医学部はすべての学部で最も難しいと言われる。少ない定員に対し、成績上位層が数多く受験するのが特徴だが、地方枠入試という方法もある。好評発売中の週刊朝日ムック「医学部に入る2022」では、受験を検討するにあたって知っておきたいこと、受験生がよく疑問に思うことについて、医学部専門予備校YMS・七沢英文さんに聞いた。

* * *

◆Q 「地域枠入試」はどのくらい難しい?

 地域枠入試は地方の医師不足の解消を主な目的とした入試だ。都道府県から奨学金の貸与を受ける代わりに、卒業後、その地域で一定期間働くことが義務付けられている。文部科学省によれば2020年医学部定員のうち、地域枠等の定員は1679人。割合は全体の18.2%にあたり、推薦入試として募集しているものもある。人口減の中で今後、医師数は減らされていくが、地域偏在は解消されていないため、地域枠の増員や新たな設置は継続される見込みだ。この地域枠入試は、「一般入試よりも倍率が低い」「合格しやすい」などと言われる一方、偏差値などの具体的な指標が明らかになっておらず、難易度の把握が難しい。

「理由は各地域の募集定員数が少ないこと。たとえば10人の定員に対して受験者が10人という年もあると聞いています。このような場合、合格者のトップと下位の差が大きくなりがちで、難易度を測ることが難しい。実際、難しさはその年によって違うと考えたほうがいいのです」(七沢さん)

 一方で地域枠の人気は一時期より落ちているともいわれる。厚生労働省は18年度分の地域枠入試を調査。その結果、22大学が設けた募集枠で定員の2割を超える欠員が出ていたことを明らかにしている。

「学費を負担してもらえるというメリットから受験を考える人がほとんどだと思いますが、地域枠は途中で辞めたら貸与金の全額返金の義務が生じます。また、学費自体も税金から支払われているので、道義的にも中途半端な気持ちで受験することはおすすめできません」(同)

◆Q 医学部は浪人が多いと聞くが、実際、どのくらいが浪人するもの?

 すべての学部の中で最も難しい医学部では、浪人は珍しくない。国公立は非公表のところが多いものの、東京大などの旧帝大を除いては、学部生の半数以上が浪人生という大学は多い。

「私立大は慶應義塾大を除いては浪人の割合が高く、平均2〜3浪で入ってくる。4浪、5浪などが珍しくない大学もあります」(同)

 2018年には女子差別の問題とともに、浪人差別の問題があからさまになり、現在は多浪生(一般には4浪からをさす)がより入りやすくなったと言う。

「当校でも6浪、7浪で合格した人が複数います。実は受験生の面接時の服装として、制服着用が禁止になった大学もあるのです。これは、面接官の先入観を払拭し、現役生と浪人生の差別をなくすための方法だと考えられます」(同)

 ただし、書類を見れば新卒か既卒かはわかってしまうし、そこはきちんとみられる。

「一般的に面接官からの印象がいいのは3浪まで。それ以上になると面接でほぼ確実に『なぜここまで時間がかかっているのか?』を聞かれます。大学も同じ学力であれば、より若い学生がほしいというのが本音。多浪の場合、それが自分にとって、あるいは医師になる上でいい方向に働いていく可能性をアピールしてください」(同)

◆Q 現役受験は最後までE 判定。浪人でどのくらい受かる望みがある?

 七沢さんは、「E判定からの挽回は十分可能」とこんな例を挙げる。

「高3の冬までサッカーをしていて、センター試験直前まで全国大会に出ていた男子がいました。その年の受験は受けることすら無理で、春からうちの予備校に入ってきました。その段階ではもちろん最下位です。しかし、そこから頑張った。中学の勉強からやり直して3年(3浪)で東京医科大に合格しました。やり方によりますが、現役時代がダメだったから、一生ダメかというと、そんなことはないのです」

 また、模擬試験の判定についてはあくまでも目安であり、参考程度にしたほうがいいという。

「実際の合否とあわせると外れることも多く、あまりあてにならないと考えています。これまでお話ししてきたように、医学部は国公立と私立、あるいは各大学で問題の形式、傾向がかなり違う。ここに面接などの要素も入ってくる。模試でA判定だった生徒が不合格だったり、E判定だった生徒が合格したりするケースが出てくるのはこのためです」(同)

 模試の結果に一喜一憂せず、目の前の課題にひたすら取り組むことが大事だということだ。

◆Q 国公立大のみをめざしているが、「慣らし」として私立大も受けるべき?

「私立大は学費が高すぎるので、国公立大の受験だけを考えている」という受験生は一定数いるだろう。国公立大は前期日程1校、後期日程1校しか受けられない。日程の異なる防衛医科大学校などは別として、私立大を受けなければ、ぶっつけ本番で個別学力試験に挑むことになる。こうした点から、問題傾向は異なるものの、私立大もいくつか受けたほうがいいと考えるのは当然だろう。

「私立大の医学部は共通テスト終了日の2日後くらいから始まり、2週間以内にはほとんどが終わります。国公立大前期日程の前に余裕をもって終わりますので、スケジュール的にも問題はありません」(同)

 ただし、最近は首都圏難関私立大と国公立大の併願者が増えており、「慣らし」で受ける受験生はそれほど多くないことも事実。難関私立大は学費も比較的安く抑えられ、成績優秀者には奨学金を設けていることが多いので、よく調べた上で、「本気の受験」を検討してみてもいいかもしれない。

七沢英文さん/医学部専門予備校YMS執行役員、校舎責任者。医学部受験指導歴は35年。YMSが発行する「Latticeーいい医者になろう!」編集長。

(文/狩生聖子)

※週刊朝日ムック「医学部に入る2022」より