高齢者ホームに入居となると、老後の大切なお金を使うことになる。あれこれ悩む方も多いのではないだろうか。現在発売中の週刊朝日ムック「高齢者ホーム2021」では、高齢者ホームを探している人の具体的なケースを取り上げつつ、シミュレーションをもとにその人に合った方策を専門家に解説してもらった。その中から、「夫婦は離れて暮らしていい?」「介護のために仕事を辞めていい?」をテーマにお届けする。



*  *  *
■ケース1:夫婦は離れて暮らしていい?

 まずは、要介護になった妻を介護する夫のケースからです。

<夫婦ともに82歳で二人暮らし。妻が転倒による骨折で要介護3の認定を受ける。自宅での介護に限界を感じた夫はサービス付き高齢者向け住宅への入居を検討。夫婦での入居も考えているが、自分は自宅にとどまる選択肢も検討中。
その後、妻は84歳で要介護4、85歳で要介護5となり、その1年後に死亡すると想定。>

 このケースについて、スターパートナーズ代表で介護コンサルタントの齋藤直路さんは、次のように話します。

「夫婦のいずれかが要介護となったことで施設入居を検討する場合、パートナーと離れて暮らすことに躊躇する人もいるでしょう。長い間連れ添ってきた夫婦ですから、高齢になってからの別居に不安を感じるのは無理もありません」

 有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の中には、夫婦での入居を想定した広めの部屋を用意して二人暮らしに対応するところもあります。
ここでは、スターパートナーズの協力を得て、東京都内の標準的な価格帯のサ高住に、夫婦で入居する場合(A)と一人で入居する場合(B)でシミュレーションしました。

 夫婦で入居する場合の二人分の月額利用料は約32万9000円であるのに対し、一人で入居する場合は19万1500円で、14万円近い差となります。
 夫婦で入居できれば、精神面でも生活面でも支え合いながら生活できます。

 ただ、その場合の月額費用は、介護保険の自己負担額を含めると35万6000円と、夫婦二人の一般的な年金額を大きく超えてしまいます。
 
 しかし、夫婦での入居であれば自宅が不要になるので、自宅を売却してまとまった資金を得られる場合や、賃貸に出せるようなケースでは、資金面でのハードルは大きく下がります。自宅の立地に左右されることになりますが、検討の価値はあるでしょう。

 ただし、夫婦向けの居室では、一人部屋より面積が広く取られているだけで、間取り自体はワンルームであることも少なくありません。こうした居室ではお互い一人の時間を持つことが難しいことにも注意する必要があります。
 
 コストを重視するなら別居が有利になりそうですが、すべてのケースで安くなるとは限りません。この差額には自宅に残る夫の生活費は含まれていないからです。

 自宅が賃貸であれば、別居すると2世帯分の家賃がかかることになりますし、光熱費などは同居したほうが安くすみます。夫が自炊をせずに外食がちになると、生活費が膨らむこともあるでしょう。

 比較する際は、自宅に残るほうの生活コストや自宅にかかる費用なども考慮することが重要です。
 
 また、老々介護は年齢を経るほど介護する側の負担は大きくなるので、同居することによる心身の負担も考慮する必要があります。

 別居して一定の距離を保ちながら、定期的に通ってお世話をするほうが良い関係を保ちやすいこともあるでしょう。

■ケース2:介護のために仕事を辞めていい?

 次は、親の介護で仕事を辞めていいか悩む一人娘のケースです。

<一人暮らしをしている80歳が要介護2の認定を受ける。遠方で離れて暮らす50歳の一人娘は、父親を一人にしておくことがいよいよ心配になり、仕事を辞めて実家に帰るか、父親を施設に入居させるか悩んでいる。
その後、父は88歳で要介護3、90歳で要介護4、91歳で要介護5となって、その1年後に死亡すると想定>

 年老いた親に精いっぱいのことをしてやりたいとは誰もが思うものです。仕事を辞め、実家に帰って在宅介護をするか(A)、親を有料老人ホームに入れるか(B)で、悩む人も多いのではないでしょうか。

「よほど資産がある家庭でないかぎり、仕事を辞めるとその後の生活に窮することになってしまいます。仕事を続けながら『遠距離介護』をする人も多くいるので、まずはケアマネジャーに事情を相談し、仕事を続けながらできるケアを考えましょう」(齋藤さん)

 まずは介護休業などを利用して実家に帰省し、その間にケアマネジャーと利用予定の施設や自分が留守の間の態勢を打ち合わせ、手続きなども済ませましょう。

 介護休業は介護そのものではなく、自分がいない間のサポート態勢を構築する期間だと考えます。

 仕事に復帰したらケアマネジャーや施設とも連絡をとりながら、日常的なサポートは介護保険のサービスを活用します。自分は休日や有給休暇などを利用して、定期的に親元に通うという方法です。

 介護保険の上限額を超えてしまったり、医療費が高額になったりした場合には、一定額を超えた分が戻ってくる「高額介護サービス費」や「高額医療・高額介護合算療養費」の制度も活用しましょう。

 遠距離介護に限界を感じるようなら、施設入居も検討します。ここでは、やや高級なホームで試算していますが、もう少しお手頃な価格帯のホームもあります。また、住み慣れた土地以外のホームでもかまわないのであれば、比較的安価な地方のホームなども検討してみてもいいかもしれません。

 親の介護を終えた後も、人生は長く続きます。退職の判断は慎重に行いましょう。

(文・森田悦子)

※週刊朝日ムック「高齢者ホーム2021」より抜粋