幼少時に兄から受けた性的悪戯の記憶に苦しむ40歳女性。母親に告白するかどうか葛藤する相談者に、鴻上尚史が洞察する、相談者の「深い部分での怒り」とは……。

【相談107】幼少時に兄から受けた性的な悪戯を、母親に告白するか否か、葛藤しています(40歳 女性 サム)

 幼少時に兄から受けた性的な悪戯を、母親に告白するか否か、葛藤しています。

 兄には覚えている限り数回、夜寝ている時に胸を触られたり、キスをされたり、お尻にセイキを当てられたりした事があります。

 当時私は中1、兄は中3、母親を含めて3人同じ部屋で寝ていました。

 母は離婚後、私達を連れて実家に身を寄せていて、六畳の部屋だけが私達のスペースでした。

 母は看護師で夜勤もありました。

 触られたりしていたのは母がいない夜でした。

 私は寝たフリをしてやり過ごしていました。

 今も急にフラッシュバックする時があり、苦しいです。

 兄とは年賀状や時候の贈り物程度の付き合いでほとんど顔を合わす事はありません。

 ただ母親とはよく電話で話をしたりメールをしたりはします。でもその度に過去の経験がフラッシュバックします。

 そのため母親と連絡をとるのがとても苦痛です。

 最近とくにそのフラッシュバックが酷くなるので、母からの電話に出なかったり、メールをスルーしています。

 母はおそらく寂しく思っていると思います。

 理由を話して連絡をとるのを控えたほうがいいのか、このまま私の胸に秘めてスルーし続けるのがいいのか、どうしたらいいのか解りません。

 母は感情的になると、自分の事は棚に上げて徹底的にこちらを傷付けたり痛めつける言葉を使うので、正面きって言い合いするのも怖いです。

【鴻上さんの答え】
 サムさん。つらい目にあいましたね。そして、今もつらいですね。

「理由を話して連絡をとるのを控えたほうがいいのか」と書かれていますが、今の状態でサムさんが「理由」を母親に話したら、とても悲しい結果になる予感がします。最悪、母と娘の関係が壊れてしまうかもしれません。

 フラッシュバックに苦しみながら、母親に兄のことを伝えるのは、混乱と感情的な対立を生む可能性が高いと思います。

 母親も、「こういう理由だから、連絡をとるのを控えるね」と言われても納得しないでしょう。

 ただ自分を責められていると感じて「徹底的にこちらを傷付けたり痛めつける言葉を使う」か、ただただ混乱して、母親自身を傷つけてしまう予感がします。

 結果として、兄とのことだけではなく、母親との関係が壊れることで、ますます、サムさんは苦しむことになると思います。

 といって、「このまま私の胸に秘めてスルーし続けるのがいいのか」と書かれていますが、「今も急にフラッシュバックする時があり、苦しい」のですから、母親をスルーしても、事態はあまり変わらないと感じます。

 また、スルーすることは、優しいサムさんですから、別の意味で自分自身を苦しめることになりませんか?

 だって、サムさんは電話に出なかったり、メールをスルーすることで、「母はおそらく寂しく思っていると思います」と、母親を心配してしまうんですから。

 ずっとスルーし続けることで、また違った苦しみをサムさんは感じてしまう気がします。

 つまり、どちらを選んでも、サムさんはつらいんじゃないかと思うのです。

 僕の勝手な解釈だと、母親と会話してフラッシュバックが起こるということは、サムさんは、母親が働いて不在だったことを心の深い部分で怒っているのかもしれません。

 兄を怒るのは当り前なのですが、母親も「助けてくれなかった」と怒りの対象になっているのではないかと感じるのです。

 でね、サムさん。

 僕は今、サムさんの相談にのっていますが、これは、専門家をたずねることじゃないかと思っています。

 僕は専門家ではないので断定はできませんが、サムさんを苦しめるフラッシュバックは、PTSD(心的外傷後ストレス障害)と呼ばれるものではないかと思います。

「最近とくにそのフラッシュバックが酷くなる」という状態なのですから、母親に話すかスルーするかどうかを考える前に、カウンセリングや心理療法、精神療法を受けることを強くお勧めします。

 ネットで検索すれば、たくさんのクリニックや心療内科を見つけられるでしょう。

 最近は、「オンライン・カウンセリング」というものもあります。

 サムさんが、ちゃんと話を聞いてくれるカウンセラーや精神科医と出会えたらいいなと思います。

 というか、あきらめずに、粘り強く、サムさんの話を親身になって聞いてくれるカウンセラーか精神科医を探して欲しいと心底、思います。

 薬だけだして、話をちゃんと聞いてくれない先生は、申し訳ないですが、すぐにやめることをお勧めします。

 今の苦しみを少しでも減らすためですから、サムさんにぴったりの先生に会うまでは、辛抱して探し続けて下さい。

 そして、そういう人に出会えたら、サムさんが今抱えているつらさをゆっくりと、全部、話して下さい。

 母親に言うべきかどうかに悩むのなら、そのことも、カウンセラーや精神科医と、ゆっくりと話しあえばいいと思います。

 そして、もし母親に話すと決めたら、その後も、カウンセラーや精神科医のサポートを受けるのがいいと思います。

 サムさんがそんな人と出会えることを心底、祈っています。

■本連載の書籍化第3弾!『鴻上尚史のますますほがらか人生相談』が発売中です!