男性は女性に比べ、新型コロナウイルスに感染して重症化したり死亡したりするリスクが高いと世界各地で報告されている。ホルモンや喫煙習慣などが関係しているとみられる。AERA 2021年1月18日号から。



*  *  *
 男性であることそのものが、新型コロナウイルス感染症のリスクファクターだ。

 英ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン(UCL)などの研究チームは、世界の感染者約311万2千人の症状や経過を分析した。感染者数は男女同じなのに、集中治療室(ICU)で治療を受けなければならないほど重症化するリスクは男性の方が女性に比べて2.8倍高く、死亡リスクは1.4倍高かった。

 研究チームが昨年12月に英科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」に発表した論文によると、分析の対象は、昨年1月1日〜6月1日までに公表された、46カ国と米国44州の統計報告や、研究者の論文など90本に掲載された感染者の情報だ。

 感染者数は、男女差のみられる国があったものの、総合的には男女同数だった。それにもかかわらず、ICUで治療を受けた人数や、死亡者数は男性の方が多かった。

 研究チームが対象としたのは昨年6月1日までに報告された感染者だが、新型コロナウイルス感染症の影響を性別ごとに調べている「The Sex,Gender and COVID‐19 Project」によると、昨年12月中旬現在で、やはり感染者数は男女同じものの、男性は重症化が1.9倍、死亡が1.4倍リスクが高かった。

■ミャンマーは3.8倍

 国別にみると、死亡者の性別がわかっている87カ国のデータのうち、男性の死亡率が女性と同じか低いのは15カ国だけで、72カ国は男性の死亡率の方が高かった。男性の死亡率が女性に比べて最も高かったのはミャンマーで3.8倍、次いでタイとチュニジアが2.5倍だった。

 厚生労働省によると、国内では昨年12月29日時点の男性の死亡率が1.6%だったのに対し、女性の死亡率は1.2%で、男性の死亡率の方が1.3倍高かった。

 男性の方がハイリスクなのは、新型コロナウイルスだけではない。同じコロナウイルスの仲間で、2002〜03年にかけ中国などで流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)も、香港では男性の方が女性より死亡率が1.6倍高かった。また、13〜14年に流行した中東呼吸器症候群(MERS)も同様で、サウジアラビアでは男性の死亡率の方が2.3倍高かった。

 こういった傾向は、コロナウイルスによる感染症に限らない。英ロンドン大学の研究チームなどによると、結核菌への感染で起こる結核では、男性の死亡率は女性より1.5倍高い。ヒト成人白血病ウイルスに感染し、白血病になる男性の比率は女性よりも2〜3.5倍高い。

 新型コロナウイルスの感染について、なぜ男性の方がハイリスクで、女性の方がリスクが低いのか。日本性差医学・医療学会理事長を務める下川宏明・国際医療福祉大学教授はこう説明する。

「女性ホルモンの働きなどで女性は全般的に男性よりも免疫反応が強いため感染症に強く、新型コロナウイルスに感染しても重症化しにくい」

■エストロゲンの働き

 女性ホルモンのエストロゲンには、免疫反応をより強く起こす働きがあると考えられている。膠原(こうげん)病や関節リウマチなど免疫反応が過剰に起きて自分自身を攻撃してしまう自己免疫疾患の患者は女性が男性より多いのはそのためだ。

 英UCLの研究チームなどによると、エストロゲンは、免疫細胞の一種、T細胞の反応を高めたり、病原体に対する抗体や、病原体を攻撃するサイトカインの産生を増やしたりするという。

 また、米マウント・サイナイ医科大学の研究チームは、病原体が体内に侵入してきた際にまず病原体を攻撃する「自然免疫」と呼ばれる免疫反応で重要な役割を果たすたんぱく質の遺伝子が、女性に2本、男性には1本だけしかない性染色体、X染色体上にあることも、女性の方が重症化しにくい一因かもしれないと指摘する。

 下川教授によると、女性ホルモンには免疫反応を強化する働きに加え、さまざまな臓器の粘膜にある上皮や血管内皮細胞を守る働きがある。新型コロナウイルスがまず体内に入って感染する気道の上皮や、重症化すると損傷を受けやすい血管の内皮の細胞などだ。これが、女性の方が重症化しにくい一因と考えられるという。

 逆に男性ホルモンのアンドロゲンは、免疫反応を抑制する可能性があるという。加えて、新型コロナウイルスの体内の細胞への感染しやすさを左右するたんぱく質の量の制御にも関係しているとされる。イタリアの研究チームによると、前立腺がん治療のためにアンドロゲン除去療法を受けている患者は、受けていない患者よりも4倍、新型コロナウイルスに感染しにくかったという。

 下川教授が、性差による免疫反応の違いと同じように重要視するのは、喫煙習慣の性差だ。
「たばこを吸う人は様々な意味で重症化する要因がある。男性の方が喫煙率が高いことも、男性のリスクが高いことに大きく影響している」

■喫煙でACEIIが増加

 厚労省が実施する国民健康・栄養調査によると、18年の男性の喫煙率は29.0%、女性は8.1%だった。17年調査では、1日に21本以上吸う人の比率は男性が12.1%、女性が2.8%だった。こういった差も、新型コロナウイルス感染症の重症化リスクと関係している可能性が高い。

 新型コロナウイルスが体内の細胞に感染する際には、細胞の表面にある「ACEII」と呼ばれるたんぱく質に結合する。このためACEIIたんぱく質が細胞表面に多くある部位は感染しやすい。また、同じ部位でもACEIIたんぱく質がより多くある人は感染しやすい。

 ACEIIたんぱく質はもともと肺や心臓など新型コロナウイルスの攻撃を受けやすい臓器の細胞に多くある。加えて、たばこを吸う人は体内の細胞表面のACEIIたんぱく質の量が増えるという。このため、喫煙者はより感染しやすくなるだけでなく、肺や心臓などがウイルスの攻撃を受けて損傷しやすく、重症化しやすいと考えられる。

 また、喫煙そのものが肺や血管などを損傷したり、インスリンの分泌を妨げたりする。このため喫煙者は新型コロナウイルスの重症化リスクである慢性閉塞性肺疾患といった肺の病気や糖尿病などの生活習慣病になりやすいという背景もある。(科学ジャーナリスト・大岩ゆり)

※AERA 2021年1月18日号より抜粋