「詰め込み」「偏差値」というイメージが強い中学受験。「受験のための勉強は子どもの将来に役に立つの?」「難易度より、子どもを伸ばしてくれる学校を選びたい」といった悩みを抱えている親御さんも増えています。

 思い切って「偏差値」というものさしから一度離れて、中学受験を考えてみては――。こう提案するのは、探究学習の第一人者である矢萩邦彦さんと、「きょうこ先生」としておなじみのプロ家庭教師・安浪京子さんです。将来中学受験を検討する方、いま受験に向き合っている方、ママパパたちのさまざまなお悩みに、2人のカリスマが答えます。

*  *  *

【相談1】

「小3の息子は好き、嫌いがハッキリしているタイプ。今まで彼の個性を生かした学びを大切にしてきました。中学は私立に行かせたいと思いますが、そこで必要なのは『大手塾に入って詰め込み勉強をすること』。息子がついていけるか不安ですし、その詰め込み勉強が必要かどうかモヤモヤします」(東京都在住・小3男児の母)

■「中学受験」と「探究」には相乗効果がある

安浪:矢萩さんとは中学受験に関するセミナーを何回かやっているんですが、こういうお悩みをお聞きすることが、最近本当に増えてきましたよね。今回から場をこちらに変えて、対談させていただけることになりました!

矢萩:嬉しいですね。安浪さんと僕は同じ中学受験業界でもちょっと立場が違いますからね。僕自身もワクワクしています!

安浪:ありがとうございます! そもそも「探究」や「リベラルアーツ」をテーマに教育活動をしている矢萩さんと中学受験セミナーをさせていただいている理由は、中学受験における親の価値観が多様化しているな、というのがあり、もっと多角的に中学受験を考える場ができればいいな、と思ったからなんです。

矢萩:そうですね。「中学受験」と「探究」。一見相反しているようで、実は共存できる方法もありますし、相乗効果を上げることもできます。

安浪:矢萩さんにとって「探究」の定義って何ですか?

矢萩:一般的には「物事の真相を見極めようとする活動」などと言われますが、わかりやすく言うと、興味のあるテーマの「なぜ?」を調べて考えたり、知識のあるなしに左右されない「問い」についてみんなで一緒に考えたりして、対話することで深めていく活動ですね。ですから違う学年の子が一緒に授業を受けることもできます。

安浪:知識があること前提で、正解を素早く出すことが求められる中学受験の勉強とはちょっと違いますね。

矢萩:でも答えを出すプロセスに探究的要素を入れていくことは可能かと。

安浪:それはあります。算数の勉強でも公式を教えて「これに当てはめて答えを出してね」と言うのと「どうしてこういう公式ができたのかな?」と考えさせてから答えを出すのとでは学びの質が全然違います。

矢萩:そうそう。結局は教える側の問題なのですが。

安浪:最近は多くの方に「探究」という言葉が浸透してきた感があります。保護者の相談でも「もっと探究的に学ばせたい」などの言葉が出るようになりました。

矢萩:この数年で劇的に変わってきましたね。今回のご相談者さんのように「中学受験をしたいけれど詰め込み勉強はさせたくない」と考える親御さんが増えてきた。

安浪:ただね、この回答はすごく難しいんです。「詰め込み勉強はさせたくない」と言っても「○○校ぐらいのレベルの学校に行きたい」などおっしゃっていることも多くて、偏差値もちゃんとこだわっていたりする(笑)。

矢萩:僕ら相談される側からすると、相談者が求める目的によって打てる手は全然違ってくるんですよね。

安浪:そうなんです。そもそも塾選びも変わってきますしね。

矢萩:安浪さんのところに相談に来る方はやはり大手塾に通っているご家庭が多いんでしょ?

安浪:はい。「大手塾に通っているけど授業についていけない」「志望校の偏差値に届かない」というパターンがほとんどですね。矢萩さんのところは?

矢萩:そもそもウチは「探究的な学びをする塾」なので、中学受験で必要なテーマは扱うけれど「受験も合格も目的としていません」と最初に打ち出しているんです。まずはやりながらその子の性格や適性であるとか、何が楽しくて、どんな学び方と相性がいいのか、そもそも私立や公立一貫校に行きたいのかどうかを対話しながら考えていって、その過程で受験が必要ならしましょう、というスタンスです。そこはちゃんと保護者の方と合意形成できています。

■アスリート型、スタンダード型、マイペース型

安浪:なるほど。最近は中学受験を目指すご家庭でも価値観は様々になってきたな、と思いますね。私はよく3つのタイプに分かれる、と言っているんです。「とにかく偏差値にこだわる(1)アスリート型」、「できるだけ上を目指したいが、子どもがボロボロになるまでやらせたくない、という(2)スタンダード型」、「偏差値にこだわらず、子どもの個性にあったご縁がある学校に通わせたいとする(3)マイペース型」ですね。中学受験の層からすると(2)がいちばんのボリュームゾーンですが矢萩さんの塾にいらっしゃる方は(3)でしょうか?

矢萩:その3つで分けるとしたらそうでしょうね。

安浪:ご相談者の方もそうですが、もしあくまでマイペース型で行きたい、となったら大手塾を選ぶかどうかも考えどころですよね。というのも大手塾の良さってあくまで学校を偏差値で切って、カリキュラム通りに進めていくことですから。そのスキームが確立されていることは確かです。

矢萩:そもそも偏差値って大手塾が作成しているものですしね。大手塾が作った指標に向かって、塾が作ったテキストで勉強していけば効率がいいことは確か。うまく乗れれば、の話ですが。

安浪:塾に関してはいろいろ言いたいことがあるので、また回を改めて矢萩さんと話したいです!笑

矢萩:やりましょう! あとはこのご相談者に伝えたいのは、本当に詰め込み勉強をさせたくない、子どもの個性を生かした受験をしたい、というのであれば、最近増えている「新型入試」をやっている学校を探してみるのもいいかもしれません。

安浪:1教科で受けられたり、都立中高一貫の適性検査のようなもの、作文や面接などで受験できるものなど最近はいろいろありますね。

矢萩:そうです。ただこれも対策は大手塾では難しいですね。スキームがないので。どうやって対策していくかも、改めて紹介したいです。

安浪:これから従来型の中学受験とは違う、「偏差値にとらわれない」中学受験について矢萩さんと話し合っていくわけですが、考えるべきテーマも多そうですね。

矢萩:偏差値について、塾選び、新型入試の対策、学校選び…。話したいことはたくさんありますよ。

■「偏差値」に変わる「自分軸」がないとダメ

安浪:私も親御さんたちに「きょうこ先生に教えてもらえれば○○校に届きますよね?」と言われることがありますがが、プロ家庭教師は魔法使いじゃありません。小学校の内容理解もおぼつかないのに難関校を希望されるご家庭もありますが、無理なケースは無理なんです。だから、目的は「〇〇校に確実に受かる」ではなくて、中学受験でいかに子どもが成長できるか、を大切にすべきと思っていて。偏差値を否定するつもりはないんですけど、そればかりにこだわる必要は全くないと思っています。6年生の親御さんにこれを言うと「言い訳」と取られそうなので面と向かっては言いませんが。

矢萩:偏差値に頼らないなら、何を軸にして進んで行くか、となるんですが、それには親御さん自身が「自分軸」を作っていかないとダメなんですよね。じゃないと必ず周りに振り回される。

安浪:「自分軸」、本当にそうです。いきなり作るのは難しそうですけど絶対に必要です。中学受験に限らず、子育てをやっていく上で必要なことですね。

矢萩:もちろんです。この連載で親御さん自身が「自分軸」を作るヒントにもなればいいなと思います。

(構成/教育エディター・江口祐子)