厚生労働省は4月23日、歯科医師による新型コロナウイルスワクチンの接種を認める方針を決めました。集団接種の会場で、医師や看護師の必要人数が確保できない場合、歯科医師がワクチンを打つこともあるということになります。とはいえ、技術的に大丈夫なのか、応じる歯科医師はどのくらいいるのか、気になります。そこで歯科医師で歯周病専門医の若林健史歯科医師に聞きました。



*  *  *
 歯科医師によるワクチン接種が決まりましたね。

 この件でマスコミの方から、「慣れていないのに、打つのは怖くないですか?」「手を挙げる歯科医師は本当にいるのですか?」などといった質問をいただきました。

 おそらく、一般の方も同じような疑問を持っていることでしょう。

「歯科医師の注射は不安だ」と思う人もいると想像します。

 確かに歯科医師が普段、筋肉注射をする機会はほとんど、ありません。私も30年以上歯科医師をやっていて、経験したのは2回ほどです。いずれも「根尖(こんせん)病巣」といって、むし歯で神経をとったところがはれたり、歯根が割れてしまうなどの原因で細菌感染から患部が化膿(かのう)してしまった患者さんに対してでした。

 顎(あご)の化膿がひどくなり、顔半分が大きくはれていたので、細菌の増殖を抑え、はれを治療するために、腕に「抗生剤の注射」をしたのです。歯科医師が歯科治療のために筋肉注射をすることは法律的に認められているのですが、私のような経験をしている歯科医師より、一度も筋肉注射をしたことがない歯科医師のほうが圧倒的に多いと思います。

 とはいえ、歯科医師は日常的に歯ぐきや口の中の粘膜に麻酔の注射をしています。麻酔注射は抜歯やむし歯治療、歯周病治療などに欠かせないものだからです。

 麻酔を広く口の中にいきわたらせるために下顎の一番奥の粘膜部分から下顎神経付近に伝達麻酔をしたり、目の下の眼窩(がんか)下神経を狙って、口の中から注射をすることもあります。ちなみに筋肉注射は歯学部では教えませんが(私は口腔外科を専門にしている勤務先の師匠から学びました)、麻酔注射はさまざまな種類のものを実習で徹底的に学びます。私が学生のときは本物の麻酔を使いました。出席番号で決められたペアで互いに打ち合うのですが、よく知らない相手だったこともあり、打たれる際は不安だったことを今でも覚えています。
 
 話を戻しますと、このように、注射それ自体には歯科医師は慣れています。問題は筋肉注射という点です。新型コロナウイルスのワクチンの場合、「針を垂直に刺す」という点にテクニックが必要なようですね。日本の医師もあまり経験したことがないやり方と報道されていました。しかし、講習を受ければすぐにできるようになるでしょう。そもそも注射の手技というのはそれほど難しいものではないのです。

 歯科麻酔では患者さんがアナフィラキシーを起こすこともたまにですが、あります。歯科医師は注射の副反応にもある程度、慣れており、そうした意味で、歯科医師がワクチン接種を担うことを許可した政府の決定は理にかなっていると思います。

 どれだけの歯科医師が応じるかですが、周囲に聞いてみたところ、躊躇(ちゅうちょ)している人がいる一方で、「自分で役にたてるのなら、ぜひ、やりたい」「声がかかれば行きます!」という人が意外に多くいました。歯科医師会や学会からの要請があれば、なおのこと、手を挙げる歯科医師は多いと思います(断れないからというわけではなく、歯科医師全体でやらなければならないという使命感にかられるからです)。実際に始まってみないとわかりませんが、「担い手がいなくて困る」などということは、ないのではないでしょうか。

 多くの歯科医師は日中、自分のクリニックで患者さんを診療しています。このため、手伝える日は休診日や日、祝日などに限定されるでしょう。ただ、事前に日時がわかっていればそこだけ患者さんの予約を入れない、ということもできると思います(自治体から依頼される子どもの学校歯科健診の場合もそのように調整しています)。

 報酬については、可能な範囲でお手伝いということであれば、いくらかということはあまり気にならないと思います。

 新型コロナウイルスの流行は有事といわれるほどのことですから、医療従事者としてできることは協力しなければならない、と多くの歯科医師は考えています。

 一つだけ問題があるとすれば、多くの歯科医師がまだ、自分自身のワクチン接種ができていないことです。私のクリニックのある東京都渋谷区では4月末から歯科医師や歯科衛生士などの優先接種が始まりましたが、初日は東京都の予約システムがつながらず、誰一人予約できませんでした。その後も一向につながらず、まもなく、不具合が見つかったということでWEBサイトの運用が停止となりました。その時点で予約がとれたのはスタッフの歯科医師1人と歯科衛生士1人です。

 こうした状況に危機感を抱いた渋谷区歯科医師会が、同じ渋谷区医師会との連携により、一定数のワクチンを確保できたという知らせがきたのが5月に入ってからのことです。希望者の抽選でしたが、私を含むスタッフ全員が、無事、5月中旬に1回目のワクチンが接種できる見通しとなりました。

 いずれにせよ、未接種では、さすがにお手伝いができないので、全国の歯科医師ができるだけスムーズにワクチンを打てるようにしてほしいと願っています。