携帯番号の下4桁を足した合計数字による鑑定で、大人気の琉球風水志のシウマさん。AERA 2021年4月12日号は、仕事の悩みを解決する数字、リモートワーク運を上げる方法などを聞いた。



*  *  *
 仕事運を上げる方法を教えてくれるのは、「突然ですが占ってもいいですか?」にも出演中の琉球風水志シウマさんだ。

 そもそも琉球風水とは何だろうか。

「風水というと、Dr.コパさんの西に黄色のものを置く、をイメージする方も多いかもしれません。琉球風水はちょっと違って、元々は地理学なんです。その時の環境、状況を見て国づくり、街づくりをしてきた」

 風水は沖縄方言では「フンシー」と言う。かつて琉球王府には風水師(フンシミー)という役職があり、首里城の選定立地も風水思想に基づいているという。

 母親も風水師で、自身の師匠であるというシウマさん。学生時代に野球をしていた頃は、ライバルチームのエースの名前や生年月日、背番号などから母親が分析し、「強気な性格のはずだから初球から決め球を投げてくるぞ」などとアドバイスをくれて、その通りになる不思議を目の当たりにしてきた。

 シウマさんによれば琉球風水では「ルールはあってないようなもの」だという。

「西に黄色は確かに金運アップするけれど、黄色は嫌いとか、インテリアに合わないという場合は、その気持ちのほうが大事だと琉球風水では考えます」

 琉球風水は動くことで気の滞りをなくすことを重要視するが、整理整頓や断捨離はなかなか腰が重いのも事実だ。

 そこで琉球風水とともにシウマさんが用いるのが、姓名判断や数秘をベースにしたオリジナルの「数意学」。

「人は数字で動くことに慣れているし、暗証番号などの数字はすぐに変えることができます」

 子どもの名付けで画数を気にする人が多いように、数字には固有のエネルギーがあり「吉数字」「凶数字」があると考えられている。

 シウマさんを一躍有名にしたのは、携帯番号の下4桁を足した合計数字で鑑定する方法。持っている本人に影響を与えやすく、自分の意思で変えられるため、開運のポイントになりやすいのだという。

 信じる・信じないではなく、「行動すること」自体が流れを変えてくれるのだ、とシウマさんは強調する。

 身の回りの数字を変えることで、その数字からパワーをもらうのがシウマ流。例えば仕事運全体を上げるなら「21」、女性の場合は「11」の数字もオススメだという。

「会議の開始はできれば00分よりも01分のほうがいいです。初めにスイッチがしっかり入り、会議が捗ります」

 こうした数字は見えるところに書いて貼っておくのもいいが、工夫次第で様々な使い方がある。

 例えば苦手な上司とうまくコミュニケーションをとる「35」という数字なら携帯の登録名を「○○部長35」にする、奇跡を起こす「6」なら名刺を6枚名刺入れに入れておく、話が長い上司の椅子の裏に「25」のシールを貼る、など。ネイルのデザインとして描いてみたり、その数だけストーンをのせるといった楽しみ方もある。あれもこれもと欲張ると数字の力は分散してしまうため、変えるのは1カ月に1回程度がいいとのこと。

 机周りの環境は、まずは必要以上にものを置かないこと。琉球風水では、「気の滞り」が一番良くないものとされているからだ。

「空気を滞りなく動かしてくれる空気清浄機やサーキュレーターを置くといいと思います。植物は呼吸していますから、観葉植物を置くのもいいですね」

 仕事運を上げてくれるアイテムは文房具。卓上カレンダーやアナログの時計など「時を刻む」ものも相性がいい。

「名刺交換の機会が減り、名刺を作らない人も増えていますが、名刺は持っているだけで運気が上がります。リモートワークでも手の届くところに置いてみて」

 カラーではブルー系が仕事運を上げてくれる。

「特にターコイズブルーには処理能力が高まる、先読みできるという力があります」

 アイテムをブルーで統一したり、デスクトップの背景(壁紙)を青い海や空などの写真にする手もある。ちなみにシウマさんのZoomのバーチャル背景も水色のものが設定されていた。

 続くコロナ禍でリモートワークもすっかり常態化したが、自宅でのリモートワーク運を上げるにはどうしたらいいのか。

「本来は家は充電する場所で、仕事は外で行うもの。仕事が家に持ち込まれている状態はアンバランス。切り替えをするためのスイッチが必要となります」

 オンライン会議のとき、見えているところだけではなく、服装やメイクを整えて「何かあったらいつでも外に出られるような状態」を保つのがいいという。

 また、机の向きや自分が向く方角を変えるだけでもその方角が持つパワーをもらうことができるそうだ。

 会計や数字に関する仕事が捗るのは東の向き。デザインやファッション、美容などの仕事であれば南を向くのがいい。

「“魅せる力”と相性がいいのが南。直感がとぎ澄まされ、発想が湧いてきます」

 一方、飲食やエンタメなど、「おもてなし」系の楽しませる仕事であれば、西。

「“遊び心”というパワーをもらえます。ただ、仕事を早く終わらせて遊びたくなってしまう可能性もあるのでそこは気をつけて」

 北と相性がいいのはミスが許されない仕事や、冷静さが求められる仕事。

「語学や試験勉強、資格取得などとも相性が良く身になりやすいです」

(編集部・高橋有紀)

※AERA 2021年4月12日号