「聞こえているのに聞き取れない」という悩みを聞いたことはあるだろうか。近年注目されている「APD」(聴覚情報処理障害)だ。現在発売中の『「よく聞こえない」ときの耳の本 2021年版』(朝日新聞出版)から、当事者たちの苦悩を紹介する。

*   *  *
 Aさん(25歳)が「自分は耳が悪いのかもしれない」と気づいたのは、念願の小学校教員になった直後でした。授業中の児童の発言は聞き取れるのに、休み時間の騒音の中では何を言われているのかわからない。校長の訓話も、途中から内容が理解できなくなる。しかし、耳鼻科で検査しても異常は見当たりませんでした。

 必死で聞こうと努力したAさんですが、自信を失い休職に追い込まれました。そんなとき、偶然みたテレビのニュースで「聞こえているのに、聞き取れていない」という障害が特集されていたのです。「自分と同じだ!」と感じたAさんは、国際医療福祉大学の小渕千絵さんのもとを訪ねました。

 AさんはAPD(聴覚情報処理障害)の症状をもっていました。音を聞き取る機能は正常にもかかわらず、雑音が多いと聞き取れない、指示を最後まで理解できない、耳だけで内容を覚えられない、などの困難が生じます。

 一般的な難聴の場合、音を集めて脳に送る「耳の中の伝達経路」のどこかに問題が起こって聞こえにくくなります。しかしAPDの場合、問題は耳ではなく、音を認知する脳にあるのです。

 脳の問題で聞こえにくい、とはどういうことなのか。小渕さんはこう話します。

「私たちは常にさまざまな音を聞いていますが、その中でも『注目すべき音』と『聞かなくてもいい音』を脳が区別して、大事な音に注意を向けて理解し、記憶しているのです。ところが生まれつきこれらの能力に弱点があると正しく聞き取れなくなります。それがAPDです」

 日本ではここ数年でようやくAPDの認知度が上がり、受診者も急増していますが、欧米では難聴と同じくらいAPDの研究も進んでいるそうです。

「日本の場合、大人になって仕事や人間関係に支障が出て初めて気がつく人が多いのですが、実際には幼い頃から症状があったはず。欧米では子どものうちにAPDを見つけてサポートする態勢が整っているので、特性に合った学習環境や進路選択が可能です。日本では単に『ボンヤリした子』『話を聞かない子』と思われ、叱られて自信を失うこともあります。早期発見はとても重要です」

 子どもの場合は発達障害による注意力の欠陥、コミュニケーション能力の低さがAPDの原因にもなりますが、そればかりではないと小渕さんは言います。

「音に注意する力や、相手の話を記憶しながら聞いていく力が人より少し弱いという場合もあります。原因はお子さんによって違っているのです」 

 APDと気づいた場合、どんな治療法があるのでしょうか。

「APDの人の場合、聞く力は正常です。静かな環境で話す、大事な指示はメールやメモで伝えてもらうなど、環境の工夫などで乗り越えることは可能です」

 サポート機器としては、音声の送受信機が役立つそうです。

「小学2年生のBくんの場合、先生がマイクのついた送信機をつけて授業し、Bくんは受信機で聞き取ります。それでも教室がざわつくと聞こえなくなるので、まわりの席の子が『静かに』と合図するなど、クラス全員がBくんに協力しています」

 補聴器やノイズキャンセリングヘッドホンも、人によっては有効なこともあるそうですが、本人が「聞き取りが苦手」という特性を自覚し、困難を減らす工夫をすることがもっとも重要だと小渕さんは言います。

「冒頭に登場したAさんはいま、少人数で授業することが多い特別支援学校の教員を目指そうと気持ちを切り替えました。困難を持つ子どもたちの教育に、Aさんの経験はきっと役立つのではないでしょうか」

<APDの4つのタイプ>

(1)脳損傷タイプ……脳梗塞や脳出血などのダメージが原因
 脳がなんらかの損傷を受けたことで、音を聞き取る聴神経などの機能が片側だけダメージを受けた場合。両耳だと言葉の意味がまったく理解できないこともある。CTやMRIなどの検査で脳のどこに障害があるかわかる。

(2)発達障害タイプ……認知機能の発達がアンバランスな場合
 自閉スペクトラム症やADHD(注意欠陥多動性障害)などがあると、耳からの情報を認知する力が弱い傾向が。また、注目すべき音にうまく焦点をあてられない、相手の言葉の意図を推測できないなども聞き取れない要因に。

(3)認知的な偏りタイプ……不注意・記憶力が弱いと聞き取りが難しくなる
 発達障害ほど認知的なアンバランスがあるわけではないが、ちょっとした不注意や、記憶力に弱さがあるケース。相手の話に注意を向ける力、話の内容を理解しながら記憶していく力が弱いためAPD症状が出やすくなる。

(4)心理的な問題タイプ……ストレスによって突然APDを発症することも
 あるとき突然聞こえなくなった場合、大きなストレスがあるなど、なんらかの心理的な要因が考えられる。不安があって何を聞いてもうわの空になってしまう場合も。ストレスの原因がなくなるとAPDの改善が期待できる。

【監修】
小渕千絵(おぶち・ちえ)さん
国際医療福祉大学成田保健医療学部言語聴覚学科教授・言語聴覚士

(文/神素子)
※『「よく聞こえない」ときの耳の本 2021年版』から