日本語には、人の行為を表すさまざまな表現があります。それらには、その漢字が使われている意外な理由があったり、漢字で書くと意味が分かりやすくなったりするものがあります。現在2021年7月号が発売中の朝日新聞出版『みんなの漢字』から紹介。※監修・久保裕之(立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所)

*  *  *
「齷齪(あくせく)」
→歯と歯の間が狭いという意味が心が狭いに転じた

「齷齪」はもともと、「あくさく」と読む漢語で「歯と歯の間が狭い」という意味でした。日本では「あくせく」という慣用音で広まり、意味も心が狭いこと、すなわち「心にゆとりがなく、目先のことに追われて、小さなことにかかわること」に転じました。

「接待」
→お布施の一つとして人々に湯茶をふるまう

「客をもてなすこと」という意味ですが、企業で行われるイメージもあって、裏には見返りや利益を求める気持ちがあるように感じられます。しかし、本来は仏教に関連した無償の行為です。お布施の一つとして、修行僧や往来の人々に門前で湯茶を供する意味なのです。現在も四国のお遍路などで見られます。

「稽古(けいこ)」
→昔のことを考えて物事の道理を学ぶ

中国最古の歴史書とされる『書経(しょきょう)』にある「古(いにしえ)の帝堯(ていぎょう)を稽(かんが)う」に由来する言葉です。「稽」には「考える」という意味があり、「稽古」の本来の意味は「書物を読んで昔のことを考え、物事の道理を学ぶこと」です。現在の国語辞典にも、この意味が記載されています。そこから、学問、学習の意味が生まれ、芸能や武術の修練の意味にも用いられるようになりました。

「地団駄を踏む」
→「地蹈鞴」という足踏み式のふいごが由来

「地団駄」は、足踏み式のふいごである「地蹈鞴(じたたら)」が変化した言葉です。悔しがって地面を踏みつける様子が、地蹈鞴を踏む動作と似ていることから、「地蹈鞴を踏む」というようになり、「地団駄を踏む」に変化しました。「地団太」とも書きますが、いずれも当て字です。

「雁首(がんくび)をそろえる」
→キセルの頭の部分を表す言葉が人にも用いられた

「雁首」とはもともと、喫煙道具のキセルの頭の部分のことです。形が鳥の雁の首に似ていることから、そうよばれるようになりました。転じて、人の頭や首を軽蔑的によぶ言葉になり、人が集まったり出そろったりすることを俗な言い方で、「雁首をそろえる」というようになりました。

「雁字搦(がんじがら)め」
→巻きつけた紐や縄が列をなす雁を思わせる

雁が整然と列をなして飛ぶ様子を、文字に見立てて「雁字」といいます。紐や縄を上下左右から幾重にも巻きつけることを「雁字搦め」というのは、巻きつけた紐や縄の様子が雁字に似ているためといわれています。また、「動かないように固く締める」という意味の副詞を「がんじ」といい、「雁字」は当て字とする説もあります。

「丁寧」
→警戒や注意を兵士に伝える楽器

かつて中国の軍隊で、兵士たちに対して警戒や注意を促すために使われた楽器を「丁寧」といいます。そこから、注意深く念入りであることや、細かい点にまで注意が行き届いていることの意味になり、さらに礼儀正しいことなども表すようになりました。

「図に乗る」
→仏教の声明における転調がうまくいく

ここでの「図」は、仏教の僧が唱える声明(しょうみょう)の転調のことです。この転調は難しく、うまくいくことを「図に乗る」といいました。そこから、声明の転調に限らず広く調子づくことを表すようになり、いい気になってつけあがるなどの悪い意味になりました。

「ぶっきらぼう」
→愛嬌がないことを、飾り気のない棒にたとえた

乱暴に切った木の切れ端という意味の「ぶっ切り棒」が変化した言葉といわれています。その棒は、飾り気のない単なる棒なので、愛嬌がなく、素っ気ないことを表すようになりました。また、「ぶっ切り棒」は、水飴を引き伸ばして棒状に切ったものだとする説もあります。「ぶっ」は「ぶっ飛ばす」などと同じように、動詞につけて意味や語勢を強める接頭語です。

「てこずる」
→梃子がずれて重いものを動かせない

漢字では「梃子摺る」や「手子摺る」と書きます。「梃子」を使って重いものを動かそうとした際に、梃子がずれてうまくいかない様子から、思うようにことが運ばずに苦労することを「梃子摺る」というようになったといわれています。また、手助けする人のことを「手子」といい、そのような人を煩わせることが由来とする説もあります。ほかに、手の甲がすれる意味から転じたともいわれています。

「とばっちり」
→水しぶきを受ける様子から まきぞえの意味に

漢字で書くと「迸り」で、「とばちり」ともいいます。同じ漢字で飛び散る水しぶきという意味の「迸(とばし)り」が変化した言葉で、水しぶきを受けることがもともとの意味です。そこから、そばにいたために本来受けなくてもいいはずの災難をこうむること、まきぞえなどの意味になりました。

「敬遠する」
→「敬って近づかない」ので「敬」の字を用いる

面倒なことや、嫌なことを「避ける」という意味でよく使われる言葉ですが、なぜ「敬」の字が用いられているのでしょうか。もともとは、『論語』の「鬼神を敬してこれを遠ざく」に由来する言葉で、「敬いながらも近づかない」という意味でした。それが「うわべでは敬意を表しながら実際には近寄らない」という意味に変わり、さらに「敬い」とのつながりがなくなっていき、もっぱら単に「避ける」の意味で使われるようになったのです。

「反故(ほご)にする」
→「一度使った紙」から転じて、不要なものの意味に

「反故」は「反古」とも書き、もともとは「一度使った紙を裏返す」という意味の漢語です。古くは「ほうぐ」「ほうご」「ほぐ」「ほんぐ」「ほんご」とも読まれ、近代以降に「ほご」というようになったとされます。日本語でも書画などを書き損なって、いらなくなった紙という意味があります。そこから、不要なものや役に立たないもの、さらには無効、取り消しなどの意味になり、無駄にすることや約束を破ることを「反故にする」というようになりました。

「案内」
→文書や文案の内容から広く事情や内情の意味に

「案」は机のことで、ここでは官庁の文書を表し、「内」は内容のことで書き写しや下書き、草案の意味があります。つまり、もともとは文書や文案の内容という意味で、今も国語辞典には記載されています。そこから、広く事情や内情の意味になり、それを問い合わせたり知らせたりする意味も加わって、「人を希望の場所に導いていくこと」「人に説明したりしながらある場所を見せる」という意味になりました。

文/美和企画
※『みんなの漢字』2017年1月号から