「詰め込み」「偏差値」というイメージが強い中学受験。「受験のための勉強は子どもの将来に役に立つの?」「難易度より、子どもを伸ばしてくれる学校を選びたい」といった悩みを抱えている親御さんも増えています。

 思い切って「偏差値」というものさしから一度離れて、中学受験を考えてみては――。こう提案するのは、探究学習の第一人者である矢萩邦彦さんと、「きょうこ先生」としておなじみのプロ家庭教師・安浪京子さんです。今回は、「偏差値」に関する相談にお二人が答えます。

【相談2】

「将来、中学受験を考えている小2の母です。夫婦とも地方出身で私立中学についてほとんど知らないので今いろいろ調べている最中ですが、資料によって学校の偏差値が違っているのに驚いています。偏差値はどう見れば良いのでしょうか」(神奈川県在住・小2女子の母)

安浪:まず知っておいてほしいのは、そもそも偏差値って大手塾が作っているものがほとんど、ということですね。だから同じ学校でも塾によって偏差値が変わってきます。

矢萩:そうです。偏差値って結局は母集団の中で自分がどれぐらいの位置にいるかを表した数値でしかない。偏差値50なら、その集団の中でだいたい真ん中にいる、ということです。

安浪:だから、どの模試を受けるかでも、偏差値は全然違ってきますよね。

■慶應中等部は問題の難易度はそれほど高くない

矢萩:例えば同じ子が首都圏模試とサピックスの模試を受けたら10〜15は平気で違ってくる。サピックスは難関校を目指す子が多く集まっているので、他の塾の模試に比べていい偏差値が出にくいんです。

安浪:質問者さんのように地方ご出身で、高校受験しか経験のない方が勘違いしがちなことは、中学受験の偏差値を高校受験の偏差値のように見てしまうこと。中学受験って小学生のトップ層が競争している世界で、とてもハイレベルなんですよね。高校入試や大学入試と同じ問題が出題されることも珍しくありません。だから中学受験での偏差値50が高校受験での60に該当したりします。

矢萩:それはありますね。あと勘違いとしては、偏差値が高い学校ほど難しい問題を出す、と思われていることかな。

安浪:まさに! 偏差値と問題の難しさ、って必ずしも連動していないですね。例えば、慶應中等部は同じ偏差値帯の学校と比べると問題の難易度はそれほど高くない。でも、大学附属、慶應ブランド、そして特に女子は募集人数がとても少なく倍率が高いことから、偏差値が跳ね上がります。よって、女子はすさまじい高得点勝負になります。

矢萩:そうそう。全員が同じ問題を解くのが模試。でも受験って学校によって問題の質や問い方が違うんですよ。だから模試でその学校の偏差値を超えていたとしても、実際に受かるかどうかは全然わからない。

安浪:だから入試問題との相性が大切という話になりますよね。ただ、算数の場合、大手塾偏差値45の子を50か55ぐらいにはもっていけるけれど、55の子を60にもっていくのはすごく難しくなります。というのも、算数は基本問題ができれば偏差値55くらいまでは取れますが、それ以上は思考問題ができるかどうかになってくる。問題の性質がガラッと変わるんですね。慶應中等部は例外ですが、算数の入試問題に関しては、偏差値が上がるほど思考題が増えてくる傾向にあります。

矢萩:それはあるかもしれないですね。国語はそこまではっきりはないかな。

安浪:国語はそうですね。あとこれは裏話になっちゃいますが、塾と学校との関係によって、塾が偏差値をコントロールすることもあります。

■「うちの子、偏差値がいくつなんです」では判断できない

矢萩:とにかく偏差値というのは絶対的な基準ではない。今、私大についていえば、大学入試は学校推薦型選抜(旧推薦入試)と総合型選抜(旧A0入試)で入ってくる学生が半分を超えている、という話もあるじゃないですか。まさに総合型選抜って偏差値は関係ないんですよ。本来、小論文に偏差値なんてつけられないですから。予備校によってはつけているところもありますけどね。そもそもそういうふうに時代がシフトしていくなかで、偏差値というものをちゃんと捉え直す必要がある。

安浪:でも親は偏差値が2、3上がった、下がったで大騒ぎしちゃうんですよね。

矢萩:受験のコンサルをやっていると、「うちの子、偏差値がいくつなんですよ」って親御さんに切り出されることがすごく多いんですが、そもそもそれはなんの偏差値なの?って。先ほどお話ししたように、どの塾の、何の模試なのかによって判断は全然違ってきますし。

安浪:あとは、4科目のうち、1科目でもいいとそれがその子の偏差値だと思っている親御さんもいるけれど、そもそも偏差値って変動するし、子どもの能力は一発で測れるものではないですから。一番いい偏差値がうちの子の能力って思っていたり……低学年の親御さんに多いかな。

矢萩:先日、うちの教室に相談にいらした親御さんはその真逆でした。「うちの子偏差値30しかないんです」って言うので、用紙をしっかり見たら、算数が38で国語は60を超えていました。「そっちも認めてあげましょうよ」って。一回とった目立った数字にネガティブに翻弄されている。それは非常にもったいないし、可哀想。

■成績表から偏差値を切り取ってしまってもいい

安浪:矢萩さんは偏差値をどう利用すべきだと思いますか?

矢萩:モチベーション管理でしょうね。偏差値を見ることで「次はこれを目指そう」というモチベーションになるなら使うべきだと思う。逆にモチベーションが下がってしまうような子なら、「解きたかったのに解けなかった」と本人が言っている問題だけを解き直しさせて、成績表の偏差値が書いてある部分を切り取ってしまうこともありますよ。目標は行きたい学校、相性のいい学校に進学することですからね。

安浪:なるほど。私は模試とか偏差値って入試本番で点数をもぎ取るための練習ツールだと思っていて。算数の偏差値が48でも、この2問合っていたら53になったよね?と説明すると子どもはパッと顔が明るくなる時があるんです。本番ではミスをなくして点数を積み上げねばならないので、それを鍛えていくために使うべきかと。

矢萩:わかるな。偏差値のうまい使い方ですよね。

安浪:偏差値は決められたことがどこまでできるか、の指標にはなります。でもそれだけで子どもの学力を判断することはできないです。それって、車を買うときに「最大速度がどれぐらい出るか」しか見ていないようなもの。普通それだけで車を買いませんよね?(笑)。偏差値も同様で、はかれるものに限界があります。

矢萩:高い偏差値を取れる子はその子の才能。もちろんきちんと認めてあげるべきものだと思う。だけど、取れないことを否定するのはダメ。偏差値という指標にマッチしない子もいるし、その時の運もあるし。いろんな情報の一つとして活用するのがいちばんです。

(構成/教育エディター・江口祐子)