コロナ禍の外出自粛によって、心身ともに衰えるフレイルになりやすい状況だ。予防のためにはバランスのとれた食生活が大切。AERA 2021年2月15日号は、効率的に栄養を摂取できる商品を紹介する。

*  *  *
 フレイル予防に大事なのは食生活だ。「キユーピー」「大塚製薬」「ネスレ日本」「明治」の食品メーカー4社に、コロナ禍の今、現役世代にも有効なフレイル対策や予防におすすめの商品を挙げてもらった。

 キユーピーが推すのは、ドレッシングとゆで卵2個がまるごと詰められている「つぶしてつくろう たまごサラダ」(税抜き190円)。卵はたんぱく質を効率よく体内に吸収できるほか、豊富な栄養素を含んでおり、コロナ禍でも消費が伸びている食材だ。サラダとセットで食べると一層バランスよく栄養を摂取できる。

 新規市場開発室の猪熊道雄さんは「食べる直前にお客様のほうでゆで卵をつぶしていただくことで、手軽に自分好みの作りたてのサラダ料理を楽しむことができます。チルドパウチ総菜なので食べたいときにすぐに利用できます」とアピールする。ゆで卵1個と、あらかじめポテトサラダやマカロニサラダを詰めた商品(同190円)もある。

 良質な植物性たんぱく質が豊富に含まれている大豆は「畑の肉」と呼ばれている。その大豆をまるごと粉にしたグルテンフリーの生地に、フルーツやナッツなどの素材をたっぷり練り込んで焼き上げた栄養食品が、大塚製薬の「SOYJOY」(税抜き115円)だ。

■味にもバラエティー

 外出自粛や在宅勤務の増加といったコロナ禍の生活様式の変化で、食に関しては「食べ過ぎてしまう」「間食が増えた」、健康面については「筋肉が落ちた」「太った」など運動不足やカロリー過多に伴う不安やストレスを抱える人が増えていることが同社の調査で浮かんだ。広報担当者は「多くの人が新たな健康課題に直面している今、大豆たんぱくも取れ、糖質をコントロールしやすい低GI食品である『SOYJOY』が、カラダにうれしい間食習慣をサポートします」と呼び掛ける。

 ネスレ日本の一押しは、栄養補助飲料「アイソカル 100」(参考価格税抜き198円)。きちんと食べているつもりでも不足しがちな栄養を効率よく補給できる商品だ。わずか100ミリリットルの飲みきりサイズの中に、牛乳の約2.4倍のたんぱく質8グラムのほか、26種類のビタミンとミネラルが含まれている。

 マーケティング担当の葛井綾さんは「体づくりに大切なたんぱく質やビタミン・ミネラルを手軽に補うことができます。ストロベリー味、バナナ味、コーヒー味、あずき味、カフェモカ味、ミルクティー味の6種のバラエティーがあり、働き盛りも含む幅広い世代に、その日の気分に合わせて毎日飽きずに楽しむことができると好評です」と話す。

 明治が推薦するのは飲料の「明治メイバランスMiniカップ」(税抜き230円)シリーズ。少容量・高エネルギー(1本125ミリリットルで200キロカロリー)で、体に必要な6大栄養素(たんぱく質、糖質、脂質、食物繊維、ビタミン、ミネラル)をバランスよく配合した栄養食品だ。飲料以外に、ゼリーやアイスのシリーズもある。

 もともとは十分な食事を取りづらい病気の人や高齢者向けに食事の代替用として開発されたが、食欲が落ちがちな夏場を中心に幅広い世代に補助食品として活用されている。栄養マーケティング1部の安元敬亮さんは「体に必要な栄養を総合的に取ることができるため、食生活の乱れに気付きながらもうまく対処できていない若年層や、忙しい現役世代の栄養バランスのベースアップにもおすすめです」と訴える。

■選ぶときは注意も必要

 さまざまなメーカーがしのぎを削る栄養補助食品や健康食品を選ぶ際には注意も必要だ。

 厚生労働省は健康食品を選ぶ際に気をつけるべきポイントとして「成分名を見る」「含有量を見る」「問い合わせ先を確認する」の3点を挙げている。

 例えば、原材料表示に「ウコン抽出物」としか表示されていない場合、「どれくらいの量のウコンから」「どのような抽出方法で」「何を抽出したのか」が分からない。成分名の表示はあっても含有量の表示のない製品は、有効性も安全性も分からない可能性があるという。(編集部・渡辺豪)

※AERA 2021年2月15日号