コロナの第5波では、入院ができずに自宅療養となる患者があふれ、医療は逼迫した。こうした中、感染した人工透析患者がすぐに入院できないケースが多発した。透析患者はコロナにかかると重症化しやすい。一方で、透析をしながらの入院となるため、専用の病床は非常に少ない。現場の医師にとって、緊迫した事態が続いた。

*  *  *

 東京都在住の男性(70代)は慢性腎臓病(CKD)が進行し、5年ほど前から都内の透析クリニックで人工透析(血液透析)を受けている。通院で月・水・金の週3回、1回4時間余りの治療になる。

 8月のある月曜日。東京オリンピックの最中で、朝から気温が高かった。

 少し熱っぽさを感じたが、暑さのせいだと思っていた。ところが受付で検温をすると37.8度ある。

 コロナを疑われ、施設への入室をストップされた。人工透析の施設は一つの部屋で複数の患者が同時に治療をおこなう。コロナの患者が入室すると、感染のリスクが高く、クラスターとなる可能性があるからだ。

 男性は発熱患者用の別室でPCR検査を受けた。判定は翌日で、コロナ陽性と判定された。

 腎機能が失われている患者にとって透析は命綱だ。透析ができない期間が3日以上あくと老廃物や毒素がからだにたまり、生命の危機に陥る。一方、慢性腎臓病である透析患者はコロナに感染すると重症化しやすく、死亡率が高いことが知られている。

 急激に患者数が増えた年初の第3波では、透析患者の死亡率が20〜30%におよんだ。第4波では北海道内で透析患者100人以上が罹患し、そのうち約半数が命を落とした。ワクチンが普及した第5波は大幅に低下したが、それでもこれまでの感染者数から算出すると16%と高率だ。

 つまり、この男性には人工透析とコロナ疑いの対応の両方をおこなう必要があった。そこで関連施設である東京女子医科大学病院に入院を依頼した。

 しかし、この日、同院のベッドは満床だったという。

 患者を担当した同大血液浄化療法科教授の土谷健医師は当時を振り返って言う。

「透析患者さんはコロナにかかると重症化しやすいため、感染したら無症状や軽症でも入院することが決められています。しかし、隔離された個室でかつ、透析のできるベッドの数は限られており、当院でも受け入れられるのは6人くらいまで。この時期は他の病院もいっぱいでしたから、本当に慌てました」

 幸い男性の透析の状態は安定していた。高くなると重篤な不整脈を引き起こす血液中のカリウムの量も問題はなく、過剰な水分による体重増加も軽度だった(透析患者は尿を出せないため、からだに水分がたまり、体重の増加が起こる)。1日なら透析をせずともなんとかもちこたえられる状況だ。

 患者自身も所用をすませたいと言うので、施設では家族に連絡を取り、感染対策をとってもらった上で、自宅にいったん、帰ってもらった。

「結局、その日はベッドが空かず、患者さんは翌日からの入院となりました。すぐに透析を開始しました。患者さんは土・日と合わせ3日間透析をしていないので、これがギリギリ。ベッドが空かなければ他の方法を考えなければならないところでした」(土谷医師)

 透析患者の入院については日本透析医会、日本透析医学会、日本腎臓学会の3学会が連携し、調整にあたっている。それでも第5波のピーク時は入院ができず、自宅待機となったケースが出たという。

 入院できなかった透析患者が、透析を受けるために、他の患者がいなくなった夜間、保健師に送迎されて、施設で透析を受けたケースが報告されている。

「透析患者さんがコロナに感染した場合、隔離された病室に出張用透析システムという、個人用の透析装置を持ち込むのが一般的です。この機械の操作、管理のために透析中は技師が一人、完全感染防御の状態で、部屋でつきっきりになります。長時間、患者のそばにいて感染リスクが高いため、当院では、患者さんがコロナから回復するまでの間、自宅に帰らず、ホテル住まいをしてもらっています。なかなか大変なことです。このように、専門のスタッフも必要ですので、第6波があることも念頭に、さらに体制を整える必要があると考えています」(同)

 土谷医師によれば、「ほとんどの透析患者さんは感染したときの怖さを知っているので、繁華街には行きません。皆さん、すごく頑張っていて、感染者の数自体は少ないのです」と言う。

 感染ルートはほとんどが家庭内か透析施設での感染だ。

「透析施設でのクラスターは第3波で多かった。このため、現在は『透析日は自宅で体温を計測し、高い場合はすぐに施設に連絡する』など、より徹底して感染対策がおこなわれ、送迎バスも、透析が終わった時点で体温が高めだった人は、バスに最後に乗ってもらい、他の患者との接触時間を減らすようにするなど、さまざまな工夫をしています」(同)

 なお、同じ透析でも自宅でおこなう腹膜透析ではコロナの罹患率は通院の透析患者よりも、低いとされている(ただし、発症した場合の死亡率に差はみられない)。

「在宅医療であるため施設に通わなくてすみ、感染機会が減らせることが大きな理由と考えられています。このような利点から、国によっては“透析を始めなければならない患者は腹膜透析を始めるべし”といった勧告が出ています」(同)

 家庭内では、まず、最初に免疫力が低下している透析患者が発熱する。しばらくして家族が濃厚接触者だったことなどから、感染が判明するケースが多いという。

「最も重症化しやすいのは高齢で、他の病気も併せ持っている患者さんです。驚くほど、急速に悪化の経過をたどります。私自身、長く診てきた患者さんをこれまでに3人亡くし、非常に残念な思いでいます。ご家族に患者さんがいる場合は、特に若い方は感染させないように気をつけてあげてほしいです」(同)

 人工透析については、週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2021』で、全国の病院に対して独自に調査をおこない、実績ある病院を掲載している。特設サイト「手術数でわかるいい病院」で無料公開しているので参考にしてほしい。

(文/狩生聖子)