1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回は視点を変えて、街中の電車道をゴトゴト走る貨物列車の話題を紹介しよう。

*  *  *

 筆者の学生時代には鉄道による貨物輸送が盛んで、工場地帯や港湾地区では至る所に専用線や引込線が敷設され、貨物を満載にした列車が頻繁に走りまわっていた。

 その中でも異色だったのは、街中の目抜き通りの電車道を「そこのけ、そこのけ」と闊歩した貨物列車が走る街があったことだ。

■「日光」の路面を走った貨物列車

 冒頭の写真は東武鉄道日光軌道線(以下日光軌道線)田母沢停留所で、対向する馬返行き電車の到着を待つ東武駅前行きの貨物列車。東武駅前からは国鉄日光駅構内に接続する700mの貨物線に乗り入れていた。

 田母沢停留所周辺は杉木立に囲まれた閑静な環境で、画面右端には徳川家康に重用された天海大僧正を祀った釈迦堂が写っている。

 このカラー作品は35mm判(ISO感度100)「フジカラーリバーサルフィルム」で撮影している。半世紀を超す経年で原板の退色が甚だしかったが、デジタルリマスター技術の進捗で、辛うじて色彩を復元することができた。

 日光軌道線の貨物輸送は、沿線に所在する古河精銅所の輸送手段として1910年の開業当初から電動貨車の運転が始められていた。第二次大戦中の1944年、国策として増産体制に入った古河精銅所への輸送力を増強するため、国鉄貨車が日光駅から直接精銅所まで乗り入れられるように、日光軌道線の施設改良が行われた。その結果、軌道線では珍しい電気機関車が導入され、東武駅前から古河精銅所のある清滝まで機関車牽引の貨物列車が走り始めた。路面を走る貨物列車は路面電車と同じ「軌道法」で運行管理されたので、列車を牽引する電気機関車の前頭には排障器の設置が義務付けられ、運転速度も時速30キロ未満の制限を受けていた。

 写真のED610型は東洋工機製のデッキ式箱型電気機関車で、大正期の製造で老朽化したED600型の代機として1955年に登場した。最急勾配60パーミルの日光軌道線用として発電ブレーキを装備し、正面デッキ下部には排障器が設置されていた。電車線電圧600V、全長11m、自重35トン、出力320kWのスペックで、1968年の日光軌道線廃止後は宮城県の栗原電鉄(1995年くりはら田園鉄道に改名、2007年に廃止)に譲渡され、1987年の同鉄道貨物営業廃止まで活躍した。

■目抜き通りを闊歩する貨物列車

 次の写真は神橋通り(国道119号線)を東武駅前に走り去る日光軌道線の貨物列車。画面の左右には観光旅館や土産物、飲食店が林立し、観光地日光を代表する繁華街が展開する。この先の市役所前停留所までは最急52.6パーミルの下り勾配が続き、列車は肩をすぼめるようにゴロゴロと坂道を下って行った。この日は精銅所の副産物といえる硫酸を積載した古河電気工業の私有タンク貨車タム1700型が連結されていた。

 ちなみに、日光軌道線で運転される電気機関車の牽引定数は60トンに設定され、貨物列車は10トン積載貨車3〜4両で組成されていた。

 次のカットは狭隘な国道120号線の下河原(したがわら)停留所に到着した清滝行きの貨物列車。停車している軌道敷と背後の歩道との幅員が狭いので、マイクロバスなどが対向車線を使って貨物列車を迂回走行している一コマだ。列車の背景には1893年に開業したクラシックホテル「日光金谷ホテル」別館の威容が写る。木造一部鉄筋コンクリート造の別館は1935年の竣工で、2005年に有形文化財に登録されたレジェンドだ。

 全線単線運転の日光軌道線は通信指令式と呼ばれる運転保安方式を採用していた。当該の運転指令者が隣接の運転取扱所と電話連絡で電車を運行させるもので、運転士はその指示に従って次の運転取扱停留所まで電車を前進させることができる。写真には前進停留所名札を収めたタブレットキャリアを機関車乗務員に渡す貴重なシーンが記録されていた。

■重要文化財指定の貴重な電気機関車

 最後の写真が日光軌道線に初めて導入されたED600型電気機関車だ。その前身は1921年に鉄道省大宮工場で製造された国産初の本格的電気機関車、ED40型である。往時は国鉄信越本線碓氷峠のシェルパとして働いたED406とED4010の二両が、先述の施設を改良した日光軌道線に貸し出され、戦後正式に譲渡された。東武鉄道ED4000型として貨物輸送に稼働し、ED610が増備された1955年にED600型に形式を改めた。旧ED406のED601は翌年廃車され、ED602(旧ED4010)がED610型の予備機として残っていた。

 日光軌道廃止後は国鉄に戻り、ED4010に復元。「準鉄道記念物」として国鉄大宮工場で保存展示された。2007年からは大宮に開館した「鉄道博物館」車両ステーションに収蔵され、2018年に国の「重要文化財」の指定を受けた貴重な電気機関車だ。

■撮影:1967年7月26日

◯諸河 久(もろかわ・ひさし)
1947年生まれ。東京都出身。写真家。日本大学経済学部、東京写真専門学院(現・東京ビジュアルアーツ)卒業。鉄道雑誌のスタッフを経てフリーカメラマンに。著書に「都電の消えた街」(大正出版)、「モノクロームの軽便鉄道」(イカロス出版)など。2021年4月に「モノクロームの国鉄情景」をイカロス出版から上梓した。

※AERAオンライン限定記事