近年、従来とは違う名前の学部が大学に次々と誕生している。全体の志願者数が減ったコロナ禍の一般選抜入試でも、前年より増えたところが少なくない。新たな学びが受験生を引きつけている。AERA 2021年5月17日号は「大学」特集。



*  *  *
 JR津田沼駅(千葉県習志野市)を降りると、ツインタワーが視界に飛び込む。駅から徒歩1分。オフィス街のような空間に若者たちが吸い込まれていく。志願者数上位10大学の中で唯一、前年から増えた千葉工業大の津田沼キャンパスだ。創造工学部と先進工学部の3、4年生はここで学ぶ。ともに従来の工学部とはひと味違う名称を持つ。

 一般選抜の志願者数は両学部とも前年比104%。コロナ禍の中、私立大全体で前年比86%だったことを考えれば、人気ぶりがわかる。創造工学部デザイン科学科4年生の吉川怜那さん(21)は言う。

「1年生から専門的な技術を教わります。その技術を使って実際のお菓子がもっと売れるための新パッケージを考えたり、ミスをなくすようなデザインの工夫をしたりと実践的に学べて、そうした中で問題解決がデザインの本質だと実感しました」

 技術やデザインを融合して、ものづくりや環境・社会問題解決に生かす学部だという。

■時代のトレンドに注目

 一方の先進工学部は、ロボット開発やバイオテクノロジーなど「先進」領域を学べる。教授の一人はこう話す。

「たくさんの大学の中から受験生に選んでもらうためには、他にないユニークネスが必要。ロボットや生命、最近では人工知能など時代のトレンドにいち早く注目し、研究してきました」

 実際、昨年は4月に同大未来ロボット技術研究センターがパナソニックと共同で技術開発したロボット掃除機「RULO(ルーロ)」が発売され、12月には同大惑星探査研究センターが観測機器のほぼすべての開発に参画した小惑星探査機「はやぶさ2」が地球に無事帰還した。

 先進、創造の両学部は16年、工学部の再編で新たな工学部とともに生まれた。専門性を高めるため大学全体で学科を細分化し、300人規模の学科を100人台前半にした結果だった。同年、大学の志願者数は前年から約2万5千人増加。一方、細分化で教員の目が行き届くようになり、定期試験に落ちた学生に追試や補習も実施した。前田修作常務理事によると、この10年で5〜6%あった大学全体の退学率は2%になった。

 大学全体の就職率は98.6%(20年3月卒)。全国平均の89.5%(厚生労働省などの調べ、今年2月1日現在)を大幅に上回る。就職先は主にメーカーなどで、学部生の4割弱、大学院生の6割弱を資本金10億円以上の大規模企業に送り出す。大学入学共通テスト利用の受験料(通常1万5千円)を免除にしたことなどのほか、面倒見の良さも人気の理由だ。こうした成功の要因の一つが「新興」学部の誕生だった。

■地方からの受験生減少

 そもそも、なぜコロナ禍だと志願者数は減るのか。大学通信の井沢秀・情報調査部長は言う。

「オープンキャンパスや説明会がなくなり、併願する大学や学部を例年より選びきれなかった受験生が多かった。さらに感染リスクを考慮して地方から首都圏、関西圏の大学を受験する生徒が減少。私立大は大都市圏に多く、特に影響を受けました」

 その中で増えた学部もある。大学通信のデータ(志願者数上位60大学の一般選抜が対象)によると、前年比で最も伸びたのが桜美林大航空・マネジメント学群(20年設置)で188%。そのほかにも06年以降に設置された新興学部が健闘している。

「新しい学部は大学側も失敗はできないと力を入れます。企業と組むなど他の大学にはない特徴ある学部も多く、志願する受験生は多いです」(井沢さん)

 国公立大にも新学部ができている。18年、首都圏で初めて設置された横浜市立大データサイエンス学部は前年比138%の志願者を集めた。学部1期生となる4年生の渋谷雅樹さん(21)は言う。

「高校生のとき、大学の説明会で数学や統計学で未来を予測できると聞いてデータサイエンスを学んでみたいと思いました」

■多方面に就職が可能

 同学部は現場重視。様々な分野に精通する教員がそろい、学生は企業や行政、学校などに足を運び、データをどう使って課題を解決するかを実践的に学ぶ。たとえば教育現場では学習指導要領の改訂に伴い、思考力や判断力などをどう評価するかが課題となっている。統計調査が専門の土屋隆裕教授はこう話す。

「難しいが、大事なのは現場の課題を見つけ、それをどうデータにしていくか。単なる技術者でなく、データを通して課題解決できる人材になってほしい」

 佐藤彰洋教授によると、4年生48人への調査から、40%が大学院への進学希望で、就職希望は50%余り。そのような中、学部主催企業説明会へ5社が参加を表明した。インターンシップを経験して「内々定」を得た学生もいる。就職活動中の4年生、安庸汎さんは言う。

「マーケティングや統計を学んだ経験を生かせる専門商社もいいし、プログラミングができるのでIT企業でも働ける。教育現場もいい。行ける業界や職種が様々あると感じています」

(編集部・深澤友紀)

※AERA 2021年5月17日号より抜粋