東京都立日比谷高校の生徒、教職員、OB・OGは喜んでいるという。

 今年、同校からの東京大合格者は63人を数え、高校別ランキングで全国9位。約半世紀ぶりに60人を超えたのだ。1970年の99人(5位)以来ということになる。71年は57人で、それ以降は2016年の53人が最多だった。



 だが、50年代、60年代の日比谷高校はこんなものではなかった。東京大合格者数ではぶっちぎりの1位を続けていた時期がある。

 その絶頂が64年だった。なんと193人も合格者を出している(ランキング参照)。

 60年代前半、日比谷からの東京大合格者は60年141人、61年171人、62年186人、63年168人、64年193人、65年181人だった。

 なぜ、日比谷はこんなに強かったのか。

 日比谷高校の前身は1878(明治11)年創立の東京府第一中学(のちに府立一中、都立一中などに改称)である。旧制第一高等学校(現在の東京大)への進学者が多く、官僚や学者を育てるエリートコース「一中、一高、東大(帝大)」の起点とみなされていた。実際、都内の成績優秀な生徒が集まってきた。

 戦後、六三三四制という新しい教育体制になり、一中は日比谷高校に生まれ変わったが、「日比谷に入れば東大は近い」というエリート校の役割は引き継がれていく。新制の東京大が誕生した49年から60年代後半まで、東京大合格者数でトップを続けていたのである。

 このころ、日比谷高校に入るため、中学生は猛烈に受験勉強をしていた。56年から都立高校入試は9教科となった(国語、社会、数学、英語、理科、音楽、美術、保健体育、技術・家庭)。900点満点の試験で、日比谷に合格するためには830点以上必要と言われていた。平均92.2点であり、他の都立高校よりも高かった(当時の高校受験資料から)。なお、都立高校を受験するためには都内の中学を卒業しなければならない。そこで、他県から都内の区立中学に転校してくる教育熱心な家庭もあった。

 東京大など難関大学に進むために日比谷に入りたい。成績優秀な中学生の高校受験パターンとして、第1志望が日比谷、第2志望が開成、武蔵、早稲田大学高等学院、慶應義塾、東京教育大学附属、東京教育大学附属駒場であることが少なくなかった(当時、武蔵は高校からの募集があった。東京教育大学は現在の筑波大学)。

 当時、日比谷ではどんな授業を行っていたのか。193人の東京大合格者を出した年の前年、同校の進学指導主任教諭、加川仁氏が『必勝大学受験法』を著している(63年、講談社)。サブタイトルに「<東大入学日本一>の勉強法をあなたに」とある。その一部を引用しよう。

「わたくしどもは、補習授業をしたり、超学年制をとったりすることが、高校としてまちがっているだけでなく、受験のためにも決してプラスにはならない、と信じています」

「まず、本校ではテストの回数を極力減らしている(中略)テストをたびたびすることは、自発的学習のじゃまになる」

「一、二年生に対しては、入試関係の話は極力避けるのが方針」

 別の日比谷の教員は、東京大193人合格についてこんな談話を寄せている。

「東大の合格者数は昨年に比べ二六名ふえたが、その理由は低調だった昨年の現役(ことしの一浪)が活躍したからであろう。事実、一浪合格者は八九名から一〇七名にのぼった。本校は現役の生徒には、受験のための補習授業はいっさい行なわない。学校での学習はいわゆる授業徹底主義で、一科目一〇〇分の授業をフルに活用する。わからないことは最後まで突っ込み、授業の内容は相当に深い。この授業徹底主義こそが、受験勉強としてもっとも大切なことであろう」(「螢雪時代」64年5月号)

 同年、東京大に合格した日比谷高校出身者は、通信添削の増進会(現・Z会)機関誌の座談会でこう話している。

「現代文は授業がたいせつだと思います。ぼくたちは、自分で一つの作品を選び、それを授業時間のとき、研究発表をするんです。生徒同士でやっているから、親しみもあって、先生がやるときよりも活発に質問が出る。そうしたことが力になりました」(「増進会旬報」64年8月1日発行)

 授業の大切さや予習復習の重要性を説いた内容である。教える側も旧制一中から教壇に立っているベテラン、大学入試に精通した受験指導のプロ、学問分野をきわめた教養人などがいた。70〜90年代、受験の英語で一世を風靡した『試験に出る英単語』の著者、森一郎氏はその代表格であろう。

 もっとも、他校の進路指導教諭にとっては、日比谷は各地域の中学の1、2番が集まっているから、こういうスタイルの授業でも東京大受験に対応できるのであって、どの高校にも通用するわけではない、と冷ややかに受け止めていた。

 なお、「超学年制」とは、私立中高一貫校に見られる、高校2年修了時に3年までの課程を修了させることである。当時、東京大合格者数を増やしていた「超学年制」の灘高校を暗に批判しているともとれる。

 日比谷高校の64年東京大合格者193人は、のちの開成高校の98年205人、92年201人、2012年203人に次ぐ多さである。

 だが、その現浪別でみると、現役71人(36.8%)、浪人122人(63.2%)となっている。これほど浪人が多いと、現役志向が強い昨今の風潮からすると評価がむずかしいところだ。ちなみに灘高校の東京大合格者は56人(9位)、うち現役は41人で73.2%にのぼっていた。「超学年制」のメリットが生かされたのだろう。

 日比谷の浪人生の多くは駿台高等予備校(現・駿台予備学校)あるいは日比谷高校補習科に通っていた。

 補習科とは当時、五つの都立高校に設置されていた浪人生向けの講習会である。予備校的な役割を果たしていた。河合塾の前理事長、河合弘登氏は1965年に日比谷高校を卒業後、同校の補習科に通っていた。こうふり返っている。

「東大受験に落ちた私は、補習科に入る試験を受けると同時に、駿台予備学校の入学試験も受けました。なぜ河合塾ではなく駿台だったかというと、そのころ河合塾はまだ東京に進出していなかったからです。両方合格したので、日比谷高校の補習科に行くことにしました。同じく東大受験に失敗した仲間もみんなそうしたからです。

 でも、補習科は、高校時代と教室も同じ、教える先生も同じ、周りも同じ顔ぶれ。何もかも高校時代と変わらないため、気持ちがうまく切り替わらず、結局、2度目の東大受験にも失敗。結果、併願していた慶応義塾大学経済学部に進むことにしました。あの時、補習科ではなく駿台を選んでいたら、東大に受かっていたかもしれないと後から思うことがよくあります(笑)」(NIKKEI STYLE「出世ナビ」2018 年2月12日)

 なお、補習科は1968年に廃止されている。公費で実質的予備校の経営はけしからんという理由だった。

 当時、国立大学附属や私立の中高一貫校よりも、西、戸山、新宿、小石川など「都立名門校」がブランド力を持っており、超優秀な生徒が集まった。教員も優れていた。補習科という日比谷に設置された予備校がバックアップした。日比谷が多くの東京大合格者を出したのにはさまざまな要因がある。

 しかし、日比谷の東大合格者数は1968年、1人差で灘高校に抜かれてしまう。日比谷の田中喜一郎校長(当時)はこう語っている。

「別にショックを受けていないし、残念だとも思わない。まあ、うちは特別に受験教育をすることを避けていますからね。灘のようにはいかんでしょう」(「サンデー毎日」(68年4月7日号)

 相当、灘を意識している。

 67年の学校群制度導入により、日比谷はほかの2校と「学校群」を組み、単独での受験が不可能になる。日比谷に振りわけられなかった受験生は開成や武蔵、国立大学附属、早慶の附属・系列校に進んだ。

 70年代に入って日比谷の東京大合格者数は減少の一途をたどっていく。

 日比谷の学校史にこんな記述がある。

「この制度が、創立以来の本校の歴史と伝統に反するのみならず、受験生の志望を生かせないものであるとして、極力この実施に反対の意向を表明したのであるが、『中学校における入試準備教育の過熱』を緩和するという、都教育委員会の方針に、やむなく従わざるをえなかったものである」(「日比谷高校百年史」79年)

 悔しさが読み取れる。

 そして、約半世紀ぶりに60人以上の合格者を出した2021年。これまで最多の193人だった1964年と共通項がある。東京オリンピック開催である。

 64年、日比谷はこんな歴史を刻んでいる。

「この年の大きい話題は10月の東京オリンピックの開催で、生徒の団体見学の扱いがあり、本校では五五四名の希望生徒が見学した」(同)

 2021年、日比谷の生徒は開催が微妙なオリンピックを見学できるだろうか。

(文/教育ジャーナリスト・小林哲夫)