低偏差値から東大合格に導くTBSドラマ「ドラゴン桜」。現実世界では、3男1女を東大理III合格に導いた“佐藤ママ”こと佐藤亮子さんがいる。AERA 2021年6月7日号は東大受験の心得を聞いた。



*  *  *
──ドラマでは「東大合格必勝法 家庭の10カ条」と題して親は勉強に口出しするな、夫婦仲をよくしろ、などの心得があります。佐藤家の心得は?

 確かに、高校生で親が勉強に口出すことはあまりないですよね。それまでに学習環境、学習習慣を整えておくことが大切。

 作品の中で親が「うちの子に東大なんて無理」と言うシーンがありましたね。それは親が「東大」をよく理解せず遠いものと思っている証拠。わが子が東大を目指したいと言うなら、まず赤本を買ってみたらいい。そうすれば「レベルは高いけど普通の問題だ」とわかります。今の勉強の地続きで東大の問題があるとわかれば、わが子を信じて応援できるはずです。

■夫婦喧嘩は子どもの前

 わが家の夫は仕事人間。生き生きと働く姿は子どもの手本になってくれていますが、子育ては私が一手に引き受けていました。多少の夫婦喧嘩もありましたよ。ただし喧嘩は“子どもの前で”が鉄則。だって裏でこそこそ喧嘩して、家が暗い雰囲気になるなんて嫌でしょう? 子どもも落ち着いて勉強できませんよ。だから夫に言いたいことがあるときは子どもの前で。中高生にもなると「親父、ママにとりあえず謝っとけ」なんて仲裁してくれました(笑)。

 ともあれ、家族仲はいいと思います。きょうだい喧嘩は昔も今もないですね。幼い頃の喧嘩って、親の接し方や、食べ物、おもちゃがきょうだい間で不公平だったりして起きるもの。だからきょうだい間の公平さは常に意識して、無駄に嫌な感情を持たせないようにしていました。

 特に、受験生がいるときは、家族は一蓮托生。夏休みのかき氷も花火も、受験生がいる年の夏には中止。その代わり受験生がいないときは目いっぱい、行事や遊びを楽しむ。外食も誰か一人でも欠けるなら、絶対行かない。そこは徹底しました。

 食事も勉強も全部リビング。帰り時間がバラバラでも、いつも他のきょうだいがリビングにいる。一人で遅い食事でも「孤食」にはならないのです。勉強は孤独な作業だけれど、勉強をする環境は孤独にしない。あの環境は良かったと、のちに子どもたちも言っていました。
納得いく人生になる

──佐藤家の教育方針の最大の軸はなんでしょう。

 子どもが納得いく人生を生きるために、親が徹底的に寄り添うことですね。親はつい自分の感情が先立って、子どもに自分勝手な期待をしてしまいがち。でもそれではダメなのです。

 私はいつも、行きたい大学ではなく行ける大学に行きなさいと話していました。希望の大学に不合格になったら、その大学にご縁がなかっただけのこと。一生懸命やって入れた大学に進めば、またそこで道が開くことがあるよ、と話していましたね。

 上の3人はすでに仕事についていますが、仕事に関しても「なりたい職業」ではなく「なれる職業」に就きなさい、と言っていました。大人になって自分や家族が生きるために額に汗して仕事をすることが、人間として大切なのだとも話しました。

 今後、子どもたちに望むことは、幸せに楽しく生きていくことだけ。子どもたちが40歳の時に人生を振り返って、「今の生活も楽しいけど、実家で家族と一緒に過ごした18年間は、受験もあって大変だったけど楽しかったな」って思い出してくれたらいいなと思っています。

 でも楽しい思い出にするためには、18年のうち12年間は学校に行くわけだから、学校や勉強がやはり重要なのですよね。成績が良くないと楽しく思い出せないでしょう? だから、厳しく鍛えたんですよ(笑)。きちんと日々勉強に向き合うということは、自分の人生を大切にし、納得のいく人生に必ずつながるのだと私は思っています。

(構成/ライター・玉居子泰子)

※AERA 2021年6月7日号より抜粋