東大100人程度、京大165人という狭き門である学校推薦型選抜(京大は特色入試)の合格者と聞いて、どんな顔が思い浮かぶだろうか。成績優秀であることはもちろん、絵や音楽が好きだったり、試験直前もゲームに熱中していたりなど、さまざまだ。「スーパー合格者」たちの高校生活に迫った。



*  *  *
 岐阜高から東大理学部に合格した辻圭汰さんは昨年夏、全国の高校生を対象にしたコンテスト「物理チャレンジ2020」でエリジオン賞(最優秀賞)と金賞を受賞した。歴代受賞者は筑波大附属駒場高(東京)など有名進学校の生徒が多い。その中で地方公立校生として健闘した。

 小学生時代、科学雑誌「ニュートン」を読んで宇宙での物理現象に関心を持つようになった。父親は勉強や進路については口を出さず、代わりに「興味を持ったことにはとことん打ち込んで」と言った。高校では自然科学部物理班に所属。将来の夢は物理学者だ。

 勉強の合間にゲームをすることはあるのか聞くと、「やるよりも作るほうですね」。趣味はプログラミング。将棋に近いルールのオンラインゲームを自作したこともある。小説や漫画も好き。都を奪われた王子が忠臣を増やして国を奪還するという、中世の中東をモデルとした国を舞台とした『アルスラーン戦記』がお気に入りだ。

 上京したら、古本屋巡りをしたいという。

「東大周辺は古書店が多い。科学や物理の本を歩いて探し回りたいです」

 横浜翠嵐高(神奈川)から東大農学部に合格した毛防子(けぼうし)璃奈さんの将来の夢はクジラ研究者だ。

 幼いころから海洋生物好き。学校推薦型選抜で提出した書類では、高校1年時に「水槽コンテスト」(新江ノ島水族館主催)に挑戦した経験をアピールした。一般の人が水槽のデザイン・展示を行い、来館者の投票でグランプリを決めるイベント。友人とともに応募し、「作品」を展示してもらえた。入賞は逃したものの、こう振り返る。

「不特定多数の人に作品を披露する経験は初めてで、新鮮でした」

 3歳のとき、千葉・鴨川シーワールドで見た白イルカが記憶に強く残り、小学校に入ると生き物に関する本を読みあさるようになった。特に心を引かれたのがクジラだ。

「イルカもクジラも、広い意味では同じグループ。種のなかの多様性に魅力を感じました」

 東大進学が視野に入るようになったのは中学時代。東大大気海洋研究所の佐藤克文教授の著書を読み、「データロガー」という小型記録計で生き物の行動を研究する手法があると知った。佐藤教授の下で研究がしたいと思ったという。

「入学していろんな分野の第一人者に会えるのは楽しみです」

 開智未来高(埼玉)から教養学部に合格した高澤美優さんは、こう喜ぶ。

「どうしても東大に行きたかった。まだ夢なんじゃないかと思います」

 才能発見プログラムという高校の授業で、北アイルランド紛争問題をテーマに選び、3年間研究した。大学に出した書類では、1年時にアイルランドに短期留学し、インタビュー調査した行動力をアピールした。

 東大に行きたいと考えるようになったのは小学6年のとき。韓国での国際キャンプに参加し、外交官に興味を持ったことがきっかけだった。

「外交官は国家公務員。(国家公務員試験で最も合格者が多い)東大に行くのが一番だと思いました」

 高校の部活動では探究部に所属。生徒が各国大使に扮して国連会議をシミュレーションする「模擬国連活動」を通じて、国連職員にも関心を持つようになった。

 趣味は音楽、特に洋楽を聴くことだ。受験勉強でストレスがたまったときには大声で歌って解消した。大学ではケルト音楽愛好会に入りたいという。

 開明高(大阪)から京大農学部に合格した高本明(こうもとめい)さんは、特色入試の面接時に「コロナ禍で頑張ったこと」を聞かれ、とっさに「育児」と答えた。1歳になる姉の子(めい)のことで、勉強の合間に寝転がってふざけ合ったり、追いかけっこをしたりして遊んだ。

「面接官の方は笑っていましたが、今考えるとポイントだったのかなと思います」

 将来の夢は生物学者。幼いころ、祖母から植物の名前を教えてもらい、興味を持つようになった。

「動物と違って、植物はコミュニケーションが取れない。にもかかわらず、なぜこれだけ種類が多いのだろうと」

 受験勉強の息抜きでも、生物分野の英語論文を探して読んだ。誰かに勧められたわけではなく、スマートフォンで検索してたまたま見つけた論文がおもしろかったのがきっかけだという。

 趣味は美術館巡り。特に風景画の巨匠ターナーや17世紀バロック絵画の代表者ルーベンスの作品が好きだ。今は、京都に思いをはせる。

「高校時代に行けなかった京都の美術館や博物館に足を運びたいです」

 桃山学院高(大阪)の井上晃太朗さんは自由な校風に憧れて京大を志望し、経済学部に合格した。

 特色入試では発展途上国への関心をアピール。

「コロナ禍でワクチンが一部の国に偏っているというニュースを見ました。アメリカでは食糧支援の活動も始まっていますが、日本では盛んでないことが気にかかりました」

 将来の進路は模索中だが、NPOでの活動にも関心があるという。

 ソーシャルゲーム(SNS上のオンラインゲーム)が趣味だ。入試直前でも1日3時間を費やす日もあった。ただ、その後は気持ちを切り替え、1日平均4〜5時間ほど勉強に集中した。

「自分の場合、他にやりたいことがあるのに勉強しても集中しづらい。遊びと勉強のメリハリを大事にしました」

 今の気持ちをこう話す。

「合格は確かにうれしいですが、ここがゴールではないなとも思います。大学生活に備えて新たな目標を定め、それに向けて頑張っていきたいです」

(本誌・松岡瑛理)

※週刊朝日  2021年3月5日号