私立、公立、国立の中高一貫校には、それぞれどんな特徴があるのだろうか。指導経験の長い2人が「親が知っておきたい基礎知識」を解説する。AERAムック『偏差値だけに頼らない 中高一貫校選び2022』(朝日新聞出版)より一部抜粋して紹介する。



*  *  *
■学校の選び方が大切。進学実績ばかりを意識せずに!

 中学受験の世界には「7・5・3」という言葉がある。7校に出願し、5校を受験し、3校に合格するのが理想的という考え方だ。

 志望校選びに際しては、6年間通うという点を念頭に置く必要がある。栄光ゼミナールの藤田利通さんはこう話す。「お子さんの性格に合うのは、自主性を重んじる校風なのか、面倒見の良さなのか。学校文化は大きな判断基準になるでしょう」

 藤田さんは、自由な校風のなかでは自分で考えて行動することがとても大切なため、勉強だけでなく日常生活も含め、わが子の性格を考慮して志望校を選ぶよう勧める。

 私立・国立中学校の受験生とその保護者へのアンケート調査(栄光ゼミナール調べ、別表)によると、志望校を選ぶうえで学習面について重視したこととして、最も多かったのは「学校の教育方針・校風」(受験生64.0%、保護者75.2%)。一方、受験生と保護者のあいだで開きがあった項目は「校舎や設備が整っている」(受験生61.6%、保護者22.1%)、「中高一貫指導」(受験生25.6%、保護者41.9%)、「大学への進学実績」(受験生17.5%、保護者33.8%)だった。

 都立小石川中等教育学校と成城中学校・高等学校(東京)、公立と私立で校長を務めた経験を持つ栗原卯田子さんはこう語る。

「大学の進学実績だけで選ぶと、子どもは輝きません。部活動や海外研修など、6年間でお子さんに経験してほしいことも重視するといいと思います」(栗原さん)

■スピード感のある私立は時代の変化にうまく対応

 私立は現場と設置者側との距離が近く、変化に柔軟に対応できる。20年春の新型コロナによる休校要請の際も、ICT(情報通信技術)の活用やリモート授業の実施の早さなどが注目された。「新しい取り組みが柔軟にすぐ行えるのが私立の特長です。私も成城中学では、高校に接続する『数学統計』など独自の学びを設定できました」(栗原さん)

 藤田さんも同意見で「ニューウェーブの学校が増えました」と分析する。共学化や名称変更に加え、時代のニーズに合わせて新規のコースを開設する学校が目立つという。15年度に戸板中学校・女子高等学校から共学化を図って改称し、インターナショナルコースなどを立ち上げた三田国際学園中学校・高等学校(東京)や、21年度に村田女子高等学校から共学発展した広尾学園小石川中学校・高等学校(東京)などが注目を集めている。

■都立の中高一貫校では教員の公募も実施

 東京都では都立の中等教育学校や併設型の中高一貫校で、教員の公募を行っている。例年、主任養護教諭、養護教諭を除く全教科で応募を受けつけており、希望する教員は、授業に関する実績や中高一貫校に配属された際の抱負などを作成して応募。書類選考のうえ、個別面接を受ける。

「応募してくる教員は『中高一貫校で教えたい』という情熱を持ち、中学と高校の両方を指導する力量も求められます。都立中高一貫校教員の公募制度であるため希望する学校に配属されるとは限りませんが、倍率は高く、公募選考で異動してきた教員は大きな力になってくれます」(栗原さん)

■公立の中高一貫校は数が少なく、狭き門

 埼玉県では19年度にさいたま市立大宮国際中等教育学校、21年度に川口市立高等学校附属中学校が新設された。福島県は、進学校の安積高等学校を25年度に中高一貫校に発展させる計画を発表している。

 全国的に公立中高一貫校の新設の流れがある一方、一覧(別表)のとおり、公立中高一貫校の数はまだ限られており、倍率は高くなる。たとえば東京都教育委員会が発表した21年度入試の都立中高一貫校計10校の平均受検倍率は4・87倍。私立の「男子御三家」の一つ、開成中学校が2・6倍だったことを考えると、都立の倍率の高さは際立つ。

 検査(入試)の日程も門を狭くしている。「都道府県ごとに、公立の中高一貫校の入試日は同日に設定されています。つまり、基本的に公立の中高一貫校は一校しか受けられません」(藤田さん)

■国立では最先端の教育を受けられるが、高校受験が必要

 国立大学の附属中学校は、もともと大学の教育実験校として設立された背景を持つ。そのため、文科省の学習指導要領改訂が意識された最先端の教育を受けられる。

「最近だと、『発表型の授業』と言って、学んだことを教え合い、インプットとアウトプットを繰り返して理解を深める学びが主流になっています」(藤田さん)

 一方で、国立校の多くは、内部進学を含め、一貫校であろうとも高校入試を受ける必要がある。そして、最先端の教育が必ずしも高校受験の勉強に重ならない点には注意が必要だという。

「エスカレーター式で高校に上がれるわけではないので、他校を受験する生徒も一定数います。国立の中学校に入学した場合は、内部進学を狙っていたとしても中学生のうちから塾通いを想定したほうがいいと思います」(藤田さん)

■公立は教員の研修制度が豊富で、指導力も充実

「教員の人材育成に関しては、公立は私立以上に組織的に充実していると思います。生徒の学びを伸ばす授業力を高める仕組みが整っています」(栗原さん)

 公立校の教員は、文科省の主導と教職員支援機構の運営のもと、体系的な研修を受けるのが基本だ。教職員研修は「自己研修」「校内研修」「校外研修」の三つに分かれており、さまざまな角度から指導力を向上させる。

 教員の経験年数に応じた制度も用意されている。新規採用者を対象とした「初任者研修」と、在職期間が10年程度の教員に向けた「中堅教諭等資質向上研修」が代表例だ。ベテランの教員が研修時に講師を務め、教科指導や生徒指導などに必要な能力を伸ばしていく。

「公立の中高一貫校もそれぞれ独自の教育方針を掲げているうえ、カリキュラムも整備されていますから、大学への進学実績もしっかりと上げています。公立一貫校でも質の高い授業が受けられると思ってよいでしょう」(藤田さん)

■公立の中高一貫校も私立並みに特色を打ち出している

 公立校では画一的な教育が行われている印象があるかもしれないが、必ずしもそうとは言い切れない。「私が勤めた都立小石川中等教育学校は『小石川教養主義』『理数教育』『国際理解教育』を打ち出しています。先進的な理数教育を行う学校として、文科省から『スーパーサイエンスハイスクール(SSH)』にも指定されています」(栗原さん)

 ほかの都立中高一貫校も東京都の意向を踏まえ、独自色を出している。桜修館中等教育学校は「真理の探求」、立川国際中等教育学校は「国際社会に貢献するリーダーを育成」、三鷹中等教育学校は「思いやり・人間愛(ヒューマニティ)を持った社会的リーダーの育成」をキャッチフレーズに掲げており、それぞれ特色のある教育を行っている。

■高校受験がない中学3年の時間を有意義に使える

 6年間一貫校の場合、高校受験に挑む必要がない。中学3年での中だるみを不安に感じるかもしれないが、学校側も工夫を凝らしている。

「中学3年次に海外研修や海外でのホームステイ研修を設けている学校も少なくありません。貴重な体験を積むことができます」(栗原さん)

 藤田さんも「高校受験がない分、卒業研究などで好きな分野を学べる利点があります。中学3年間、部活動に打ち込めるのも中高一貫校の魅力だと思います」と話す。

(文/菅野浩二)

【話を聞いた人】
成城中学校・高等学校前校長 栗原卯田子さん
都立高校の教頭、校長を歴任したあと、都立中高一貫校の改編に携わる。都立小石川中等教育学校の校長を6年間、私立成城中学校・高等学校の校長を8年間務めた。

栄光ゼミナール指導統括室 藤田利通さん
指導歴30年。中学入試の理科を指導し、御三家中の入試対策ゼミを20年以上担当。2018年から栄光ゼミナール中学入試責任者を務める。

※『偏差値だけに頼らない 中高一貫校選び2022』より