『大学ランキング』(朝日新聞出版)では毎年、入学者に占める現役合格者の割合を、大学ごとに調査している。現役生比率が低い大学は、浪人生を中心とした既卒生が多い大学、ということができる。

 既卒生には、(1)受験生が第一志望にこだわり浪人してでも勉強して入りたいと思った、(2)他大学に通っていたが自分のやりたい道を見つけたり、適性が合わなかったりして進路変更した、(3)社会人が新しい道に進むため、あるいはキャリアアップのために入り直した、などの背景があるだろう。受験生の現役志向が強まるなかで、現役生の比率が低い大学はどこなのか。「浪人してでも入りたい」「既卒生でも入りたい」大学を、データから読み解いた。



*  *  *
 マイナス1万9369人。今年の「大学入学共通テスト」に挑んだ浪人生の数を、昨年と比較した結果だ。大学入試センター試験は今年、入試改革によって共通テストに代わった。昨年、最後のセンター試験を受けた受験生が新形式の試験問題に挑むことを避けたため、浪人生の数は大幅に減った。今年共通テストを受験した浪人生は、昨年センター試験を受けた浪人生と比べ19.3%減。共通テストは、受験者の84%が現役生となった。

 浪人生が減っているのは入試改革の影響だけではないようだ。代々木ゼミナール教育総合研究所主幹研究員の奥村直生さんは「高校生のあいだに、“浪人はありえない”という風潮ができている」と話す。

「1990年代初頭は18歳人口が大学の定員を大きく超え、需要と供給のバランスが成り立っておらず、現役受験生のおよそ半分は大学に入れませんでした。しかし今は、選ばなければ現役で大学に入れるという状況になっており、時間をかけて再受験することの価値を見いだしにくくなっています。総合型選抜(旧AO入試)や学校推薦型選抜(旧推薦入試)を利用した早期合格が増えてきたことも理由の一つでしょう」

 そうした風潮にもかかわらず、いまでも既卒生が多い大学はどこなのか。まずは国立大の現役生比率が低い大学トップ10を見てみよう(表は『大学ランキング2022』から、2020年入学者のデータ)。

 1位は東京芸術大で50.7%。入学者のおよそ2人に1人は既卒生で、飛び抜けて現役生の比率が低い。独立行政法人大学改革支援・学位授与機構が公表する大学基本情報によれば、同大の2020年入学者に占める19歳以上の割合は、音楽学部で約30%、美術学部では約80%にも及ぶ。

「美術学部と音楽学部で事情はまったく異なります。音楽学部は在学してからコンクールを目指したりしますが、美術学部では、とくに絵画科などのファインアート系は何年も技術を磨いて合格する多浪生も珍しくありません。また、数人ですが30歳以上の大人が入学していることも特徴で、なかには60代の入学者もいます」(奥村さん、以下同)

 同大出身者は各界で活躍している。野村萬斎、坂本龍一、葉加瀬太郎、King Gnuのボーカル・井口理とギター・常田大希、マンガ大賞2020を受賞した『ブルーピリオド』の作家・山口つばさなどがいる。

 2位は北海道大で62.6%。同じく難関国立大である東京大は67.9%で10位、京都大は63.5%で4位なので、それよりも現役生の比率は低い。なぜなのか。

「2010年までは前期日程の合格者の5割以上が道内出身者だったのですが、この2、3年、その数字が4割を切っている。つまり本州からの人気が高まっているのです。旧帝大のなかでは入試の難易度も手頃で、難関国立大を狙っているが東京大や一橋大、東工大、東北大などは難しいという本州の浪人生の選択肢に入りやすいのだと思います」

 3位は滋賀医科大で63.2%。もっとも、総合大を含めた医学部全体でみると、滋賀医科大の数字は突出しているわけではないと奥村さんは言う。医学部は浪人して目指す受験生も多いからだ。

「たとえば、九州の国立大医学部で、現役生比率が2割前後のところもあります。しかし、人口の多い関西圏にあり、志望学生が集まりやすく、ほかの難関国立大医学部よりは比較的入りやすいという要素から、これ以上浪人したくないという人の“最後の選択肢”として選ばれているのではないでしょうか」

 公立大にも目を向けてみよう。上位には美大、芸大に加え、医大、歯科大、薬科大も多く見られる。トップ10では、3位の金沢美術工芸大、4位の愛知県立芸術大、8位の大阪府立大をのぞき、医療系大学だ。

「公立大は学費の面では私立大に比べてとてもリーズナブル。さらに、歯学部や薬学部は非常に選択肢が限られていますので、浪人生が集まるのでしょう」
 一方、大規模私立大で現役生比率が最も低いのは、東京理科大だ。2位の慶應義塾大と約5ポイントの差がついている。

「難関大をめざす理系受験生は、国立は東京大や東工大、私立は早稲田大や慶應義塾大を選びます。次に受ける大学として、東京理科大は人気があります。MARCHは文系のイメージが強く、理系学部のブランド力は少し弱い。そのため数十年前からずっと、東京理科大は理系浪人生の“受け皿”として機能してきました」

 反対に、現役生比率が高い大学はどのような顔ぶれなのだろうか。国立大では教育系大学が多い。1位兵庫教育大、2位愛知教育大、3位京都教育大は、いずれも既卒生比率が1割に満たない。

「背景には、近年、教員のなり手が減少しているという事情があります。そのため教育系大学の競争率も高まらないのではないでしょうか。その中でも難関大に行きたい受験生は、浪人も覚悟のうえで東京学芸大や横浜国立大などの教育学部をめざす一方で、浪人を避けたいという現役生がこうした中堅大を受験しているのだと思います」

 また公立大では看護系が、私立大では女子大が目立つ。公立大の1位は千葉県立保健医療大、2位は敦賀市立看護大、3位は同率で岐阜県立看護大、山形県立米沢栄養大。私立では、大規模大学では兵庫の武庫川女子大の現役生比率が高いほか、愛知の椙山女学園大、広島の安田女子大も同様だ。

 この傾向は、女子学生が浪人を避ける傾向があることが関係していると奥村さんは見ている。

「看護系の学生は今もほとんどが女性です。かつては短大や専門学校で、近年、4年制大学に変わったというところも多く、浪人して入るという認識があまりないのだと思われます。また、やはり女子は浪人を避けるべきという社会観念が強く残っていることが、一番の理由だと思います」

 私立の学年定員1000人未満の小規模大学では、現役生比率が100%というところもある。桜花学園大、九州国際大、至学館大などだ。

 奥村さんは、大学によって異なる現役生比率について、こう分析する。

「“選抜型大学”と“募集型大学”という区分けをすれば、後者の大学は浪人してでも入ろうという学生が少なく、現役生比率が極端に高くなるのかもしれません。もっとも現役生だけのほうが、大学側も学生のレベルを把握しやすく、運営しやすい面もあるかと思います。一方で、リカレント教育(社会人になってからも大学で学ぶこと)を推進する国の方向とは逆行しているという見方もあるかと思います。欧米の大学では、二十歳前後の若者しか大学で学べないという固定観念はなく、年齢の多様性も重視しています」

 現役生が少ない大学は、難関でブランド力のある大学はもちろん、人文・社会・自然科学・医歯薬・芸術系など、さまざまなことを学べる総合大学が多い。多様な人材を集める大学と言えるのかもしれない。

(文/白石圭)