乳幼児を育てていると、ハッとすることが常にあります。ただ、屋外での危険には気づいても、家庭内での危険にはなかなか気づけないもの。その家での事故は、乳幼児期の死亡原因で上位に入ります。どんなことに気をつけたらいいのでしょうか。アエラムック「AERA with Baby 解決!子育ての基本の悩み」では、家のなかで子どもの事故を防ぐにはどうしたらいいか、を考えました。

*  *  *
 乳児が亡くなる原因の1位は先天性の病気によるものですが、事故による死亡も多く、0歳では第3位、1歳から4歳では第2位(2017年)になっています。乳幼児では家の中での事故も多く、異物を食べてしまったり、ケトルをひっくり返してやけどをするなど、事故は生活の身近なところに潜んでいます。

 目まぐるしく成長する赤ちゃんは、昨日できなかったことが、今日突然できるようになることもあるため、事故から子どもを守るには1カ月から2カ月先の状態を予習しておくと良いでしょう。

 乳児の時期に気をつけたいのは睡眠時の安全です。乳児突然死症候群の予防から、仰向けに寝かせるのが基本です。また、大人が使う布団で一緒に寝かせると、赤ちゃんには柔らかすぎて、万一、うつ伏せの状態になったとき、鼻や口が塞がれてしまうことがあり危険です。同じ部屋に寝る場合でも、大人と赤ちゃんの布団は別にして寝かせましょう。お勧めは固めの布団です。うつ伏せになっても顔が埋もれることがないため、窒息の危険を減らせます。

 また、少し足が強くなりはじめた赤ちゃんでは、足を動かして仰向けのまま移動することがあります。本人が下にずれることにより、掛け布団が顔に覆って、息ができなくなることもあります。ベビーベッドを使う場合は、ベッドの下の方に子ども寝かせてあげましょう。もしも子どもが下に移動した時でも、柵があるため、布団が顔まで上がりにくくなります。また、シーツの端をマットレスの下に折り込んで、顔がシーツで覆われないように工夫することも大切です。

 ハイハイなど、自分で動けるようになった頃から気をつけたいのが誤飲です。床に落ちている物を食べてしまうことがあります。キラキラと光る物は特に気をつけたいところ。赤ちゃんが日中過ごす部屋の掃除はこまめに行い、飲み込めそうな物を取り除きます。

 掃除をする時は、大人もハイハイの姿勢で、子ども目線で部屋を見るようにしてください。テーブルの下や、シンクの隙間など、子どもは手が小さいので、隙間に入り込んだピアスなどを見つけることも。光ると気になり、手でつかみ、口に入れてしまうのです。ホッチキスの芯を食べてしまったと、病院を訪れる子どももいます。

 ある日突然つかまり立ちができるようになり、テーブルクロスをひっぱることも考えられます。上に置いてあるものが子どもに降りかかることもあります。

 意外にも、両親の実家へ帰った時の方が、事故が起きやすいということも。祖父母の目もあるからとママやパパが安心してしまい、目を離しがちになるからです。たまに訪れる祖父母宅の場合、自宅ほど事故予防がされていません。おまけに、見慣れない物がたくさんあるので、子どもは興味津々です。祖父母がテーブルに置いていた薬を飲んでしまう子もいます。たとえ実家であっても、常に誰かが赤ちゃんを見守ることが大切です。

【ベランダ】
落ちる事故が多い。子どもが登るような台になるものを置かないようにする。

【浴室】
転ぶ、溺れる事故に気を付ける。お湯を張ったままにせず、鍵をかけられるようにする。

【キッチン】
フライパンや炊飯器、ケトルを倒してのやけどに注意。切ったり、刺したりする事故も。

【寝室】
大人用のベッドから落ちる、ブラインドのひもによる事故など。ピアスなどを誤飲することも。

【リビング】
テレビが倒れてきたり、ソファから落ちたり。薬やおもちゃの誤飲、テーブルで頭を打つことも。

(フリーランス記者・宮本さおり)

※アエラムック「AERA with Baby 解決!子育ての基本の悩み」より