世界から後れを取っているとされる日本のデータサイエンス教育。急務なIT人材の育成に、産学官が連携して動き始めた。AERA 2021年4月19日号から。

*  *  *
 産学官が一体となった実践的な教育への取り組みはこれまでも見られたが、ここにきて目立ちはじめたのは、データサイエンスを軸にした連携、さらに地方からの奮起だ。

■子ども服データで学ぶ

 17年に国内で初めてデータサイエンス学部を開設した滋賀大学もしかり。AI開発において重要な役割を果たすデータサイエンス(DS)を普及すべく、学部の教員による講義を「滋賀大DSビデオ」とし、YouTubeで一般公開している。

 昨年3月には、新型コロナウイルス感染防止のために休校要請が出されたことを受け、高校生への学習支援として「高校生のためのデータサイエンス入門」を開講した。もともとはNTTドコモグループ傘下の「ドコモgacco」のeラーニングへの提供を想定し、週ごとの課題も含めて作成された動画だったが、同大の教員が「動画だけならすぐ公開できる」とYouTubeへのアップを発案し、実現した。岡島傑(すぐる)副事務長は、当時をこう振り返る。

「自宅学習を余儀なくされている高校生のために何か役に立ちたい思いがあったようです」

 講座は1回が4〜5分の動画で、竹村彰通学部長が概要を説明した後に同大の教員4人が分担。全20回の講義制で、高校数学Iの「データの分析」を用いるなど、高校生にも理解できる内容だ。

 この講座がきっかけとなって、高大連携に結びついた例もある。

 データサイエンスを柱とした理系教育を推進する兵庫県立姫路西高校では、1年次から「データサイエンス研究・探究」などを教育課程に組み、3年次には集大成として論文にまとめあげる。文部科学省によるスーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校でもある。

 地元企業の「西松屋チェーン」とも連携し、子ども服の販売データを使って分析するなど実践的な学びにもつなげている。同校数学科の林宏樹教諭は言う。

「滋賀大の動画講座は基礎がていねいに説明されており、データサイエンスの導入として最適な教材でした。コロナ禍による休校で自宅学習で活用した実績から滋賀大学に連携を依頼して、引き続き授業で利用させてもらえるようにお願いしました」

■滋賀から「GAFA」を

 滋賀大の学部開設からわずか4年。オンラインを駆使して、地元だけでなく全国へとデータサイエンスの魅力を発信してきた。岡島副事務長は言う。

「日本はデータサイエンスの分野で欧米諸国に後れを取っており、それがGAFAのような企業が育たない一因となっている。データサイエンティストの育成は日本の喫緊の課題。本学は初のデータサイエンス学部として先鞭を付けた以上、全国に普及する使命がある。これからも支援を広げていきたい」

 大学志願者数が減少するなかでも理工系や情報系学部の人気は根強い。滋賀大のデータサイエンス学部を皮切りに、データを駆使する教育に力を入れる大学も続出。21年度に、南山大学、鈴鹿医療科学大学、大阪工業大学、岡山大学などで、データサイエンスに関連する学科が立ち上がった。

「データサイエンスは文理融合の最たるもの。日本の先端的理系教育は旧帝大を中心とした伝統的に理系に強い大学が牽引すればいい。その他の総合大学では、データサイエンスを用いながら高大接続に真剣に取り組み、豊かな大学像を育む必要があります」

 そう指摘するのは、中央大学AI・データサイエンスセンターの樋口知之所長だ。20年4月の同センター設置を足掛かりに、同大では今年4月から全学部を対象にしたAI・データサイエンスの授業を開講。さらに理工学部にある経営システム工学科の名称をビジネスデータサイエンス学科に変更するなど、本気度の高さが見て取れる。

 樋口所長は言う。

「深層学習や自動運転といった高度なシステムの開発は大学院に進むような学生が習得すればいい。今の社会では、AIやデータサイエンスの専門家とコミュニケーションをとれる人材が不足しています。この問題を解決したい」

■くずし字もAIで読解

 授業では「AIやデータサイエンスとは何か」といったリテラシーから、統計学や機械学習まで幅広くカバーする。テクノロジーが発展すれば、法律的な問題や社会規範などの課題も浮き彫りになる。AIにある強みと弱みを俯瞰できる人材を育てることが狙いにある。

「ビジネスも学問も足し算ではなく、掛け算の時代です。古典籍のくずし字が、AIで読解できるようになりました。これは、文学とAIの二つの素養が掛け合わさったからこそ実現したツールです」(樋口所長)

 応用基礎レベルに達した学生には、修了証も授与される。初年度にもかかわらず、定員の8倍を超える受講希望生が集まる科目もあり、期待も高い。

 樋口所長はこう予測する。

「今、世の中で最も価値があるものは情報です。そして、すべての人間活動はデータに基づいて意思決定されていくと考えています。だからこそ、AIやデータサイエンスを学ぶことに意義があります」

(編集部・福井しほ、教育ライター・柿崎明子)

※AERA 2021年4月19日号より抜粋