旅行先で仕事もする「ワーケーション」が、新しい働き方として注目を集めている。働く場所を変えるという単なる気分転換でなく、人生を変えるきっかけ、をつかめるかもしれない。AERA 2021年10月4日号の記事を紹介。

*  *  *

 神奈川県に住む山本雅也さんは今夏、幼い子どもと一緒に「家族ごとワーケーション」を実現した。山本さんは「ふるさと食体験」の事業を行う会社キッチハイクの代表。地域のおいしい食材と、その土地の人や食をテーマにした動画をセットで販売するオンラインサービスを運営している。

 仕事を通じて全国各地の「地方」とつながりをつくってきたなかで、山本さんが注目したのが北海道厚沢部町(あっさぶちょう)だった。メークイン発祥の地としても知られる、函館から車で1時間ほど西に行った小さな町だ。

 山本さんには2歳の娘がいる。いわゆる待機児童で、横浜市の認可外の保育園に通っている。商業ビルの中にあり、園庭もない。「もっと自然あふれるところで遊ばせられたらなぁ」という思いを募らせていた。

 たまたま仕事で厚沢部町について調べていたところ、一つの写真が目に飛び込んできた。広大な原っぱのような園庭を持った、町認定こども園「はぜる」だった。

 ここに子どもを通わせたい!

 そう思った山本さんが考え付いたのが、子どもは保育園留学、親はワーケーション、というスタイルだ。

 保育園やこども園には「一時預かり」という制度がある。方法や月次の上限は自治体によって異なるが、施設の定員に空きがある場合、一時的に受け入れてくれる。

「ワーケーションって、どうしても子どもがないがしろにされている感じがしていて、違和感があったんです。でも、『保育園留学』なら、子どもを主役にしながら、親がワーケーションできます」(山本さん)

■家族ごと地域に入って、思い入れは一生続く

 妻の勤め先はフルリモート。二人ともWi‐Fiさえあれば仕事は回る。そして今年7月、山本さん一家は3週間のワーケーション+保育園留学を実現させた。

 住まいは3LDKの新築一戸建て。厚沢部町が「お試し移住」での利用を目的に建てた「ちょっと暮らし住宅」を利用した。すぐ隣には移住交流センターがあり、ワークスペースとして開放されている。どちらもWi‐Fiが整備され、仕事には何の支障もない。

「何よりも、いま子どもをのびのびと遊ばせられているという親としての充実感、安心感があります。いつも以上にバリバリ仕事に向かうことができた気がします」(同)

 夫婦はいつもの生活と同じように、子どもを午前9時前に園に送り、午後5時に迎えに行った。週末には家族でジャガイモ掘りなどの収穫体験にも参加。取れたての農産物を満喫した。帰ってからも、厚沢部町の特産米「ふっくりんこ」を買って食べるなど、そのつながりは続いているという。

 主な費用は、お試し住宅の利用料が3週間で9万円、保育料は1日3千円。それに函館までの交通費。その間は自宅の家賃も払っているため、決して安いとは言えない。それでも間違いなく費用以上の価値があったと、山本さんは満足げだ。

「家族ごと地方の日常に入っていくからこそ、気づきや発見があるし、思い入れのある地域になるんだと思うんです」(同)

 山本さんはいま、同じような子育て世代のために、町役場と一緒に保育園留学+ワーケーションを事業にしようと動き始めている。地域の側からも、この事業への期待は大きい。

「うまく進めば、いろんな課題解決に寄与できると思います」

 と話すのは、厚沢部町政策推進係の木口孝志係長。なかでも一番期待するのが長期的な“関係人口”の創出だ。

 30代の山本さん夫婦にとって、今後の人生において厚沢部が思い出深い場所になった。それは2歳の娘にとっても同じことだ。つまり、その先の人生がとてつもなく長い。木口さんによると、これまでお試し住宅の利用者のメインは60〜70代だったという。そこには数十年単位の差が生じてしまう。

「直接移住に結びつかなくても、自宅に帰った後に厚沢部のメークインを食べようか、と思ってもらえることが大切。その積み重ねが移住につながるかもしれない。とにかく何もしなかったら、人が減っていくだけですから」(木口さん)

 厚沢部町では過疎が進み、20年前と比べて、すでに70%まで人口が減った。子育て世帯も流出している。

 認定こども園「はぜる」の開園は2019年。子育て世代が移住・定住したくなるような環境を整えるねらいがあった。定員120人だが、現在は90人を切っている。

 都市部では待機児童が問題になっているが、全国的にみれば、保育園の定員に対しての空きは16万人分もある。町が誇る自慢の園だからこそ、もっと多くの子どもを受け入れたいとの思いもある。それが保育士の雇用を守ることにもつながる。

「先生たちもすごく娘のことを気にかけてくれて、ありがたかったです」

 と山本さんは保育の充実ぶりを振り返る。

「来てくれる子どもたちがどうしたら満足してくれるか、園の先生たちは職員会議を開いて受け入れに備えています」(木口さん)

(編集部・高橋有紀)

※AERA 2021年10月4日号より抜粋