「介護施設でクラスター発生」……悲痛なニュースが飛び交った昨年から、介護業界の人手不足が加速しています。介護職でなく高齢者の入居控えも進むなか、ホームの運営にも工夫が求められています。現在発売中の週刊朝日ムック『高齢者ホーム2022』から抜粋して紹介。



*  *  *
■新規オープンしても 働く人が足りない

 新型コロナウイルス感染症の拡大により、避けられることも多い接客業。とくに介護業界は苦闘しています。淑徳大学総合福祉学部の結城教授は、「もともと人手が足りていない業界ですが、コロナ禍が人手不足に拍車をかけました」と言います。

 また、高齢者ホームの情報サイト「LIFULL(ライフル)介護」編集長の小菅さんもこう言います。

「介護業界は、不景気になると他業界から人が流れてくる傾向があります。しかし今回のコロナ不況下では、求職者が増えた実感があるという声は現場からは聞こえません。新規オープンした3階建てのホームで、スタッフが集まらず、人員不足ですべてのフロアを稼働できないという例もあります」

 このような状況を反映してか、2020年には、介護事業所の倒産件数が過去最多を記録。感染した場合、とくに重症化しやすい高齢者が、利用を控えたことによると見られています。




「ホームに住む人だけでなく、皆、家に閉じこもりがちになってしまっており、デイサービスなどを利用したがらない人もいると思います。ホームも感染対策に疲弊しています」(結城教授) 

■見学、レク、面会 ホームの対応を確認

 コロナ禍で、ホームを選ぶ際のポイントも増えました。小菅さんは次の3つを挙げます。

「見学の方法、レクリエーションの工夫、面会の可否に注目しましょう。見学はオンライン化により、離れた家族も一緒に見学できる、時間と費用を節約できるため多くのホームを比較検討できるといったメリットも生まれています。また集団でおこなうことの多いレクリエーションを、いかに工夫しているかもポイントです。タブレット端末を使った脳トレなど、個別に実施できるレクで入居者の生活の充実を図るホームも増えています」



 そして3つ目の面会は、入居者の家族にとっても重要です。

「コロナ禍で、入居している人と1年以上会えていないという家族の声も多く聞きます。入居者の認知症の進行次第では、孫や子どもの顔を忘れてしまうのではと不安になる家族も。事前予約制、来客は3人まで、1回15分以内といった制限付きでも面会が可能かどうかは確認しておきましょう」

■動画でのホーム見学に期待

<グッドタイムリビング株式会社代表取締役社長・岡口雅信さんの話>

 業界全体として介護職採用の活動はこれまで以上に重要になっていますが、当社では、たとえば、朝の忙しい時間におけるシニア層や主婦層の短時間勤務での採用や、館内のインフラ整備とシステム導入によるスタッフ間の円滑な情報共有や業務効率化を進め、働きやすい環境を整えることで、多様な人材の柔軟な確保を目指しています。

 感染対策も徹底して行っており、入館者の検温と「顔認証登録・未登録の識別」を実施した上で、自動ドアの開閉制御を行う「顔認証付きAIサーモカメラ」導入のほか、ホームページ内にご家族専用ページを開設しました。感染が判明した場合は、発生の経緯などを速やかにお知らせしており、ご入居者とご家族の信頼をいただけていると感じています。

 コロナ禍で見学件数は大幅に減りました。そこで今年から、ご入居者の暮らしの様子をYouTubeで積極的に公開しています。今後は動画を見て入居を決める方も増えると期待しています。

(文/白石圭)
※週刊朝日ムック『高齢者ホーム2022』から