テレワークの普及で家賃の高い東京に住むメリットはなくなった。とはいえ、いざ移住となれば、子どもがいる人なら子どもの学校のことなどリスクもある。その点、一人暮らしなら自由だ。AERA 2021年5月31日号は「近郊移住」特集。



*  *  *
 東京からの移住は一人暮らしなら、思い切った決断ができる。

 品川区大崎から多摩西部に移ったのは、映像作家の中嶋優貴さん(26)。フリーランスになって家賃を抑えたいからだった。しばらく実家に戻り、昨年6月に一人暮らしを始めた。

「いまは家賃5万4千円ですが、大崎だと20万はすると思います。会食も減ったので、20万円近く浮かせています。その分を自己投資に充てています」

 朝の日課は、近くを流れる小川のほとりの散歩になった。

「歩きながら今日のタスクを整理すると、頭のなかがスッキリすると気づきました。川のせせらぎを聞くと、疲れていても、なんだかいいなと思えますね」

 都心までJR中央線で1本。打ち合わせはほとんどオンラインだ。都心の雑踏を離れたら、本業にも効果が出たという。

「いろんな人に出会うと、『みんな頑張っている』と思って。自分の軸がぶれることがありました。刺激が強すぎるんです。静かな場所にいた方が、自分のペースでコツコツできます」

■実家で生活費1/4

 IT企業に勤める女性(31)は今年5月、大田区のアパートを引き払い、神奈川県相模原市の実家に戻った。会社がテレワークを認めたためで、地元で暮らすのは8年ぶりだ。

「この年になって戻ると、近所の人から『結婚は?』と心配されていると思いますが、それでも実家暮らしは最強ですよ」

 まず、親孝行ができる。両親は「まさか戻ってくるとは」と喜んでくれた。家には生活費として3万円を入れるが、都内よりも4分の1に節約できる。

「あくまで、東京の給料にしがみつきます。地元にやりたい仕事がないし、事務職だと給料が低くなる可能性がある」

 東京が恋しくなりませんか?

「20代のころだと東京から離れられなかったかも。でも遊びつくしたという感じ。首都圏で育った身からすると、東京は遊びに行く場所でした。だから、住まなくてもいいと思います」

 不動産に詳しい「LIFULL HOME’S総研」の中山登志朗副所長は、首都圏でのプチ移住の動きをこう解説する。

「都心と郊外では家賃が1.5〜2倍違う。引っ越し代を出しても移住するメリットがあります。コロナ禍が長引くほど、この流れが続くと思います」

 ただ、大阪や愛知では事情が異なるという。

「東京ほど通勤エリアが広くないし、家賃も都心と郊外であまり変わらない。あまり移住が進まないのではないでしょうか」

(ライター・井上有紀子)

※AERA 2021年5月31日号より抜粋