将棋の棋聖戦で藤井聡太棋聖が渡辺明名人を3連勝で破り、初防衛を果たした。史上最年少のタイトル防衛と九段昇段も達成。終盤の妙手で天才ぶりを発揮した。AERA 2021年7月19日号で、この第3局を取り上げた。



*  *  *
 記録に興味のない大天才が、またもや大記録を達成した。

 7月3日におこなわれた棋聖戦五番勝負第3局。藤井聡太棋聖(18)は渡辺明名人(37)を下し、3連勝のストレートで棋聖位防衛を果たした。

 藤井が勝てば、いつも何かしらの記録がセットでついてくる。今回は史上最年少でのタイトル防衛と九段昇段だった。

 報道陣がセンセーショナルに記録を取り上げる一方で、藤井自身はまるで興味を示さない。まず強くなりたいと願う藤井が一貫して興味を示すのは、盤上の最善手だけだ。まずは第3局の模様を振り返ってみよう。

■正確に指せば渡辺勝ち

「両方勝ちかと思ったんだけど、両方負けなの? はははは。あきれますね、これ。両方負けなの。ひえー」

 将棋界の住人は驚いたとき「ひえー」と声に出す。対局後の感想戦。自身の明快な勝ち筋を見つけられない渡辺は、心底あきれたという様子で笑った。

 本当は「両方負け」ではなかった。終盤、渡辺は正確に指せば自身の勝ちと、的確な判断をしていた。あとは藤井玉を攻略するため、どこに角を打つか。勝ち方は2通りあるように見える。持ち時間4時間のうち、残りは渡辺44分。藤井はわずかに3分。渡辺は戦略的に時間も残し、あとは余裕を持って勝ち筋を見つければいい。しかしその順が見つからない。それはもちろん、藤井がわずかな残り時間で最善を求め続け、複雑さをキープしていたためだ。渡辺の時間は刻々と削り取られていく。

 長考しても読みきれぬまま、渡辺は正解と思われる順を選んだ。藤井は正確に対応する。そしてどこかでわずかに渡辺が間違えた。それがどこなのかはっきりしないまま、いつしか形勢は逆転。藤井勝勢になった。

「藤井君が全部大楽勝だと、面白くもなんともない。世の中の人がいま求めているのは、藤井君が強い相手にスレスレで逆転勝ちしたりするところでしょう」

 今期棋聖戦での対戦が決まる前、渡辺は語っていた。皮肉なことに渡辺は、世間が一番沸き上がる場面を作り上げていた。

 両者60秒未満で指さなければならない一分将棋。渡辺は金を打って藤井玉に迫る。渡辺は近年、AIを駆使した深い序中盤の研究で知られるが、終盤も超一流だ。だからこそ「現役最強」と言われるまでに勝ち続け、棋界の頂点に君臨している。

■最強の挑戦者返り討ち

 記録係の秒読みの声が響く中、藤井は飛車を逃げた。そこは渡辺の馬(成角)にただで取られるところだ。

「ひえー。すごいですね」

 解説の高段棋士が驚きの声をあげた。もし並の18歳四段が終盤の競り合いの中、百戦錬磨の名人を相手にこの妙手を指して勝てれば、生涯たたえられるだろう。しかし18歳九段目前の藤井はそんな妙手を、トップクラスの棋士たちを相手に、数カ月に1度のペースで量産しているようにも見える。

 渡辺は頭に手をやり中空を見つめた。勝ちは見つからない。58秒まで読まれ、馬で飛車を取る。途端に馬の利きがそれ、渡辺玉に詰みが生じていた。

 藤井は王手を続けていく。表情はずっと変わらない。渡辺は腕を組んで、また何度か中空を見上げた。

「負けました」

 100手目の桂打ちを見て、渡辺は投了。歴史的な五番勝負は幕を閉じた。

 昨年、藤井に棋聖位を奪われた渡辺は今年「最強の挑戦者」としてリターンマッチに臨んだ。しかし結果は3連敗で返り討ち。渡辺はタイトル戦登場39回目にして、初のストレート負けを喫した。渡辺はコメントを求められると伝法な調子で返した。

「フルセットだろうがどう負けようが、そこの違いにあまり意味はないと思うので」

 渡辺の本音であろうがやはり3タテは衝撃的だ。通算対戦成績も藤井の8勝1敗となった。(ライター・松本博文)

※AERA 2021年7月19日号より抜粋