かつての起業家が「意思ある投資家」として、次世代の起業家を育てる。そんな循環の中心にいる人々に迫る短期集中連載。第1シリーズの第3回は、企業の受付から起業家に転身した、ベンチャー企業RECEPTIONIST(レセプショニスト)のCEO・橋本真理子(39)だ。AERA 2021年9月6日号の記事の1回目。


*  *  *
 東京・渋谷のランドマーク、セルリアンタワー11階。「日本を代表する総合インターネットグループへ GMO」と書かれた円筒型の受付カウンターの中には、常時3人が待機する。

「かっこいいなあ」

 その一人、橋本真里子はテーブルの下に忍ばせたスマホの画面をこっそりのぞき込んだ。仕事中にスマホを見ていて良いわけがない。この道10年の彼女が知らないはずもないが、どうしても衝動を抑えられなかった。

 橋本が見ていたのは、ベンチャー育成の一大イベント「IVS(インフィニティ・ベンチャーズ・サミット)」の目玉企画「ローンチパッド(発射台)」。予選を勝ち抜いた起業家の予備軍が、ベンチャー投資家(VC)の前でピッチ(ビジネスのプレゼンテーション)を行う。優秀者は出資を受けられる。

 腕に覚えのある起業家たちが「我こそは」とピッチを繰り広げる。その感想を後に橋本は自分のブログにこう記している。

<受付嬢では参加が許されぬイベント。(中略)出ている人みんなかっこいい…いつか出たい…自分の言葉で自分たちのサービスを伝えるってすごいなーってずーーっと思っていました>

■近くて遠い起業家たち

 それは橋本にとって近くて遠い世界だった。大学卒業から複数のIT企業で受付をしてきた橋本は、多くの業界関係者と顔見知りになった。ローンチパッドに登場する起業家も、何人かは知り合いだ。審査しているVCにも知己が少なくない。

「マリちゃん、週末空いてる? お客さんとのゴルフ、付き合ってくれないかな」
「取引先と会食なんだけど、俺たちだけだと間がもたなくて」

 いつも笑顔で頭の回転が速い橋本は、経営者たちに重宝がられた。ゴルフや会食を共にすれば、おのずと業界の事情にも通じてくる。誰と誰が仲が良いか、あの会社はどんなことで困っているか。様々な情報が入ってくる。だが、それはそれ、これはこれ。プログラムが書けるわけでも財務が分かるわけでもない。ただ憧れるだけだった。

 1981年、三重県鈴鹿市で3人きょうだいの末っ子に生まれた。父は旭化成の工場の研究者。社宅で育ち、「早く結婚してお母さんになる」と思っていた。高校生の時、母から「一度は東京に行きなさい」と勧められた。母は社宅暮らしが気詰まりだったようだ。それもあって武蔵野女子大学(現武蔵野大学)に進む。当時も「しばらくOLをして結婚」と考えていた。

 だが大学を卒業した2004年は就職氷河期の真っただ中。「しばらくOL」が簡単ではなかった。友達は髪を黒く染めリクルートスーツを着て、たった一つの内定をもらうのに何十社も訪問した。個性が消え、みんな同じ顔になっていく。

(何のために?)

 橋本は両親に言った。

「私には就活、無理みたい」

 大学を卒業してから1年間、アルバイトをしながら考えた。

「働くってどういうことだろう」

 二人の兄は大学を出て、商社と銀行に就職した。友達も皆、働いている。アルバイトでは収入も安定しない。焦りが募る。新卒でも難しい正社員。「第二新卒」という言葉も珍しかった当時、門戸はさらに狭くなる。

 一方、正社員と違って売り手市場だったのが派遣社員。橋本が目をつけたのは企業の受付だった。接客のバイトをしていたので、これなら自分にもできそうだ。「働く場所が大企業」というのもいい。早速、新宿西口の派遣会社で登録を済ませた。

(敬称略)(ジャーナリスト・大西康之)

※AERA 2021年9月6日号より抜粋