2500年前の思想家・孔子の教えをまとめた「論語」は、生き方の指針となる言葉の宝庫だ。「仁(=思いやり)」を理想の道徳とし、苦しんでいる人の導き方や、苦境に立たされた時の責任の取り方など、迷える現代の子育てにも役立つ言葉がたくさんちりばめられている。親の悩みに対する処方箋として、中国文献学者で、大学生の息子をもつ山口謠司先生が、論語の格言を選んで答えるコーナー。今回は、「休日に家族でお出かけできず、子どもの成長にマイナスになるのでは」という3児の母親のお悩みについて考えます。

*     *  *
【相談者:3人の子どもをもつ30代母親】
小学2年女子、5歳男子、2歳男子の母です。土日にママ友家族があちこち出かけている姿をインスタグラムで見るとうらやましく、子どもたちに何もしてあげられない自分を責めてしまいます。というのも、末っ子はまだ2歳で聞き分けがないうえにイヤイヤ期も重なって、子どもたち3人を連れて外出するのがとにかく面倒なのです。本当は上の子2人にはアスレチックや博物館、遊園地などに連れていったり、旅行したりしたいのですが、「魔の2歳児」が一緒だとままならず、近所の公園しか行くことができません。いろいろな体験をさせてあげられないことは、やはり子どもの成長にはマイナスになってしまうのでしょうか。

【論語パパが選んだ言葉は?】
・法語の言(げん)は、能(よ)く従う無からんや。之(こ)れを改むるを貴(とうと)しと為す。巽与(そんよ)の言は、能く説(よろこ)ぶ無からんや。之れを繹(たず)ぬるを貴しと為す。説んで繹ねず。従うて改めざれば、吾(わ)れ之れを如何ともする末(な)きのみ (子罕第九)

・兄弟には怡怡(いい)如(じょ)たり (子路第十三)

【現代語訳】
・権威ある言葉を聞くと、誰だって服従する気持ちになる。しかし、ただ服従するだけでなく、自己を改革することが大切だ。穏やかな言葉を掛けられると、誰でも嬉しくならずにはいられない。しかし、嬉しがるだけでその言葉を玩味しないならば、そのような人には手の施しようがない。

・兄弟はやわらぎ喜び合うのがよい。

【解説】
 お答えします。3人のお子さんがいらっしゃるなんて素敵ですね。しかも男の子と女の子なんて! 年齢が離れた3人のお子さんたちを連れて外に出るだけでも大変だと思います。

「いろいろな体験をさせてあげられないこと」は、決してマイナスにはなりませんので、ご心配なく。13歳くらいまでに必要なことは、「さまざまな経験から何をどうやって吸収していくか」を自覚させることです。

「論語」には、こんな言葉が記されています。

「法語の言は、能く従う無からんや。之れを改むるを貴しと為す。巽与の言は、能く説ぶ無からんや。之れを繹ぬるを貴しと為す。説んで繹ねず、従うて改めざれば、吾れ之れを如何ともする末きのみ」(子罕第九)

 これは、孔子が「周りに流されるな! 自発的になれ、自覚的であれ!」と教えた言葉です。訳せば、次のようなものになるでしょう。

 権威ある言葉を聞くと、誰だって服従する気持ちになります。しかし、ただ服従するだけでは何もならないのであって、それによって自己を改革することが大切です。また、「あなたは素晴らしい人ですね」などと穏やかな言葉をかけられると、誰でもうれしくならずにはいられませんが、うれしがるだけでどこをどんなふうにほめてもらっているのかを、自分で玩味しなければならない、ということです。

 子どもは大きくなる過程でさまざまな体験をし、そこから自分に必要な教えを学びます。しかし、たくさんのことを経験できたとしても、それが本当に本人のためになるようにするためには、子ども自身の「自発性」や「自覚する力」が必要なのです。

 相談者さんは、お子さんがもう少し大きくなれば一緒に遠出できるようになりますから、今は焦らず、日々の小さな体験に対しお子さんが「どうして?」「なぜ?」という疑問を抱き、自発的・自覚的に行動できるような子育てを心がけてみてはいかがでしょうか。具体的には、一緒に料理をしたり、植物を育てて観察日記をつけてみたり。学校や保育園が終わってからの時間の使い方を、お子さんご自身に決めてもらうのもいいかもしれません。

 また、相談者さんは、友人家族をうらやましいと思わないようにしてみてくださいね。人をうらやむ気持ちは、嫉妬となり、暗い気持ちとして子どもにもいい影響を与えません。
 
 孔子の教えをもうひとつ紹介したいと思います。それは、きょうだい関係についてです。姉弟3人、仲良くしていらっしゃるでしょうか?

 孔子は、「どんな人をすぐれた人と言うのでしょう?」という弟子の問いに対し、「兄弟には、怡怡如たり」(子路第十三)と答えています。ここでの「兄弟」とは、姉と弟でも、兄と妹でも同じです。「怡怡」とは、「心が和らぐこと」を言います。きょうだいが、みんな仲むつまじく喜び合うということです。きょうだいげんかをすることもあるでしょうが、どんなことがあっても3人のお子さんの心がつながっていて、互いが互いをいたわり合う、助け合う気持ちを育むことが一番大切なのだと思います。

 近所の公園に、一緒に行って遊べる時間こそ、大切にしてください。

【まとめ】
大切なのは「たくさんの経験」ではなく、経験から「自発的・自覚的」に学ぶこと。きょうだい仲良くしよう。

山口謠司(やまぐち・ようじ)/中国文献学者。大東文化大学教授。1963年、長崎県生まれ。同大学大学院、英ケンブリッジ大学東洋学部共同研究員などを経て、現職。NHK番組「チコちゃんに叱られる!」やラジオ番組での簡潔かつユーモラスな解説が人気を集める。2017年、著書『日本語を作った男 上田万年とその時代』で第29回和辻哲郎文化賞受賞。著書や監修に『ステップアップ  0歳音読』(さくら舎)『眠れなくなるほど面白い 図解論語』(日本文芸社)など多数。母親向けの論語講座も。フランス人の妻と、大学生の息子の3人家族。