大きな地震が起こったら、地表の上にあるものは当然、大きな被害を受けてしまう。被害を少しでも減らすために、防災対策をアップデートしよう。小中学生向けのニュース月刊誌「ジュニアエラ」3月号では、東京大学地震研究所災害科学系研究部門教授の古村孝志さんに、ジュニアエラのキャラクター・コビンが聞いた。

*  *  *
――ボク、地震が怖くてしかたがないよ。

 そうだね。東日本大震災のような、たくさんの人の命や暮らしを奪ってしまう巨大地震が、いつくるのだろうと考えると不安になるよね。

――地震の予測って難しいの?

 現在の地震研究は、人間の健康診断みたいなもので、異常を見つけたから気をつけてくださいということはいえるけど、コビンが知りたいような、いわゆる地震の予知、いつ・どこで・どの規模の地震が起こるのかを予測できる科学技術は、世界中のどこにもないんだ。もしそういう情報がインターネットなどで流れていたら、それはデマだから、気をつけてほしいな。

――ニュースで何年以内に地震がくるとか聞くけれど、あれは本当?

 南海トラフ全域の地震に関しては30年以内にM8級の海溝型地震が起こる可能性が約70〜80%、また30年以内に首都直下地震が起こる可能性が約70%というのはさまざまな研究から指摘されているんだ。私自身も、今後こんな強い地震が起きるかもしれない、起きたらどれくらいの強い揺れとなって、どんな津波になるのかを研究しているけど、それはこれから起こりうる巨大地震に対して、どんな対策ができるかという備えのためのものなんだ。

――ボクたちができる地震の備えってあるの?

 地震に強い家づくりはとても大切なことなんだ。東日本大震災のような大津波の場合はどんなに頑丈な家をつくっても、家が津波によって流されてしまう恐れがあるから、津波がこない高台に家をつくるという対策が必要だけど、阪神・淡路大震災や今後心配されている首都直下地震の場合は、地震でも倒壊しにくい家づくりが重要となるんだ。

――でもボクは家を建てることなんてできないよ。

 コビンには、ご両親にいつ建てた家なのかを聞いてみてほしいな。もしも1981年以前だったら、地震に弱い古い設計の可能性が高い。コビンが住んでいる街(自治体)で、家の耐震診断のお金を補助してくれるはずだから、一度診断してもらうようにご両親に相談してみてほしい。

――ボク自身ができることって何かな?

 コビンはもし地震が起きたらどうする?

――すぐに机の下に避難するよ!

 家の中の家具は地震に備えて倒れないように固定しているかな?

――うーん、どうだろう?

 突然地震が発生したときに、家具が倒れてきてケガをしたり、下敷きになったりしたら何もできなくなるよね。それに避難しようとした空間にいろいろなものが置いてあったら、身を守れなくてこれまた大変なことになるね。

――いつもいる場所が安全かどうか、ちゃんと確認しておかないとだめだってことだね。

 命を守るためにまずやるべき備えと行動をとってこそ、地震発生後に必要な食料や水などの防災グッズが役立つんだ。

――もしも大きな地震が発生したときにひとりだったらどうしたらいいの?

 ご両親と離ればなれでも、携帯電話を持っているなら、LINEやメールなど通話じゃない通信手段のほうが連絡を取りやすい可能性があるよ。普段から家族でやりとりしているそういったツールを活用するのが一番いいよね。また携帯を持っていない場合は、家族と、万が一のときのための集合場所を話し合って、決めておいてほしいな。近所の人と仲良くなっておくことも大切だ。頼れる人がそばにいることはとても心強いからね。コビンは地震を怖がっていたけど、それは地震の備えに対する不安の裏返しでもあるんじゃないかな。不安への特効薬はただひとつ。地震がいつ起きても大丈夫なように、身の回りの安全確保をすませておくことなんだよ。

【備え1 家の耐震性をチェック!】
日本に多い木造住宅は、強い揺れによって倒れやすく、火災にも弱い。古い木造住宅の密集地も多い。耐震基準を満たしていない古い住宅は耐震化を進め、地震に強くする必要がある。個人の力だけでは難しいが、自治体に相談すると住宅の補強にかかる費用を補助してくれる制度もある。

【備え2 家の中の家具などをチェック!】
家具が倒れても下敷きにならないような配置にしたり、背の低い家具にしたりしたうえで、家具が倒れないように、壁などに固定しよう。

【備え3 よく使う道の危険をチェック!】
繁華街の看板やチェーンで固定されていない自動販売機などは、倒れたり落ちてきたりする可能性がある。古い住宅街のブロック塀が倒れたり、屋根瓦が落ちてきたりすることもある。危ないなと感じる場所は日ごろからチェックしておこう。

※月刊ジュニアエラ 2021年3月号より