2019年12月初旬、中国で発生したとみられる新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)は全世界で猛威を振るい、2021年2月12日の時点で感染者数は約1億777万人となっている。

 現在発売中の『医者と医学部がわかる2021』では、収束の道筋がいまだに見えないなか、コロナと闘う3人の医師たちの姿を取材した。第1回目、第2回目に続いて3回目は、世界での支援活動に力を注ぐ医師の使命をお届けする。

*  *  *
 新型コロナの感染拡大が全世界におよぶ中、紛争地や途上国などで医療・人道援助活動を行っている国境なき医師団(MSF)は、さまざまな困難に直面しているが、継続して世界での支援活動に力を注いでいる。

■コロナ禍のなかでも、活動は継続させる

 MSFはこれまでマラリアをはじめ、結核、エイズ、エボラ出血熱などの感染症とも向き合ってきた。

 国や地域によっては、新型コロナ感染における重症化や死亡例よりさらに深刻な疾病が存在する。外科医で国境なき医師団日本の会長を務める久留宮隆医師はこのように語る。
「MSFの活動はもっとも弱い立場にいる人たちへの支援を中心に行っています。日本にいると、平和だった状況が一変して新型コロナ一色になったように感じられますが、我々にとっては、数ある感染症の中の一つ。我々が活動している地域の紛争や疾病は、新型コロナによって終わるわけではなく、医療を待っているのは新型コロナの患者さんだけではない。重要なのはコロナ禍のなか、従来の活動を継続させることです」

 新型コロナの難しいところは、感染が全世界に及んでいるということだ。人や物の流れが妨げられ、活動自体の縮小を強いられてしまう。20 年上半期は、日本から64件の派遣を予定していたが、4割強が予定より遅れたり、キャンセルになったりした。

 国籍による入国制限や航空便の減便、各国の大使館がクローズになりビザが発行されない、PCR検査の陰性証明がないと渡航できないなど、さまざまな事情で活動が妨げられた。

■コロナ禍は人種や貧富の差を可視化させる

 久留宮医師がコロナ禍で感じるのは、「日本は医療に関してまだ標準的に治療がなされるケースが多いが、それに比べて海外はギャップが大きい」ということだ。

 人種や地域によって置かれている環境が違い、虐げられた環境にある人もいる。今後は、ワクチンが行き渡らない人たちが出てくることも予想される。

 今回の新型コロナの感染拡大は、世界がつながっていることを日本の人々にも示し、人種や貧富の差を可視化させる一つのきっかけにもなるはずだが、課題もある。

「アフリカなどでは、感染症患者の数を正確に把握するのも難しく、死亡率も非常に高い。ですから、実際には数に出ている以上に感染が広がっている可能性があります。また、南米から米国に流れる難民は、米国に入国できずメキシコに留とどまり、感染者数が増えていく。しかし、日本ではそういったニュースは入ってきません。自分の国や家族の安全は当然大事であり、一人ひとりが感染源、感染の宿主、感染経路の三つをコントロールすることはもちろん重要ですが、世界の状況にも関心をもってほしい。なぜなら、新型コロナを収束させるには、世界的な流行を止める必要があるからです」

 2004年からMSFの活動に参加した久留宮医師。原点は、中学生の頃に見た無医村で活動する医師のドキュメンタリー番組だ。「こんな医師になりたい」と志したはずが、いつしか知識や技術を身につけるためにエネルギーを費やす日々に明け暮れ、もう一度目指すべき医師像を見つめ直すため、一念発起した。

「私自身が、苦難を抱えながらもいきいきと生きている人たちに勇気づけられ、教えられています。施すものではなく、お互いの関係の中で必要とされることをやるのが、医療者の役目。MSFの活動によって、自分を変えてもらったという思いがあります」

 今後、世界は新型コロナという未知のウイルスとともに生きていくことになる。収束の見通しは立たず、感染のリスクや命の危険もあるが、混沌の中でも団員たちは現地に向かう。

「なぜなら、我々を待っている人たちがいて、行けばサポートを受け入れてくれるから。医療を届けられる喜びがあり、彼らの生きる姿からエネルギーをもらう。コロナ禍で困難は増していますが、待つ人に医療を届けることを、我々は決して途切れさせてはいけないのです」

(文・小坂綾子)