厚生年金は、現役時代の収入が少ない人ほど手厚く支給される仕組みのため、年収の高い人は、老後、年金だけで生活レベルを維持するのは難しいかもしれない。現在発売中の『定年後からのお金と暮らし2021』では、可処分所得に比べ出費が多くなりがちな、高収入世帯2組の家計をファイナンシャルプランナー前野彩さんが診断し、改善点を指南している。

【相談者プロフィール】I子さん(51歳)
家族構成:夫(57歳・大学非常勤講師)長男(12歳・中学生)
職業:会社員
税込み年収:890万円/月々の手取り額:36万円/現在の貯蓄額:普通預金220万円(※詳しい家計は本文最後を参照)



*  *  *
 一家の収入を担うI子さん。大手企業に勤め、高収入だが、月5万円という養老保険の負担が大きく、老後の備えになかなかお金が回らない。

 息子がめざす大学は4年間の学費が約700万円で、教育資金も用意したい。大学の非常勤講師である夫の所得は家計に組み込まれていないという。定年後の貯蓄を増やすにはどうすればいいだろうか。

■アプリやオンラインの家計管理サービスを利用する

前野:老後の貯蓄を考えるにあたっては、家計の現状を把握することが大前提です。I子さん、家計簿をつけていますか?

I子:仕事が忙しくて、そこまで手が回らないのが実情です。ひと月の支出は家のローンや保険料も含めて60万円くらい、とざっくりした数字の感覚はありますけど。

前野:手書きは大変ですが、今はアプリやオンラインの家計管理サービスが充実しています。たとえば「マネーフォワードME」は、銀行やクレジットカードの入出金とひもづけて、自動で家計簿が作成できます。レシートを撮影すると現金支出も簡単に入力できますよ。

I子:それは便利ですね!

前野:そうなんです。今のお金の使い方が適切か、分析する時間も生まれますよ。I子さん一家ではひと月の食費が10万円、日用品の支出が2万円ですね。

I子:ざっくりとですが……。

前野:仮に食費と日用品で月12万円とすると、1週間の予算は2万8千円。1カ月よりも1週間単位のほうが適正予算かどうかがわかります。実はそんなに使っていなければ、老後の貯蓄に回すことができますよ。

I子:確かにそうですね。早速、家計簿アプリに挑戦してみます。

■高額の養老保険は「払い済み」の方法も

前野:次は、現在の貯蓄額をみていきましょう。

I子:私の名義で120万円、息子の名義で100万円、それから養老保険の積立が800万円くらいあります。

前野:ちょっと待ってください。資産形成とはいえ、養老保険はあくまで保険です。原則として満期にならなければ受け取れませんから、現時点では「支出」です。貯蓄は「今すぐ使えるお金」と認識しましょう。

I子:養老保険は58歳の満期で1300万円になるんですが、月5万円という負担が重くて。

前野:となると、定年後の貯蓄を見据えて、養老保険を見直したほうがいいかもしれません。

I子:今解約すると損かと……。

前野:支払ってきた金額より受け取る額が減るので、解約はおすすめできません。養老保険には「払い済み」という選択肢もあるのはご存じですか?

I子:初めて聞きました。

■払い済みの対応で、満期時にお金が戻ってくることも

前野:払い済みとは、保険料を支払うことはやめるけど、今まで払ったお金はそのまま保険会社に預けておき、満期がきた時に受け取れる制度です。その間の死亡保障も続きます。I子さんが今、払い済みの対応をとれば58歳の時に約800万円が戻ってくることになります。

I子:養老保険に払っていた月5万円を、貯蓄に回せますね!

前野:はい。払い済みで満期に受け取る800万円を、息子さんの学費に充てるという使い道もあります。あるいは、浮いた月5万円を、住宅ローンの繰り上げ返済に回すのもいいでしょう。

I子:なるほど! 我が家は二世帯住宅を建てる時と、外壁の断熱工事の時と、ローンを2本組んでいて、それぞれ返済額は、年間36万円と年間54万円です。

前野:養老保険の5万円を、二世帯住宅のローン返済に充てると、年間60
万円も繰り上げ返済できます。すると、約20万円の利息が浮くので、予定より2年早く完済できますよ。

I子:2年もですか! 老後資金に回せる額も増えそうです。

前野:住宅ローンの金利はどれくらいですか?

I子:1・475%です。

前野:老後の蓄えを少しでも増やしたいのであれば、銀行に金利を下げられないか交渉するのも一つの手です。ダメ元ですが、今は金利が低いですし、交渉に成功したらラッキーです。

I子:金利交渉なんて考えたこともなかったです。早速、銀行に連絡します。住居費が少しでもスリムになるのは助かります。

■保険は国や職場の制度も活用しよう

前野:I子さんのご家庭は、保険料を見直す方法があると思います。火災保険も含め、保険料総額は月11万5千円ですね。

I子:万が一のことを考えると、安いかなとは思っています。

前野:保険では「安いかどうか」ではなく、「本当に必要かどうか」を支出の基準にしましょう。もしもの時」の保険に関しては、国や職場の制度も活用できますよ。

I子:健康保険ですか?

前野:そうです。入院すると医療費がかかりますが、病気やケガで4日以上働けなくなると、給与のおよそ3分の2にあたる傷病手当金が支給されます。最長1年6カ月受け取れますから、これを念頭に置いておくといいと思います。

I子:国の保障なんですね。

前野:国だけじゃありませんよ。I子さんの加入している健康保険組合には「付加給付」があります。自己負担の限度は2万円までだから、それ以上の医療費はかかりません。毎月天引きされている社会保険を知りましょう。

I子:保険全般も見直してみます。今後は老後の貯蓄に回せるお金が増やせそうです!

【相談者】I子さん(51歳)
〇家族構成/職業/税込み年収/月々の手取り額
夫(57歳)大学非常勤講師、長男(12歳)中学生/会社員/ 890万円/ 36万円

〇現在の貯蓄額
普通預金220万円

〇毎月の貯蓄額
・2.5万円、・積み立て年金4万円

〇住宅ローン
・二世帯住宅分 36万円/年( 借入金額1100万円、残高688万円)
・外壁工事分 54万円/年( 借入金額1000万円、残高839万円)

〇保険料
養老保険5万円/月、夫婦の生命保険6万円/月、火災・地震保険5千円/月

〇ねんきん定期便の見込み額
年額220万円(65歳〜)