国内での新型コロナワクチンの接種が進み、12歳以上の小、中、高校生への接種も本格的に始まっている。保護者の中には主に副反応への心配から接種に慎重な声もあり、AERA dot.とYahoo!ニュースが9月に実施した保護者2000人を対象にしたアンケートでは、未接種者の27.9%が「打たせるかどうか決めかねている」と回答した。そんななかで参考になるのが、福島県相馬市のケースだ。同市は12歳から19歳までの7割以上が接種を完了しており、8月には市内の高校生、今月6日には中学生のワクチン接種による副反応の調査データを発表した。実際にどのような副反応が起こったのか。相馬市新型コロナウイルスワクチン接種メディカルセンター長で東京財団政策研究所・研究主幹の渋谷健司医師に取材した。

*  *  *
 相馬市では、9月27日時点で市内の12〜19歳でワクチン接種を完了した人が72.6%に上り、10代の学生への接種も進んでいる。10月からは既に希望調査を行っている12歳の小学6年生への接種もスタートする予定だ。同市では、行政と医師会が協力し、個別に接種日を決めて予約をするのではなく、自治体があらかじめ日程を指定する方式を取り、迅速に接種が進んだ。同市の取り組みは「相馬モデル」として全国的に注目されている。

 同市ではワクチン接種済みの住民に対し、主に副反応についてのアンケートを実施。現在、中学生と高校生を対象としたアンケートの結果をそれぞれ公表している。なお、接種したワクチンは全員ファイザー社製だという。

■高校生・中学生の副反応は?

 中学生へのアンケートの回答者数は、1回目接種で266人、2回目接種で260人。高校生(15〜18歳)へのアンケートには、1回目の接種では161人、2回目は159人が回答した。1回目、2回目それぞれで副反応の症状、いつからいつまで続いたか、病院を受診したかなどを聞いている。

 まず、高校生の結果をみてみよう。1回目、2回目ともに最も多かった副反応は「接種部位の痛み(腫れ、かゆみ含む)」で、1回目接種後では73.3%、2回目では71.7%の生徒に症状があったという。それ以外の副反応については、1回目より2回目接種後に症状があった人が多く、「倦怠感(だるさ、疲れなど)」は2回目で59.7%、「頭痛」は同じく56.6%の生徒に症状があった。また、「特になにもなかった」という生徒は1回目で13.7%、2回目で6.9%だった。

 中学生の結果でも、1回目、2回目ともに最も多い副反応は「接種部位の痛み(腫れ、かゆみ含む)」で、1回目接種後は82.3%、2回目接種後は73.8%。次いで多かったのは「倦怠感(だるさ、疲れなど)」で、2回目で56.2%、「発熱(37.5度以上)」は2回目で55.4%となった。

 この結果について、渋谷医師は「中学生でも、高校生や大人にはない特別な副反応が出たり、特に強い副反応が出たりということはない」と言う。

「副反応は、よくある接種部位の痛みや倦怠感、発熱がほとんどでした。大きな副反応というのはまずなく、翌日もしくは長くても数日程度で治まる程度です。確かに、高齢者より若者のほうが免疫反応がしっかりある分、副反応は出やすく、1回目より2回目のほうが副反応が強いという傾向はあります。しかし、子どもだからといって特別に心配する必要はないと思います」(渋谷医師)

 接種を受けた中には、アレルギーのある生徒もいたというが、そうした生徒に関しても「注意深く経過観察をし、全く問題なく接種できた」(同)という。

■学校生活への影響は?

 ただ、数日で治まるものの発熱で学校を休むなど学校生活への影響は出る。生徒への接種で配慮すべき点については、渋谷医師はこう説明する。

「高校生の場合、37.5度以上の発熱があった生徒が2回目の接種後には56.0%。そのうち6割以上の生徒が『高熱により生活(登校)に支障があり、自宅で安静(学校休み)』ということなので、学校を休む可能性は考えておいたほうがいいですね。相馬市の場合は、なるべく学校を休まなくてすむよう、高校生は土曜日に、中学生は夏休み中に接種を行うといった配慮をしていました」

 早くから接種が進む相馬市では、子どもの接種に不安を抱く保護者にどのように対応したのか。相馬市保健福祉部の原史朗部長はこう話す。

「何より、判断材料を示すことが重要だと考えています。相馬市では一番最初に接種が始まった医療関係者、市の職員にも、接種後の副反応についてアンケートを取っていました。保護者が一番心配されるのは副反応についてなので、その結果をホームページに公開し、さらに中学生の保護者には直接送付して不安を解消できるように努めました」

 また、相馬市は中高生への接種に先駆け、19歳以上への接種も進んでいた。

 「予約の手間を省くためこちらから日時を指定したことや、無料の送迎バスを運行することで接種へのハードルを下げました。また大人に関しては、地区ごとに集団接種の日を指定していたため、近所の人と一緒に受けるという安心感もあったのではと思います」(原部長)

■中高生の接種が進んだ理由

 こうして、保護者世代への接種があらかじめ進んでいたことが子どもの接種につながっていると、渋谷医師も指摘する。

 「納得感でいうと我々専門家の意見より、保護者や周りの人の存在のほうが大きい。接種後の調査を見ても中学生、高校生ともに『同居している20歳以上(中学生の場合は高校生以上)の家族全員が接種している』と答えた生徒が9割を超えています。保護者が打って、『副反応が出ても大丈夫だった』という安心感があったこと、加えてデータでも副反応が数日以内で治まることを示したことが、子どもの接種にもつながっているんだと思います」

 渋谷医師は「世界的に見ても、子どもへの接種はますます進んでいく」とみる。

「ワクチン接種が進めば、感染はワクチンを打っていない人の間で広まります。そのため、大人への接種が進むにつれ、ワクチンを接種していない子どもの間で感染が広がるようになりました。12歳以上への接種が進めば、次はもっと幼い年齢の子どもに感染が広まるでしょう。既にファイザーなどで11歳以下への治験が進められていますし、今後もさらに接種が加速すると思います」

 さらに「保護者の方が副反応を心配する気持ちはもちろん分かる」としたうえで、こう話す。

 「子どもへの副反応が大人と比べて特に強いということはありません。現在、従来株からデルタ株に置き換わり、子どもも必ずしも重症化しないとは言えなくなってきました。さらに、たとえ軽症であったとしても、ロング・コビッドと呼ばれる長期的な合併症などを発症するという報告がありますし、これに関してはよく分かっていない部分も多い。ワクチン接種をすれば、感染しても軽症で済みますし、ロング・コビッドの発症も減るというデータが出ていますので、子どもでもなるべく打ったほうがよいと思います。特に基礎疾患のある子どもはぜひ打ってほしい」

■「心筋炎」のリスクは?

 一方、北欧では、心筋炎や心膜炎などのまれな副反応の症例増加を理由に、若年層へのモデルナ製ワクチン接種を取りやめる動きもある。相馬市では「心筋炎を疑う症例はなかった」(同)というが、心筋炎のリスクについて、渋谷医師はこう指摘する。

 「これまでも心筋炎に関する報告はあり、ファイザー製のワクチンでも、イスラエルからワクチン関連の心筋炎の報告が出ています。その報告によると、若年(16〜19歳)男性の2回目接種後の頻度が高いが、それでも非常にまれであり、多くは軽症であったとのことです。ワクチンによる心筋炎は非常にまれで多くは軽症であり、新型コロナに実際に感染したことによる心筋炎発症リスクに比べると低いことから、そのリスクを踏まえても接種したほうがよいと考えています」

(AERA dot.編集部・大谷奈央)