日本の子どもの精神的幸福度は先進国の中でほぼ最下位――。そんなデータが、2020年にユニセフの報告書で発表された。22年度から高校の保健体育の授業で「精神疾患」が教えられることになり、今後の学校教育に期待されることは何か? 文部科学省初等中等教育局健康教育・食育課の健康教育調査官、横嶋剛氏に聞いた。



*  *  *
――教育課程の基準とされている「学習指導要領」の改訂が行われ、22年度から高校の保健体育で精神疾患の授業が始まります。「心の健康」に関する授業は、すでに小学校、中学校、高校すべてで行われているそうですね。

 子どもたちの「身体的な健康」の状況は、学校保健統計調査などで、どういう病気の子どもが何人いて、どの病気が増えた、減ったというデータは出てきて、ある程度は把握できますが、「心の健康」は見えにくいんですね。とはいえ、現場の先生はじめ教育にかかわっている人たちは、子どもたちの心の健康がこれまで以上に大きな課題になってきていることは実感していると思います。

 2020年に発表されたユニセフの報告書「レポートカード16」の中に、大変興味深いデータがあります。OECD(経済協力開発機構)の加盟国、または欧州連合(EU)に加盟する国々(41カ国)のほとんどは先進国ですけれども、「子どもの幸福度」のランキングを公表しているんですね。日本は「身体的な健康」は38カ国中1位なのに、「精神的幸福度」は37位、つまりほぼ最下位でした。

 この精神的幸福度は、15歳時点の生活満足度の高い子どもの割合を指標の一つにしています。15歳というと中学3年から高1ぐらい、日本はその学齢の子どもたちの生活満足度が低いんですね。さらに日本は15歳から19歳の若者の自殺率がきわめて高くなっています。

 今回、高校の学習指導要領に「精神疾患の予防と回復」が盛り込まれたため、高校だけが大きく取り上げられがちですが、現代的な健康課題として心の健康は学校教育だけでなく、社会全体で非常に重要視されてきています。今回の学習指導要領の改訂では、小中高すべてで心の健康に関する内容をより重視し、内容の充実を図りました。

――小学校から心の健康について学ぶことが重要ということでしょうか。

 はい。現在、心の健康については、小学5年で初めて学ぶんですよね。ある小学校で5年生の担任をしている先生から、こんな話を聞いたことがあります。その先生が「不安や悩みへの対処」の授業の前に、子どもたちに「不安や悩みはありますか」とアンケートを取ったところ、ほとんどの子どもたちが「ない」と答えたんだそうです。

 その後授業で子どもたちに、「テストの時に緊張して夜眠れなかったことはあるかな。友だちとケンカをして不安な気持ちになったとか、小さなことでもいいから挙げてみよう」と声掛けをすると、子どもたちもいろいろ思いつくわけです。その中で「ああ、不安や悩みというのはこういうことなんだな」「結構悩みはあるものだな」と気づく。ではそれをどのように解決したらいいんだろうと授業を進めていく中で、たとえば「学校の先生に相談しよう」とか、「ちょっと体を動かしてリフレッシュしよう」とか、「家族に話してみよう」とか、そういったさまざまな対処法を子どもたち自身が導き出していく――。授業の後のアンケートでは「自分に不安や悩みがあることがわかった」という回答が多かったそうです。

 中学校でも、心の健康を保つには、適切な生活習慣を身につけるとともに、欲求やストレスに適切に対処することが必要であることを学びます。その知識をもって高校で精神疾患を学ぶということがすごく大事です。

 つまり、高校で突然「精神疾患とはこのような病気である」という疾病概念をただ学べばよいわけではなく、小中高それぞれの発達段階に応じた学習内容を体系化して学んでいくことで子どもの理解を深めることができると考えています。

――授業で子どもたちが精神疾患の知識を持つことで、自分自身の病気に気づくことができるのではないでしょうか。さらに早期治療につなげる効果も期待できそうです。

 そうですね。「病気に気づく」ということに関しては、まず子どもたちが自分の心やからだの健康について理解すること、そして学校現場で子どもたちを指導している教師、さらに保護者も理解すること、この三つの視点が大事だと考えています。

 子どもたちは、精神疾患の知識がなければ症状を感じてもそれが精神疾患によるものかもしれないとは思わないでしょう、教師も子どもの不安や悩み、心の病気になかなか気づけないというのが現実です。さらに保護者は気づけないこともあるでしょうし、病気だと認めたくない思いもある。学校にも相談しにくい状況で、結果として病気が見逃されてしまうことも少なくないでしょう。

 精神疾患が学習指導要領に盛り込まれたことで、子どもの理解はもちろんのこと、指導する側の教師の理解も併せて進むのではないかと思います。

 また、学習指導要領の柱の一つに「社会に開かれた教育課程」というキーワードがあります。 教育課程自体は学校のカリキュラムですが、学校で学習していることを積極的に発信し社会との連携及び協働によりその実現を図っていきましょうと。心の健康や精神疾患に関する内容も健康教育の中で取り上げられていくんだということをその背景も含めて保護者や地域に発信することによって、理解も深まってくるのではないかと期待しています。

(文・熊谷わこ)