現役志向や理系志向が高まったといわれる今年の受験。もともと理系の生徒が集まる傾向がある灘でも変化が起きていた。AERA 2021年4月19日号の特集「難関大学に現役合格できる高校」から。



*  *  *
 現役合格率で東の横綱が筑波大学附属駒場(東京都)なら、西の横綱は灘(兵庫県)だ。今年の卒業生216人のうち、東大に75人、京都大にも21人の合格者を出している。

 同校も理系に進む生徒が多いことで知られている。和田孫博校長は言う。

「灘に理数系が好きな生徒がたくさん集まっていることは間違いありません。ただ、その割合は年々高まっています。かつては3対5で理系が少し高かったのですが、12年ほど前に1対3になり、今は1対4という感じでしょうか」

■「失敗」には科学的原因

 生徒の多くは中学受験のために塾に通っていたため、復習中心の学びのスタイルが染みついている。その感覚を取り払うべく、理科の実験やフィールドワーク、柔道など、頭だけでなく手や体を動かす授業を多く取り入れている。

 折り紙を使って幾何の問題を解く「オリガミクス入門」も、その一つ。土曜講座の一つで、中2から高2までの生徒が受講できる。テキストをただなぞるのではなく、立体を理論的に理解することができるという。

「卒業生でノーベル化学賞をとった野依良治先生は、失敗には必ず科学的な原因があると話しています。実験や実践を通じて、挫折しても最後までやり抜く執念を身につけることができます」(和田校長)

 高2への進級時には文理別のクラスわけがあるが、文理を選ぶことはどちらか一方を捨てることではない、と和田校長は指摘する。

「経済学部は文科系の学部になっていますが、数学の素養が不可欠です。心理学もネズミを使った実験をしたりする。学問を文系、理系の枠組みで捉えること自体が今やナンセンスとも言えます」

 神奈川県の高校もしのぎを削る。私立では聖光学院や浅野が合格者数を伸ばし、公立では横浜翠嵐が東大に昨年の15人から約3倍となる44人の現役合格者を出した。

「かつては浪人前提で高校生活を過ごすという生徒も多くいました。翠嵐は十数年前から、現役で第1志望に進学できるようにと改革を始め、その成果が出てきています」(前出の堅田さん)

 東大や京大は私立の中高一貫校が目立つが、名古屋大、大阪大、九州大などは地元の名門校など公立校が奮闘しているのがわかる。

 東京工業大への現役合格率トップも公立の小石川中等教育学校(東京都)だ。近年人気の公立中高一貫校の一つで、6年を通して課題探究型学習に力を入れている。論理的な表現や統計の基本から学び、最後には生徒一人ひとりがテーマを決めて論文を書き上げる。

「物理などの科学や美術作品の研究、アルゼンチンタンゴの節回しについてなど、生徒の興味は様々です」

 数学科主任の古川一直教諭はそう説明する。専門家の話を聞きたいと思ったときには、大学教授や各界の著名人を招き、「サイエンスカフェ」を開く。19年には、ジャズピアニストでSTEAM教育者の著名人が講演会を実施。大学などとは教師が交渉するが、講師を指名するのは生徒主体のこともある。

 手を動かすことも重視する。理科の実験室はオープンラボとして開放され、放課後になると授業の追実験や自己の研究に取り組む生徒たちの姿がある。理科主任の加藤優太教諭は言う。

「資料集の写真では簡単に見えても実際にやってみるとうまくいかないことも多いんです」

 成功するまで何度も繰り返し挑戦することで、思考力やコミュニケーション力が養える。実験内容は大学の前倒しといった高度なものだけではなく「教科書に沿って進めている」と話す。

■ドラえもんの歌にあるような

 理数教育に力を入れる学校もある。私立の中高一貫校、世田谷学園(東京都)では21年度に理数コースを新設。山本慈訓(じくん)校長は言う。

「文理を問わずAIやプログラミングの素養が必要になるなか、社会は優秀な理数系出身者を必要としています。世田谷学園ではもともと生徒の6割が理系志望。体験を重視した理数系のプログラムを増やしていきます」

 1年時には年間を通した稲作体験で感性を育み、2年時には伊豆大島のフィールドワークで火山について調査する。JAXA(宇宙航空研究開発機構)と連携した宇宙や生命についての講義も予定しているという。

 理数コースでは、創造性あふれる教育に力を入れたいと山本校長は言い、こう続ける。

「ドラえもんの歌にある『こんなこといいな、できたらいいな』を考え実現できる人材を育てていきたい。机に向かってじっと勉強するだけではなく、クラスメートとの自由闊達な議論も大切にしています」

(編集部・福井しほ)

※AERA 2021年4月19日号「難関大学に現役合格できる高校」特集から抜粋