2019年12月初旬、中国で発生したとみられる新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)は全世界で猛威を振るい、2021年2月12日の時点で感染者数は約1億777万人となっている。

 現在発売中の『医者と医学部がわかる2021』では、収束の道筋がいまだに見えないなか、コロナと闘う3人の医師たちの姿を取材した。1回目は、新型コロナウイルス感染症の患者を受け入れ、院内でクラスターも発生した現場で働く医師の使命をお届けする。

*  *  *
「現状は『しんどい』の一言です。新型コロナの流行以降、すべてが変わりました」

 児玉華子医師は、コロナ禍での医療現場の状況をこのように話す。

 北里大学医学部を卒業後、同大の膠原病・感染内科学教室に属する児玉医師は、3年前から独立行政法人国立病院機構相模原病院へ出向している。同院は、新型コロナの患者を受け入れている。

「院内では全職員にアイシールドとマスクの着用が義務づけられているほか、予約外の外来や緊急外来の際には、発熱がなくても防護服と手袋2 枚、キャップ、フェイスシールドを着用します。特に夏場は暑くて大変でした」

 最前線で新型コロナに対応するなか、この感染症の怖さは「容体の急変」にあると感じている。

「朝は容体が安定していても、急変して、夜には亡くなってしまうこともあります。重症化していく患者さんに対し、例えばCT画像検査をしたくても、そのためには検査室までの動線確保のほか、検査後の消毒、一定時間以上の換気が必要です。迅速な対応が難しいケースも出てきます」

 また、感染拡大防止のため、患者家族の面会も禁止となっている。

「お亡くなりになった場合、感染防止のため、火葬された後の対面となってしまいます。少し前までは元気だった患者さんの死に目にも会えない。これはご家族にとってもショックが大きいことでしょう」

■感染防止を難しくする新型コロナの「無症状」

 2020年10 月下旬には、同院でクラスターが発生し、院内スタッフや患者12 人の感染が確認された。

「先に述べたように、感染対策は徹底していたうえでの出来事でした。そのうえで出てしまうことは、仕方がありません。逆に、『よくここまで感染者を出さなかったな』という思いもあります」

 最初にPCR検査で陽性と診断されたのは、若手の男性看護師だった。

「熱などの症状はなかったそうですが、患者さんの排泄物の処理をしている際ににおいを感じなかったので、検査を申し出たそうです。周囲への影響などを考えてしまい、言い出しにくい面もあったはずですが、適切な判断だったと思います」

 新型コロナの感染防止を難しくしている要因のひとつには、この「無症状」がある。

「別のケースですと、新型コロナではない疾患で入院していた患者さんが退院し、そのまま施設に入ることになりました。その際、施設から念のためにとPCR検査の要望がありました」

 検査を実施すると、その患者は無症状にもかかわらず陽性だった。
「その後、濃厚接触者である看護師にも陽性が出て、その看護師の接触者にも、と数珠つなぎで感染者が見つかりました」

 濃厚接触者となった医療スタッフは結果が出るまで診療は行えず、その影響は広範囲に及んだ。

「私たちが診ているのは、新型コロナの患者さんだけではなく、他の疾患の患者さんのほうが多い。そこに影響が出るのが、問題だと考えています。流行の第3波により、新型コロナの病棟が増えたことで、他の疾患の患者さんへの影響はより大きくなってきています」

 入院患者への面会の禁止は、新型コロナだけでなく、他の疾患も同様だ。

「家族の面会があれば、会話もできますし、患者さんへのちょっとした手助けもしていただけます。それをすべて現場の人間のみで行うことになりました。ほか、感染防止のため、リハビリテーションなども密の回避が前提になり、やりにくくなっています」

 そのため、特に高齢者の場合、退院時にADL(日常生活動作)の低下や、認知症の進行がみられるケースも出てきており、患者の家族から不満の声があがることもある。

「こちらも精いっぱい対応しているのですが、家族の方の気持ちもわかります。日本でこれまで普通に行われていた医療ができない状況は、本来あってはならないことですから」

■変異種の感染拡大 リスク減らす行動を

 2020年12月8日の英国を皮切りに新型コロナのワクチン接種が始まった。日本では21年2月下旬からの接種が予定されている。一方で、より感染力が高いとされる変異種の感染が世界規模で急速に広まっており、流行収束のめどは立たない。

「今回の流行が長期間にわたるにつれ、『若い人は大丈夫』『かかってもカゼみたいなもの』というような声も耳にします。実際、若い人が感染しても無症状、あるいは重症化しないケースが多い印象があります。しかし、一方で、死に至るケースがあることも事実です」

 このウイルスは、発見されてから日が浅いため、研究が急ピッチで進められているとはいえ、不明なことが多い。

「新型コロナの影響は医療分野の多方面に広がっています。確実なワクチンのほか、重症化のサインやその対処法などの治療法が確立するまでは、『自分がうつるリスク』だけじゃなく『自分がうつすリスク』、それによって『重症患者をつくるリスク』を考えた行動を心掛けてほしいです」

 児玉医師の「しんどい」状況の収束は、まだ先になりそうだが、一方で、「医師としての仕事」のやりがいも感じているという。

「新型コロナには、医師だけではなく、看護師、薬剤師などがチームとして立ち向かわなければなりません。誰もが必死に対応するなかで、チームワークの高まりを感じています。現状は、ストレスも大きく、しんどいのも事実ですが、同時に『このような状況に立ち向かえる医師になってよかった』という思いもあるんです」

(文・原子禅/AERAムック編集部)