子育てに悩みはつきないものですが、悩みの中身は子どもの年齢により変わります。「AERA with Baby」が保護者を対象に行った、乳幼児期の子育てで困っていることについてのアンケートでは、「寝かしつけ」についての悩みが多く寄せられました。悩みを和らげる方法はあるのでしょうか? アエラムック「AERA with Baby 解決!子育ての基本の悩み」の記事を紹介します。



*  *  *
 一日のほとんどを寝て過ごすと言われる新生児。しかし、どの赤ちゃんもだいたい2〜3時間ごとに授乳や排泄で目を開けます。「胎児期は40分から60分の睡眠周期と言われており、生まれたばかりの赤ちゃんには、この睡眠リズムが残っているのです」と話すのは、同志社大学赤ちゃん学研究センター副センター長で小児科医の渡部基信先生です。生まれた頃3時間ごとに目覚めていた赤ちゃんも、生後3カ月くらいになると、全身の体内時計が少しずつ24時間周期にあわせようと変化しはじめるようです。

「昼間に比べて夜の方が寝る時間が長くなってきます。2歳頃までには昼は起きて夜は眠るという体内時計リズムが完成していくのです。だから、2歳までに生活リズムを整えてあげることが大切になるのです」

 具体的に睡眠リズムをどのように整えていけば良いのでしょうか。

 私たちの睡眠には2種類の状態があります。体は眠っているのですが、脳はまだ動いている浅い眠りの状態のレム睡眠、脳もしっかりと休息し、深い眠りについているノンレム睡眠の二つです。最近は大人の睡眠についての話がメディアなどで取り上げられることもありますが、質の高い睡眠に関係してくるのもレム睡眠、ノンレム睡眠です。

 大人の場合、一晩におけるレム睡眠の割合は20〜25%と少なめですが、生まれたばかりの赤ちゃんは、レム睡眠とノンレム睡眠の割合が半々くらいの状態なのだとか。渡部先生によれば「人間は、はじめから二つの睡眠状態を持っているわけではない」といいます。

「おなかの中にいる赤ちゃんを見てみると、最初に表れるのはレム睡眠の状態です。妊娠35週あたりからノンレム睡眠が出始めて、おなかから出てくるとだいたい半々になります。その後、レム睡眠は徐々に少なくなり、大人の睡眠割合に近づいていくのです」

 規則正しい睡眠リズムを整えるのに欠かせないのが光です。日中は日の光を浴び、夜は明かりを優しくすることでメリハリをつけてあげることが寝つきのよさに繋がるのですが、電気の普及した現代では、自然にはそうなりません。加えて、最近はコロナの影響で外出を控えている家庭もあります。感染予防には細心の注意が必要ですが、日中のお散歩などは取り入れるといいでしょう。

「昼間室内であまり光に当たらずに過ごし、夜は電気をつけるとなると、体は昼夜がわからなくなり、睡眠リズムを整えるのが難しくなります。そして、注意したいのがママやパパが見るスマホやタブレットの光です。大人でも近距離でスマホの光を浴びると寝付きが悪くなることがわかっています。最近は赤ちゃんにスマホやタブレットを見せるご両親が多く、この問題は赤ちゃんにも当てはまります。スマホの光が視界に入ることで寝付きが悪くなり、夜10時を過ぎても寝ないという子も出てきているのが現実です。睡眠リズムを整えるには、親の配慮が必要です」

 乳幼児期に夜間に十分な睡眠がとれず生活のリズムが乱れると、保育園や幼稚園、小学校に通い始めてからはもちろん、将来、社会生活を送る上でも困ってしまいます。小さいうちにしっかりと整えてあげるのがいいようです。

【赤ちゃんの眠りに関するQ&A】

Q、夜泣きがひどくて困ります。

A、目を覚ましたらすぐにおっぱいをあげたり、抱き上げてあやしたり。実は、これが夜泣きが収まらない原因になることも。泣けばおっぱいをくれるという刷り込みになり、寂しいだけでも泣いておっぱいをもらおうとする赤ちゃんもいます。また、おっぱいをもらうために定期的に目をさましてしまう悪循環にもつながります。6カ月を過ぎて、離乳食も始まっているのに夜中に何度も起きる場合には、就寝中に頻繁に授乳するのは控えましょう。浅い眠りから深い眠りへと自力で戻っていく力をつけるために、体を優しくトントンとたたくくらいにして、"構いすぎない"という姿勢も大事です。

Q、寝付きをよくする方法はありますか?

A、お風呂と寝付きには、相関関係があると言われています。入浴直後のほてった体は1時間ほどで冷めはじめます。体が冷めていくときに一番眠気がやってきますが、入浴後起きている時間が長くなると寝付きが悪くなります。また、寝室に入ってから、遊んだり、スマホやタブレットを使ったりしていると興奮して眠れません。「寝室は暗く、寝るところ」と子どもに教えることが大切です。

Q、抱っこして揺らしながらでないと寝ません。

A、抱っこして寝かしつける習慣をつけてしまうと、布団に置いた途端に泣き出すことがあります。布団に寝かせて軽くトントンして寝かせる習慣をつけることで、寝かしつけの短縮にもつながります。

Q、親が寝るまではリビングに一緒にいるため、赤ちゃんが寝ていても電気の光を浴びている状態です。睡眠に影響しますか?

A、目を離すのはよくないという理由で、親が寝るまでリビングに赤ちゃんを寝かせている家庭もありますが、睡眠の質を考えると、周囲が明るい状態では、どうしても眠りが浅くなります。できれば、電気の光の当たらないところで寝かせておくようにしましょう。

(フリーランス記者・宮本さおり)

※アエラムック「AERA with Baby 解決!子育ての基本の悩み」より