小林麻央さんが乳がんで亡くなって4年。小林さんは人間ドックがきっかけで乳房に腫瘤が発見されましたが、当初は「がんを疑うようなものではない」という診断を受け、その後、乳がんと判明するまでに時間がかかったといいます。乳がんでは検診を受けても「がんかどうかわからない」と診断され、はっきりせずに心配になることもありますが、その場合どう考えたらいいのでしょうか。がん研有明病院乳腺センター長の大野真司医師に聞きました。



*    *  *
 ほかのがんに比べて若い世代で発症しやすく、40代後半でかかる人が多い乳がん。40歳以上の女性は2年に1回、マンモグラフィー検査を受けることが推奨され、対象であれば自治体で無料、または少額でマンモグラフィー検査を受けることができます。

 マンモグラフィーは、乳房のX線検査のことで、乳がんの初期症状である石灰化や小さなしこり、わずかな乳腺のひきつれなどを写し出します。このため、乳がんの早期発見に有効だと考えられています。

 しかし、実際に乳がんが見つかったとき、「定期的に検診を受けていて、前回は異常がなかったのに」という人もいます。検診を受けていれば、本当に安心なのでしょうか。がん研有明病院乳腺センター長の大野真司医師は、「検診は100%ではない」と言います。

「がんがあるにも関わらず、マンモグラフィーの画像では異常が写らないことがあり、主に三つのケースが考えられます。一つは40代に多い『デンスブレスト(高濃度乳房)』の場合。乳腺の割合が高く、全体が白く写るため、同じく白く写るしこりがまぎれてしまいます。二つ目が石灰化しないタイプのがんだった場合です。乳がんの中には、石灰化しないタイプのがんもあります。三つ目は5ミリ以下の小さながんだったケースです。がんが大きくなるスピードは1年間に1.5〜2倍くらい。2センチのがんが見つかったとしても2年前には小さすぎて写らなかった可能性があります」

 マンモグラフィーで写らないがんを見つけるために、できることはあるのでしょうか。一つは超音波検査を併用することです。超音波検査は、手に触れる前の小さなしこりを見つけることができます。ただし、自治体で実施する住民健診などの「対策型検診」には含まれていません。

 対策型検診は集団全体の死亡率減少を目的として実施します。超音波検査を併用することでがんの発見率は上がりますが、死亡率を減少させるかどうかは、現在のところ明らかになっていないのです。このため、超音波検査を受けるには、人間ドックなどの「任意型検診」を受けるか、自治体によっては費用の一部を自己負担し、追加の検査として受けられることもあります。

「乳がんは個別化治療が進み、がんの性質によって薬の種類など治療方法が異なります。検診も同様に乳房の性質やリスクに合わせて行う個別化検診という考えが広まりつつあります」

 乳がんの5〜10%は遺伝が原因と言われています。この場合、通常よりも若い年代で発症し、進行が早い傾向があるので、血縁関係が近い人の中に乳がんや卵巣がんになった人がいれば、40歳以下でも一度検査を受け、検診の頻度や方法を医師と相談しましょう。

■がんを確定する針生検 リスクもある

 検診で精密検査が必要と診断された人のうち、実際に乳がんであった人の割合は4.38%(厚生労働省「平成30年度地域保健・健康増進事業報告」から)。つまり、実際にはがんではないことが多いので、落ち着いて精密検査を受けることが大切です。

 近くの病院やクリニックの乳腺科を受診して、再度マンモグラフィーや超音波の検査を受けることになりますが、医師が乳がんを専門にしているかどうかは、日本乳癌学会が認定する「乳腺専門医」であることが目安になります。検査で異常がないと診断されれば、引き続き、2年に1回の検診を受けることになります。

 一方、異常が確認された場合は、「細胞診」や「組織診(針生検)」で細胞を調べる病理検査に進みます。どちらもしこりに針を刺して細胞を採取し、顕微鏡で調べる検査です。細胞診は、局所麻酔の必要はありませんが、組織診はより太い針を使用するため、局所麻酔が必要です。病理検査はがんと確定するための検査ですが、100%確実ではなく、しこりが微小で針が的中しないケース、たまたまがんではない部分を採取してしまうケースなどもあります。

「画像検査と病理検査の結果が一致しない場合は、再度針生検をします。それでも一致しなければ、病理医と相談のうえ、太い針を使用したり、吸引しながら採取したりする方法で、より多くの組織を採取します」

 なかには画像検査の結果、「おそらく良性だが、念のため1年後にもう一度検査しましょう」と言われることがあります。

「形や大きさから良性だと考えられるけれど、変化をみるためにも1年後に再度確認したいといったケースです。がんの可能性は極めて低いけれど、たとえ1年後に確認したときにがんだとわかってもその時点で治療すれば治ると判断しているのです」

 乳がんは早期に治療すれば治る確率が高く、ステージIで治療すれば5年生存率、10年生存率ともに99%を超えます。患者の希望でさらに検査をして小さながんが見つかると、「先生はがんを見落とした」と思うかもしれません。しかしそうではありません。専門医はがんがあるかどうかというよりも、治療が手遅れになるがんかどうかを判断しているのです。

 それでも本人が「白黒はっきりさせないと、心配で夜も眠れない」といったケースもあります。

「組織診や細胞診をすることもできますが、しこりが小さすぎると針を刺すのが難しく、血管が近い場合は危険なこともあります。内出血や傷が残るといったリスクもあるので、通常は医師が必要性を見極めたうえで、行います。本人の強い希望がある場合は、安全にできると判断した場合のみ、組織を採取することもあります」

■乳がんは自分で発見できる。日ごろから自分の乳房を意識すること

 まれではありますが、進行が早いタイプの乳がんもあり、検査と検査の間に大きくなることもあります。

「乳がんは自分で見つけられるがんです。対策型検診の対象ではない20〜30代の女性も含めて、自分の乳房を意識して生活する『ブレストアウェアネス』を習慣にすることが大切です。具体的には、月に1回自分の乳房に触れたり、鏡の前でチェックしたりして異変がないかどうかを確認すること。乳房が張っているとしこりを見つけにくいので、毎月の生理が終わった1週間後くらいのタイミングが適しています」

 閉経して女性ホルモンの分泌量が減っていくと、乳腺の割合も減っていくので、マンモグラフィーにしても、セルフチェックにしても、しこりを見つけやすくなっていきます。つまり、乳がんの発症率が高く、閉経前で高濃度乳房の人の割合が高い40代は特に注意が必要といえます。異変を見逃さないために、日ごろから乳房を意識する習慣を身につけましょう。

(文・中寺暁子)