27年にわたり中学受験指導を行っているベテラン塾講師・矢野耕平さんが、実際にかかわった受験生の実例や、自身で足を運んで取材した私立中高の様子をもとに、中学受験や学校選びのヒントをつづります。受験するなら知っておきたい、私立中学と中学受験の「リアル」とは――。

*  *  *

■わが子を置いて残していきたくなる街

 2022年4月。新たな共学の中高一貫校が誕生する。

 石川県金沢市。かつてこの地は「北陸の小京都」と呼ばれていた。古くから残る建物や街並み、和菓子の店や茶屋街、数々の伝統工芸品、地の野菜、あるいは、日本三名園のひとつである兼六園をはじめとした観光名所など……。確かに京都と共通項の多い土地柄であるように感じられる。

 しかし、金沢の人々は「小京都」と言われることに違和感を抱くようだ。

「『加賀百万石』という有名なことばがありますが、公家文化を中心に栄えた京都に対して、金沢は最大の外様といわれた前田利家が築いた、いわゆる武家文化で発展した街です。加賀藩は武士のみならず、庶民を対象に学問や文芸にも力を入れました。その影響でしょうか。人口10万人当たりの大学数では石川県は京都府に次いで全国第2位です。『学都・金沢』とも呼ばれているのですよ」

 こう説明してくれたのは学校法人金沢学院大学・企画部部長補佐の西念佑馬先生。

 この西念先生の名刺を見ると、その所属先に「中学校設置準備室」と添えられている。

 学校法人金沢学院大学は現在、「大学」「短期大学」「附属高校」を有しているが、来春2022年度に中学校を新規開校する。前身の私立金沢女子専門学園が1946年に創立されてから75年経ったいま、なぜ中学校を開設するのだろうか。聞くところによると、来年1月には東京・名古屋・大阪でも中学入試を実施し、広範囲から入学生を集めたいという。それを見越して、寮制度を充実させるらしい。

 そういえば、東京から金沢に赴任した教育関係者が次のような発言をしたことをふと思い出した。


「金沢はほどよく都会でほどよく田舎。そして、文化的な環境のある街。わたしの周囲にいる、都心から金沢に転勤してきた人たちは、帰京する際にこんなことをよく口にするのです。『わが子をこのまま金沢に置いていきたい』。……それくらい教育環境的にも魅力ある街なのでしょう」

 西念先生は中学校の新設に挑戦する理由をこんなふうに説明してくれた。

「金沢は全体的に保守的な地域であり、依然として公立高校が中心です。そんな中で、中高一貫校を開設し、6年間かけて高い学力レベルを誇る生徒たちを育てたいと考えたのです」

■民間教育機関が全面協力する学習プログラム

 金沢学院大学附属中学校は2コース体制で運営されるという。スポーツや芸術などの個性や才能を伸ばすために設置される、大学付属色の強い「総合コース」。そして、国立大学・医学部・難関私大への進学に対応した「特進コース」である。

 東京をはじめとする県外入試で受験生が集まるのは「特進コース」になるのだろう。

 前出の西念先生のことばは力強い。

「特進コース1期生の目標として、全員が旧帝大もしくは医学部に合格することを掲げています」

 そのために、主要3教科である「国語・数学・英語」については、その充実を図るためにチームティーチングによるきめ細かな授業を毎日おこなっていくという。また、「共創型対話学習」という対話によって在校生たちが深い思考力・判断力・表現力を培う学習に取り組むという。さらに、生徒たちがアカデミックな学びを堪能するために、隣接する系列大学の教員が自らの研究室で直接指導もおこなうらしい。

 そして、次の点が珍しい。

 同校の教育内容の策定には全面的に民間教育機関がかかわっている。教育アドバイザーとして著名な清水章弘さんの率いる「プラスティー教育研究所」だ。

 その清水さんはこう語る。

「金沢学院大学からこの話をちょうだいしたときは、正直新しい中学校をつくるのは難しいのかな、と感じました。既に高校があってその文化がありますしね。しかし、今回中学校を開設するに当たって、学校は力量のある教員を一斉に新規に採用したのです。これは相当な力の入れようだなと感心させられました。学校側も『良い学校をつくるためなら、どんどん意見を言ってほしい。それに応えてみせる』というスタンスでしたから、その懐の深さと器の大きさにわたしは突き動かされたのです」

 新規開校する中高一貫校には陰で民間教育機関が携わることが多い。しかしながら、それはあくまでも助言役やサポート役といったいわば「お客様」であることがほとんどだ。

 この点、同校は他校と一線を画している。プラスティー教育研究所はれっきとした「学校スタッフ」であり、教員たちと協同して教育内容やそのプログラムを構築、実践するという。もちろん、代表の清水さんはじめ、プラスティーのスタッフたちも授業を受け持ち、子どもたちひとりひとりのコーチングも担っていく。

 わたしは来春から中学校に勤務する教員たちとプラスティーのスタッフたちとのミーティングの場にたまたま居合わせたが、活気ある雰囲気の中、互いに本音をぶつけ合い、良い学校を皆でつくり上げていこうという熱気に満ちていた。

■子どもたちが成長する「寮制度」

 そして、同校の敷地内には3階建てで200の個室を備える新築の寮(中学清鐘寮)を用意する。寮内には大人数で使用する学習室を5室設けたり、系列大学の教育学部の在学生たちがチューターとして個別指導に携わったりするなどして、子どもたちの6年間の学びを支援する。

 そして、この寮では中学校で教頭を務める予定の望月尚志先生が寮監を兼ねるという。

 望月先生は熱弁を振るう。

「寮生たちが学習成果を出すためには、生徒たちにとってストレスフリーな生活を用意しなければいけません。教頭であるわたしが寮監を兼務することで、学校内と寮での様子を交互にチェックし、寮生ひとりひとりに細かに配慮することができます。なお、わたしの妻が寮母を務めます」

 驚かされたのは、望月さんご夫妻は富山県の私立中高一貫校で16年間、寮長・寮母として多くの寮生やその保護者たちと関わってきたという。そのノウハウを基にさらにオンラインなどを活用した新しい試みを導入するという。

 学期ごとの寮生保護者会、週に1度配信される寮生活のライブ動画、YouTubeを活用したイベント動画配信など……。

 また、この寮では「特進コース」と「総合コース」の生徒たちが共同生活を送ることになる。学力トップ層の生徒と、スポーツや芸術で才能を発揮する生徒が互いに良いところを学び合い、切磋琢磨できる環境の構築が狙いだという。

■子どもたちはどんな6年間を過ごすのか

 金沢学院大学附属中学校は、金沢駅からバスで35分ほどの距離にあり、豊かな緑に囲まれた環境である。広々とした敷地内には、体育館やサッカー場、ラグビー場、野球場、剣道場、柔道場のほか、トランポリン場や相撲場まである。

 来春入学する第1期生たちは、どんな6年間をここで過ごしていくのだろう。

「2022年4月、開校へ」と記された同校のパンフレットを開くと、そこには学校が思い描く6年間の歩みが樹木のイラストとともに掲載されている。

 わたしが学校内を訪れて見学していた折、学校関係者のひとりがふとつぶやいた。

「中高6年間を過ごしたこの金沢の地は、子どもたちにとって『故郷』になるのでしょうね」

 まだ開設していない学校ゆえ、わたしは在校生たちの声を直接聞くことはできない。

 第1期生となる彼ら彼女らがこの金沢の地に根を張って、新しい学び舎の中でどのようにして学びの枝葉を伸ばしていくのか。わたしは楽しみにしている。(矢野耕平)