「え、なんて?」最近聞き返すことが増えてきたけれど、困っていなければ大丈夫と思っていませんか。医師は、聞こえに関して「5つの誤解」があるといいます。現在発売中の『「よく聞こえない」ときの耳の本 2021年版』(朝日新聞出版)から紹介します。



*   *  *
誤解1 加齢性難聴は生活習慣などで予防することができない

 加齢性難聴の発症には、複数の遺伝的要因と環境要因が関与していると考えられています。ただし、科学的にはまだ詳しく解明されていません。

 加齢にともなう難聴は老化現象の一種であるため、進行を止めることはできないものの、加齢以外の原因を避けるという意味での予防は十分に可能です。騒音環境を避け、生活習慣を見直すことにより、悪化のスピードを遅らせることはできます。

 糖尿病や高血圧などの生活習慣病や動脈硬化を防ぐ生活をすることが、加齢性難聴の予防にもつながります。栄養バランスのとれた食事や適度な運動、規則正しい睡眠、禁煙などを心がけるとよいでしょう。

 環境要因としては、騒音など大きな音が常時出ている環境下に長くいたり、大音量でテレビを見たり、音楽を長時間聞いたりしていると、難聴の原因となることがわかっています。難聴リスクを避けるためには、騒音環境下に長くいることを避けることです。

 世界保健機関(WHO)の基準では、80dBの音量(走行中の電車内の騒音と同程度)で1週間に40時間までを限度としています。工事現場などの騒音性の職場では、難聴予防のため、職員は耳栓やイヤーマフなど防音保護具の着用義務があり、各国のガイドライン基準でもおおむね85dBで1週間に40時間までに設定されています。

誤解2 聞き返すことが多い程度で自分が困っていなければ大丈夫

 加齢によって徐々に聞こえが悪くなってきても、「生活に大きな支障がなければ大丈夫だろう」と思うかもしれません。しかし聞き返すことが多くなってきた場合、そのまま放置してしまうと脳の劣化が進んでしまう恐れがあります。

 脳の劣化が進むと、音としては聞こえていても、ことばとして聞き分ける能力が落ちていきます。聞こえの悪さに気づいたら、できるだけ早めに一度、耳鼻咽喉科を受診し、聞こえの検査をしましょう。

 検査の結果から難聴が認められ、医師から補聴器装用を勧められた場合、補聴器を使って聞こえの改善を図ることで、脳の劣化を防ぐことができます。補聴器で脳を鍛えることで、再びことばを聞き取ることが可能となり、最大限にその能力を発揮することができるようになります。

 ある日、急に聞こえが悪くなった場合などはなんらかの病気が疑われるため、早急に耳鼻咽喉科を受診しましょう。中耳炎などによる難聴、騒音やウイルスなどによる難聴のほか、片耳だけ急に聞こえにくくなる場合は突発性難聴、メニエール病などが考えられます。

誤解3 聞こえにくくなるのは60歳以降からだ

「聞こえが悪くなるのは60歳を過ぎてからだろう」と思うかもしれません。でも実は20代後半から、高音域の聴力レベルの低下は少しずつ進行し始めます。最初はモスキート音(蚊の飛ぶような高い音)などの非常に高い音が聞き取りにくくなります。

 加齢性難聴は、年齢を重ねることで内耳の中の蝸牛にある有毛細胞がダメージを受け、音を感知したり、増幅したりする本来の役割が障害されることで起こる感音難聴です。一般に左右の耳が同じように聴力が低下していきます。

 年齢とともに徐々に聴力レベルは低下していきますが、一部の音域の低下であれば生活のなかで不自由することはないため、40代になっても自覚のない人がほとんどです。それが60代になると聴力が低下する音域が増え、聞こえの悪化を感じる人が急激に増えてきます。70歳を超えると低音域も含む、ほとんどの音域で聴力が低下してしまいます。

 日本人の65〜74歳では3人に1人、75歳以上では約半数が難聴に悩んでいるといわれています。ただし、聴力の低下の程度や低下し始める年齢については個人差が大きいため、80歳を超えても、聞こえがそれほど悪くない人もいます。

誤解4 補聴器はいつでも簡単に作ることができる

 補聴器は、耳に入った音を周波数ごとに増幅させて、聞き取りに必要な音の刺激を脳に送るための医療機器です。眼鏡を作るように、お店で手軽に作れるものではありません。その人に合わせた調整が必ず必要になります。実際にことばや音を認識して「聞く」役割自体は「脳」が担っています。

 低下した聴力に合わせて補聴器を調整するには、まず自分の聞こえを医療機関で検査します。そして音の刺激の少ない状態に慣れてしまっている「難聴の脳」のリハビリをおこなうとともに、時間をかけて補聴器を調整していきます。

 約2〜3カ月間、補聴器を朝起きてから寝るまで装用しながらのリハビリと、言語聴覚士による定期的な調整が必要です。それによって、徐々に脳が変化し、補聴器に慣れていきます。

 リハビリ期間中は補聴器をつけた状態で音の聞こえを測定し、足りない音や大きすぎる音がないかを確認し、調整を繰り返します。目標の音量まで到達したら、ことばの聞き取りの改善度合いを確認し、ようやく装用者にフィットした補聴器になります。

誤解5 補聴器は一度購入すればその後はお店に行く必要はない

 補聴器は一度購入すれば、その後はもう販売店に行く必要がないわけではありません。補聴器を上手に利用し、快適に生活していくためにも、定期的な調整やメンテナンスなどのフォローが継続的に必要になります。聴力は時間とともに変化するので、定期的な聴力検査とそれにともなう調整が必要です。信頼のおける耳鼻咽喉科や補聴器外来の補聴器相談医を定期的に受診しましょう。

 また、医療機器である補聴器が十分な性能を発揮し続けるには、補聴器自体のこまめな点検や手入れも欠かせません。補聴器の平均的な寿命は使用開始からおよそ5年とされています。補聴器はチューブや耳栓などが傷んでいると音が漏れやすくなったり、聞こえにも影響してきたりするため、補聴器販売店で定期的に交換する必要があります。

 さらに購入後は、使用上とくに問題がなくても、3カ月に1度は補聴器販売店で補聴器の点検をおこないましょう。また、耳垢(あか)のつまりを補聴器用ブラシなどで取り除くなど、こまめにお手入れをすることで、補聴器は本来の性能を発揮でき、より長持ちします。

【監修】
新田清一(しんでん・せいいち)医師
済生会宇都宮病院耳鼻咽喉科主任診療科長/聴覚センター長
鈴木大介(すずき・だいすけ)さん
済生会宇都宮病院耳鼻咽喉科言語聴覚士

(文/石川美香子)
※『「よく聞こえない」ときの耳の本 2021年版』から