放送作家・鈴木おさむさんが、今を生きる同世代の方々におくる連載『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は、この半年での体調の変化について告白。コロナ禍という環境の変化によるストレスが影響しているようです。


*  *  *
 逆流性食道炎で悩んでいます。ネットで見ると、最近若い人にも増えているのだとか。

 僕はかれこれ10年以上でしょうか。ある意味、逆流性食道炎のプロに近いです。

 逆流性食道炎とは、胃の中で胃液と混ざり合った食べ物や胃液そのものが食道に逆流する病気です。

胃液は強い酸性なので、胃から食道に向かって逆に流れてくることにより、ゲップが出たり、喉にすっぱいもの(プチゲロみたいな感じ)が込み上げてきたりします。突如襲ってくるときもあるので、いきなりのサプライズプチゲロが出そうになることもあります。

 胸やけもどんどん強くなっていき、最近の一番の悩みは寝られないこと。寝ていると、急に胃液が逆流してきて、起きてしまいます。体の位置を変えてみたりといろいろ試行錯誤。

 もちろん病院で本格的な診断と治療も何度か受けています。病院でいただいた薬を飲んで治療したこともあります。一度は治るのですが、しばらくたつとまた出てきます。

 胃を押されているような状態が長く続いて結構しんどいのです。胃から食道が焼けるような感じが続くと、このあとにもっと大きな病気になるんじゃないかと怖くなります。

 日常の生活習慣、特に食べ物が影響してくることはわかっているので、気を付けられることはやっているのですが、問題はストレス。胃酸の分泌は自律神経で調整されていて、ストレスは胃酸の分泌量や胃酸分泌のタイミングを変化させるらしく、それにより、ストレスが逆流性食道炎の発生に影響すると考えられるらしい。

 ストレスがさまざまな病気の元になるのはわかっていますが、ストレスばかりは、なかなか取り除けません。「ストレスのたまらないように」なんて言われても、それができたらやっています。

 リモート仕事が増えて、楽になってる部分と、しんどくなってる部分があります。ずっと家にいるので動くことが減り、ストレスが溜まってる。

 この半年、特に、寝ている時の逆流性食道炎により、寝ていても目が覚めてしまったり、熟睡できている時間が少ないのでとても疲れます。

 枕を高くすると、胃酸の逆流も防げるので、枕をかなり高くするのですが、そうすると今度は熟睡できない。

 そして枕を結構高くしているのに、胃液が逆流してこようとする。かなり手ごわい。

 家でできる対策を本格的に考えなければとネットを漁り、そんな中で、最近ネットであるものを知りました。逆流性食道炎向けの枕。専用というわけではありませんが、逆流性食道炎の悩みを持つ人に向けたものであることが書いてある。こんなものあるんだ。

 要は、背中あたりからの枕で徐々に高くなっている。

 そうなんです。枕だけ高くしても、ダメなようで、背中から徐々に高くなっているのがポイント。

 これを早速買って試してみました。寝てみると、寝心地はいい。背中が押し出されている感じがとてもいい。で、睡眠に入ると、やはり手ごわい胃酸。なんとか上がってこようとするのですが、以前に比べるとだいぶストップがきいています。

 何日か使ってみると、以前の苦しみが半減くらいはしています。

 うん。悪くないかもしれない。いいかもしれない。

 逆流性食道炎って一見地味なんです。なったことない人からしたら、たいしたことないと思われてしまう。だからこそ、この苦しみを共有してくれる人がいたら、もっと声をあげていこう。ゲップをおさえて!

■鈴木おさむ(すずき・おさむ)/放送作家。1972年生まれ。19歳で放送作家デビュー。映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。パパ目線の育児記録「ママにはなれないパパ」(マガジンハウス)が好評発売中。バブル期入社の50代の部長の悲哀を描く16コマ漫画「ティラノ部長」の原作を担当し、毎週金曜に自身のインスタグラムで公開中。主演:今田耕司×作・演出:鈴木おさむのタッグで送る舞台シリーズ第7弾『てれびのおばけ』が4月14日(水)〜4月18日(日) 下北沢・本多劇場で上演。YOASOBI「ハルカ」の原作「月王子」を書籍化したイラスト小説「ハルカと月の王子様」が2/19発売!