシア、アメリカなどのインターンプログラムを用意し、約15人が参加予定でした。全部中止になり、どうフォローしたらいいか。頭を抱えました」

 追手門学院大学キャリア開発センターの大串恵太さん(40)はそう語る。大学にとって、グローバル教育はいまや重点課題のひとつだ。大串さんは言う。

「海外インターンの目的は、アウェーの環境でも頑張れば成果が出せ、やっていけるという感覚を得ること。代替できる方法を考え、海外ビジネスをオンラインで実体験するプログラムを8月に取り入れました」

 プログラムは講義がセットで、実在するスペイン語のマンガアプリをスペイン語圏の国にプロモートする。追手門学院大からは1年生の小北奈々佳さん(19)と2年生の荻原風花さん(19)が参加。他大学の学生も加わり6人でチームを組んだ。

「オンラインなので楽かと思ったら、期間中の4週間は講義の時間以外もずっと仕事のことを考えているか、作業しているかでした」(小北さん)

 プログラムの最終ゴールは、マンガアプリへのアクセスを2千PV以上増やすことだ。最初に21カ国あるスペイン語圏の国のうちターゲット国を1カ国に絞り込む。次に外国人コミュニティーにアプローチし、リサーチをもとに広告プランを立案。獲得した予算を使い、実際に広告を打ち目標PVを目指す。

 小北さんと荻原さんが参加したチームは、スペイン語圏で最も人口の多いメキシコを選択した。外国語を学びたい人たちが集うコミュニティーを活用してリサーチし、マンガコンテストをからめた広告キャンペーンを展開したところ、目標の1.5倍に当たる3千以上のPV増を達成した。

 小北さんはスペイン語の広告制作を担当した。

「グーグル翻訳やネイティブの人の力を借りました。フェイスブックやインスタグラムに載せた広告にコメントがついたり、アクセス数の増減が見られたりして達成感がありました」

 荻原さんはチームの進行管理を担当した。

「対面もオンラインも成果を数字で測る点は変わらないと思いました。また、オンラインのコミュニケーションには、対面にはない難しさがあることを、進行管理を通じて学びました」

 プログラムを手がける、スパイスアップ・アカデミア代表の森山たつをさん(44)は言う。

「自分がどこにいてもグローバルに仕事ができるスキルを身につけることは今後不可欠。コロナ収束後も、オンラインで仕事をするいまの流れはなくならないでしょう。海外インターンも、現地型とオンライン型の両方が、それぞれの良さを生かし並立していくと思います」

(編集部・石田かおる)

※AERA 2020年11月23日号より抜粋