2年ぶりの開催となった夏の高校野球は8月29日、“智弁対決”で全国制覇を争った。9対2で智辯学園に競り勝ち、2021年夏の甲子園優勝校となった智辯学園和歌山高校は、医学部進学にも強い男女共学校としても有名だ。なぜ、医学部合格を勝ち取れるのか、どんな授業をしているのか。その秘密に迫った、2021年1月5日配信の記事を再掲する。



*  *  *
 青い空をまっすぐな白球が飛んでいく。1978(昭和53)年に開校した智辯学園和歌山高等学校は、甲子園(全国高等学校野球選手権大会)での優勝校としても名を馳せるが、医学部進学に強い男女共学校としても有名だ。

 2020年は防衛医科大学校に12人、和歌山県立医科大学に12人ほか、計
37人が医学部合格を勝ち取った。理事長でもある藤田清司校長は、こう話す。
「開校以来、教職員たちの合言葉として『東京大学と国公立医学部医学科の合格者数を増やす』を掲げて邁進してきました。生徒も先生もがんばったおかげで、今の智辯和歌山があるのです」

■勝負に勝つ五つのキーポイント
 
 コロナの影響で昨年、選抜甲子園の開催は中止となった。それを聞いたとき、野球部員だけでなく学校全体が落胆した。だが、藤田校長はこう諭し、励ましたという。

「県大会の可能性や交流試合の実施はあるかもしれないので、日々の努力を積み重ねなさい。がんばったら必ず、いいことがある」と。
 
 応援団とチアリーダーとブラスバンドが織りなす智辯和歌山の野球の応援は独特であり、全国的にも知られている。全校生徒が一つとなり、野球を応援することも、進学に影響しているという。

「勝負に勝つには五つのキーポイントがあります。(1)大きな目的目標を持つ、(2)日々の地道な努力、(3)絶対に最後まであきらめない精神、(4)仲間との団結力、(5)感謝の心。このすべてがそろっているとき、人間はとても強くなれるのです」
 
 これは野球だけの話ではなく、大学進学も同じだという。目標とする大学を決めたら日々の努力を怠らず、模擬テストが悪くても最後まであきらめない。友達や先生との団結力、そして常に感謝の心を持つ。

 野球部ががんばっているときは、全校生徒は野球部のために応援し、野球部員は全校生徒のために全力を尽くす。それが今の智辯和歌山の勢いにつながっていくのだ。

■1日7限の授業を1年間で250日

 授業時間は60分。まず、教科書レベルの基礎・基本を40分学び、残りの
20分は発展的思考力を養成する。要は、大学入学共通テスト対策を40分、残りの20分は二次試験の訓練ということだ。

 多い時は1日7限目まであり、これが中学1年から高校3年までの6年間、続けられる。また、1年の授業数は250日を数える。ひと月のうち、第2土曜日だけが休みで、残りの土曜日には授業があり、年末も12月28日ぐらいまで授業が行われる。

 勉強のスピードが速いと言われてはいるが、250日あるのでじっくりと教えることができるという。
 
 医学部進学に強い高校は、中高一貫の男子校や女子校が多い印象があ
る。では、共学校の強みは、どこにあるのだろうか。

「男子校や女子校の良さも、あるでしょう。しかし、中学・高校生が男女一緒の場所で教育を受けるというのは、自然な流れだと思います。男性・女性のそれぞれの良さを、お互いに認めあって共有し、異性をいい意味で人間として意識する。そして自分にないものを学ぶ。これは、共学校でないとできないことです」

■感謝の心を常に大切にする教育方針
 
 宗教学校でもある智辯学園和歌山では入学式のとき、新入生の一人ひとりに藤田理事長から「数珠」を渡されるという。

「わが校の宗教的情操教育の柱は、『感謝の心を常々大切にする』です。人のために尽くし、世の中で役に立てる人間になるという情操教育を6年間ずっとしていきます。人を助ける職業を考えたときに、最初に思い浮かぶのが医師。この宗教的情操教育も医学部進学率の高さに影響しているの
かもしれません」
 
 教員も智辯和歌山で教えることにプライドを持ち、宗教的情操教育での人格形成も行う。知力と人間性を学び、両立させていくことで、将来、各分野で活躍するリーダーを育てているのだ。
 
 コロナの影響や共通テストへの不安も、生徒たちにはあるだろう。

「不安は野球の試合と一緒で、どうなるかわからない。コロナのワクチンや治療薬の製造は、入試までに間に合わないかもしれない。それでも、入試は必ずあります」
 
 休校中、授業の再開を待ち望んだ生徒たちは元気に登校し、夢中になって真面目に勉強していた。(長谷川拓美)