私立・国立中学の受験者は約5万人。中学受験を考える親が知っておきたい基礎知識を、指導経験の長い2人がアドバイスする。AERAムック『偏差値だけに頼らない 中高一貫校選び2022』(朝日新聞出版)より一部抜粋して紹介する。
*  *  *



■少子化が進むなか受験者数は増えている

 少子化に歯止めがかからない一方、ここ数年、私立中学の受験者数は増え続けている。学習塾の栄光ゼミナールによると、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県における私立・国立中の受験者数推計値は、2015年度に4万5500人だったが、21年度には5万1400人となっている。

 栄光ゼミナールの藤田利通さんは、こう分析する。

「文部科学省が高校と大学での学びをつなげる『高大接続改革実行プラン』を発表したのが15年。大学入試も変わると言われていましたが、当時はまだ、具体的な見直しの方向は見えていませんでした。先行き不透明な大学受験を避けたい目的もあり、ここ数年は特に大学の付属や系列中学校の人気が高まっています」

 文科省が推進し、大学入試でも重視される「思考力」「判断力」「表現力」の育成に力を入れ始めた私立中学も受験者数を伸ばしているという。

■中高一貫校には大きく分けて3種類ある

 中高一貫校には、「中等教育学校」「併設型」「連携型」の3種類がある。

 中等教育学校は最初の3年間を前期課程、そのあとの3年間を後期課程とし、6年間の一貫教育を展開している。後期課程からの入学者は募集していない。

 併設型は中高を接続した学校形態だ。高校からの入学が可能な学校もあるが、私立・公立ともに高校募集をやめる学校が増えている。「6年一貫のほうが教育の理念を遂行しやすいという学校側の思いがあると思います」(藤田さん)

 連携型は公立に多い。たとえば場所が近い中学校と高校がカリキュラムの編成、教員や生徒間の交流などで連携を図る。高校受験は必須となっているが、連携型中学校からは、調査書や学力検査以外の資料によって高校入学者を選抜できることになっている。

■6年間で、私立の学校教育費は公立の約4倍かかる

「公立のメリットは何と言っても、私立と比べ学費が安いこと。家庭の経済状況に関係なく教育を受けられる場を設けるのは公立の役目だと思います」

 そう話すのは、都立小石川中等教育学校と成城中学校・高等学校(東京)、公立と私立で校長を務めた経験を持つ栗原卯田子さんだ。20年度から「私立高校授業料実質無償化」が始まったが、公私間の学費の差は依然、大きいという。

 文科省の「平成30年度子供の学習費調査」によると、公立と私立の学校教育費の違いは明らかだ。中高とも公立に通った際の6年間の総額は、私立中学3年間の半額以下。月平均で約1万7500円だ。

■私立と公立の受験勉強は全くの別物

 私立の入試問題は小学校の学習範囲を超えており、大人でも苦戦する難題も少なくない。一方、公立の「適性検査」は小学校で学んだ内容を軸に、思考力や表現力を問う。私立の多くが国語、算数、理科、社会の4科目受験を基本とするのに対し、公立の適性検査は教科横断型の側面を持つ。「適性検査は読解力や分析力などが求められるテストです」(栗原さん)

 当然、受験勉強の内容や方法も異なるため、志望校選びにも影響してくる。「公立が第1志望なら、4科目の私立受験は現実的ではありません。適性検査型入試や思考力型入試など、公立と同様の試験を採用している私立を併願受験するのが妥当です」(藤田さん)

■私立中学校の受験は親子ともに準備が大変

 中学入試では、小学4年生になる春前から塾に通い始め、受験勉強を本格化させるのが一つの常識となっている。「特に私立の受験勉強は大変ですね。何より、学校の勉強では補えない範囲で4科目をバランスよく勉強し続けなければいけません。やる気の継続という点では、多くの家庭が少なくとも一度は悩みます」(藤田さん)

 親の負担も小さくない。夜遅くまで塾で勉強する子どもに対して夕食の弁当を作ったり、週3、4回の頻度で送迎をしたり、予習復習を見てあげたりと、サポート役に徹しなければならない。

 志望校選びに関しては、学校説明会や個別相談会に参加し、教育理念などを親子そろってしっかりと把握する必要がある。校風を肌で感じるには、文化祭や学園祭に足を運ぶという事前準備も重要だ。

 それだけの時間と労力を重ねて臨む中学受験。一校も合格できない“全落ち”は避けたいところだ。合格の可能性を考えた志望校や併願校の選択も、重要な準備と言える。

■選択肢が豊富な私立中学。寮のある学校も

「首都圏は特に学校数が多く、私立は選択肢が豊富です。それぞれに個性がありますし、中学から複数のコースを設けている学校もあります。受験日も異なるので、そのなかで決めた学校に進んだ子どもたちは、やはり楽しそうです」(藤田さん)

 藤田さんは、私立は運動部だけでなく、文化部も充実している学校が多く、授業外で活躍できる場がある点も特色だと話す。

 寮を完備している私立中高一貫校も少なくない。全国を対象に学校選びができる点は、私立受験のメリットの一つと言えるだろう。

■異動が原則ない私立の教員は愛校心と連携が強い

 栗原さんによると、私立の教員は原則として異動がないため、愛校心が強いうえ、固い仲間意識を持っており、何かしらの問題に直面した際に乗り越える総合力やスピード感があるという。

「私立は採用に関しても学校に裁量がありますし、優秀な人材が集まりやすいと言えます。若いうちに採用され、『定年退職まで教えます』という覚悟を持っている教員が指導をするので、授業の質は必然的に高くなります」(栗原さん)。教員たちの知見の蓄積が伝統の深化につながったり、人材育成を促したりする一面もあるという。

(文/菅野浩二)

【話を聞いた人】
成城中学校・高等学校前校長 栗原卯田子さん
都立高校の教頭、校長を歴任したあと、都立中高一貫校の改編に携わる。都立小石川中等教育学校の校長を6年間、私立成城中学校・高等学校の校長を8年間務めた。

栄光ゼミナール指導統括室 藤田利通さん
指導歴30年。中学入試の理科を指導し、御三家中の入試対策ゼミを20年以上担当。2018年から栄光ゼミナール中学入試責任者を務める。

※『偏差値だけに頼らない 中高一貫校選び2022』より